おでかけ

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】

ここまで綴ってきた宮古島旅行記ですが、そもそもなぜ宮古島へ行こうと思ったかというと、それは伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景に魅せられて、でした。一度でいいからこの目で見てみたい、ドライブしてみたい、そんな思いで決めた宮古島旅行。

今回は、伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景と、実際筆者がスマホカメラでどの程度の絶景を撮影することができたかを、ご紹介します!

無料で渡れる日本で一番長い橋「伊良部大橋」
この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像1

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像2

まずは何と言っても無料で渡れる日本で一番長い橋、伊良部大橋(いらぶおおはし)。宮古島と伊良部島を結ぶ全長3,540mの橋で、2015年1月に開通しました。まだ開通してから3年目なんです。

トリップアドバイザー「旅行者の口コミで選ぶ、日本の橋ランキング2016」で第1位に輝いたことも。

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像3
(C)Aya Yamaguchi

さてやってきました、筆者も伊良部大橋へ。胸を高鳴らせて。宮古空港から車で約15分ほどでした。

しかし、お初にお目にかかった伊良部大橋は、曇りの夕方16:00過ぎだったせいか、いまいち予習画像で見たようなあの輝きをはなっていません。

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像4
(C)Aya Yamaguchi

橋の左側から小さな浜に降りてみましたが、やはりちょっとくすんだ感じの海。それでもこの曇りでこれだけ海がうっすらグリーンがかっているということは、晴れたら絶対すごいはず!そんな想いを胸に、明日またチャレンジすることにしたのでした。

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像5
(C)Aya Yamaguchi

そして、こちらが次の日、やはりちょっと曇り気味の正午あたり。橋の途中でぐぐっと坂道があるそのコースどりにはワクワクしますが、海とのコントラストはもう一歩、という感じです。また明日再チャレンジすることに。

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像6
(C)Aya Yamaguchi

そしてこれはまた別の日の15:00頃。雲は多いけれど晴れた日。これは、かなりいい感じではないですか!?スマホで車窓からこれくらいの絶景が撮れるとは、さすが宮古島!と思いました。大満足です。

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像7
(C)Aya Yamaguchi

ちなみに、伊良部大橋の中腹には1〜2台ほど車が停められそうなスペースがある場所があります。上の写真のように、観光客が車を停めて記念撮影している様子をよく見かけました。しかし、一応橋の注意書きには「駐車禁止」としっかり書いてあります。あくまで緊急用なんですね。みなさまもマナーにご注意ください。

どうしても橋の途中で立ち止まって撮影したい人は、徒歩で渡ってみるのもいい旅の思い出になりそう!?

伊良部大橋
住所 沖縄県宮古島市平良久貝

宮古島のおしゃれスポットへつながる「来間大橋」
この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像8
竜宮城展望台から眺める来間大橋

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像9
東洋一の美しさと言われる与那覇前浜ビーチから眺める来間大橋

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像10

来間大橋(くりまおおはし)は、宮古島と来間島を結ぶ、全長1,690mの橋。宮古空港から車で約15分ほど。開通したのは1995年なので、もう20年以上も活躍しているんですね。

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像11
(C)Aya Yamaguchi

筆者が来間大橋を通ったのは、雲は多いけれど晴れた日の14:00頃。こんな感じで、スマホ撮影でもしっかりわかるくらい美しい海を堪能しながらドライブできました。ただ、伊良部大橋の長さに慣れてしまうと、来間大橋はあっという間に渡りきってしまいます。

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像12
(C)Aya Yamaguchi

こちらは来間島の竜宮城展望台からスマホで写した来間大橋。来間島観光の際は、インスタ映え必須のおしゃれスポット『来間島「あおぞらパーラー」の心と体が生き返るスムージー【宮古島旅行記8】』で紹介したスムージーをお供にするのがおすすめですよ。

来間大橋
住所 沖縄県宮古島市

竜宮城展望台
住所 沖縄県宮古島市下地 下地来間

与那覇前浜
住所 沖縄県宮古島市下地与那覇1199番

池間ブルーと呼ばれる青を求めて「池間大橋」
この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像13

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像14

池間大橋は、宮古島と池間島を結ぶ長さ1,425mの橋。開通は1992年、宮古島の三大大橋の中では一番古いんですね。場所は宮古空港から車で約35分、他の2つの橋と比べると、ちょっと離れたところにあります。

この橋から眺める海の美しさについては、上の予習画像はもちろん、「池間ブルー」「言葉が見つからない」「別格」など、数々の期待を煽るような言葉を目にしました。おのずと期待が高まります。

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像15
(C)Aya Yamaguchi

この橋を渡りたくて宮古島へ飛んだ!伊良部大橋・来間大橋・池間大橋の絶景 【宮古島旅行記11】 画像16
(C)Aya Yamaguchi

さて、筆者が訪れたのは、雲が多いもののよく晴れた正午頃。スマホ撮影でも、十分「いいね!」がもらえそうな青い海です。ただ、予習画像であったような内側から輝くような青は見ることができませんでした。あの青は、雲もないピッカピカの晴天じゃないと難しいのかもしれませんね。

池間大橋
住所 沖縄県宮古島市県道230号線

ちなみに、筆者が宮古島観光で印象的だった「内側から輝くような青」は、宮古列島のひとつ、伊良部島と橋でつながる下地島の17エンドの海です。くわしくは、『下地島空港17エンドの絶景!幻のビーチはいつ現れる?【宮古島旅行記3】』をどうぞ。

[Photos by shutterstock.com]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。