おでかけ

英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ?

英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像1

英経済誌「The Ecnomist(エコノミスト)」の調査部門が、「世界で最も住みやすい都市」を2018年8月14日に発表しました。毎年世界主要140都市を対象に、「治安」「医療」「文化・環境」「教育」「(交通・住宅などの)インフラ」の5項目を基準に採点されています。世界で住みやすい都市の3位内に、日本がランクイン。世界140都市から選出されたとは、誇らしく嬉しいものです。さて、あなたは日本のどこの都市だと思いますか。ヒントは、東京ではありませんよ。

世界で最も住みやすい都市ランキング トップ10

世界で最も住みやすい都市ランキング トップ10

第1位 ウィーン(オーストリア)1 Vienna
第2位 メルボルン(オーストラリア) 2 Melbourne
第3位 大阪(日本) 3 Osaka
第4位 カルガリー(カナダ) 4 Calgary
第5位 シドニー(オーストラリア) 5 Sydney
第6位 バンクーバー(カナダ) 6 Vancouver
第7位 トロント(カナダ) 7 Toronto
第8位 東京(日本)8 Tokyo
第9位 コペンハーゲン(デンマーク)9 Copenhagen
第10位 アデレード(オーストラリア)10 Adelaide

世界で最も住みやすい都市第3位は「大阪」

トップ10を見てみると、第3位は大阪、第8位が東京と評価されています。大阪は前回の第14位からジャンプアップ。順位上昇の理由としては、「犯罪率の低下」「交通の便利さ」が評価されています。

第1位のウィーンは、前年まで7年連続トップだったメルボルンを退けて高スコアでダントツ。第2位のメルボルンを筆頭にシドニー、アデレードとオーストラリアがトップ10の3割を占めています。カルガリー、バンクーバーがランクインしているカナダも評価の高い国です。アジアで唯一トップ10入りして、大阪と東京がランキングしている日本も、大健闘といえるでしょう。

大阪が住みやすい理由に迫ってみた

TABIZINEでも、昨今人気が高い大阪関連の記事。今や、大阪がブームです。そこで、大阪出身のTABIZINE編集者に「大阪に住みやすい理由」を尋ねてみました。

安くて美味しいお店が沢山ある
英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像2
(C)Raihana Asral / Shutterstock.com

英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像3

英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像4

「住む」となれば、大切なのが「食」です。大阪といえば、「食い倒れ」。本場のうどん・たこ焼き・お好み焼き・串カツ・焼肉など、街全体に美味しい香りが漂います。味にも価格にも厳しい大阪人ゆえ、安くて美味しい店しか流行りません。そのため、続いている店は生存競争に生き残った間違いない店。食い意地の張った筆者でなくても、美味しいものには不自由しないだろうと魅力を感じますよね。住むならやっぱり、手軽に美味しいものが食べられることはポイントが高いです。

電車などの交通網がシンプルで分かりやすい
英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像5
(C)walterericsy / Shutterstock.com

公共交通機関が複雑で分かりにくいのは、困りもの。東京は複雑で分かりにくく、住んでいる人でさえ迷うほど。特に高齢者は、分かりにくい交通機関だと出かけるのが億劫になりますね。高齢化が進む日本では、高齢者でも利用しやすい交通網は重要です。

通勤ラッシュ時の混雑が東京ほどひどくない
英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像6
(C)Tupungato / Shutterstock.com

住むのに重要な事項は、通勤電車の混雑具合と所要時間。大阪では、混雑が東京に比べ酷くなく、時間もさほど長くかからないことが魅力。通勤のストレスが少ないことはありがたいもの。

京都や神戸、奈良に気軽に行け、淡路島や四国(特に徳島や香川)にも足を伸ばせる
英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像7
英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像8

大阪からは、京都や神戸、奈良に気軽に行けます。しかも淡路島や四国(特に徳島や香川)にも行きやすいのです。「ちょっと京都まで紅葉を見に」「香川までうどんを食べに」など、気軽に出かけられるのは羨ましいですね。

繁華街が難波、梅田、阿倍野あたりで、お店も集中しているため買い物がしやすい
英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像9
(C)Benny Marty / Shutterstock.com

ショッピングエリアで、衣食住をまとめて買い物出来るのは助かります。大阪中央にある梅田・難波のほか、近鉄系の高層ビルあべのハルカスが阿倍野も人気。

カッコつけない大阪人のノリの良さ
英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像10
(C)robbin lee / Shutterstock.com

東京人がなんとなく冷たい、お高いというイメージに対して、大阪人は言いたいことはハッキリ、ノリの良さで場が華やぎます。オープンマインドさは、まさにグリコのポーズに表されます。しかも「大阪弁」は感染性の高い方言。大阪人につられて、習得しやすい言語でもあります。コミュニケーションツールとして、飴ちゃんの活用も忘れてはいけませんね。

東京ディズニーランドに引けを取らない、もしくはそれ以上の人気があるUSJがある
英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像11
(C)jannoon028 / Shutterstock.com

TABIZINEでも、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは人気が高い記事。USJは9年連続料金値上げしているものの、海外に比べればお安め。入場者数は右肩上がりの人気ぶりです。

ほどよく都会があり、ほどよく昭和の面影を残すカオス感がある
英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像12
(C)psgxxx / Shutterstock.com

大阪といえば、海外観光客も目を奪われるカオス感。グリコやくいだおれ太郎やカニ道楽、ディープなインスタ映えがてんこ盛り。正直USJに行かなくたって、エンターテインメントがストリートにあふれています。毎日暮らすのに、このテンションの高さは楽しすぎ。なんとなく懐かしさを感じるノスタルジアもたまりません。

万博公園や大阪城公園、中之島公園など、公園が充実している
英経済誌発表「世界で住みやすい都市第3位」に選出された日本の都市はどこ? 画像13

大阪城公園

大阪はゴミゴミしているイメージがあるかもしれませんが、万博公園や大阪城公園、中之島公園など自然が楽しめる環境です。無料で遊べる大きな公園があり、気分をリフレッシュできますし、子育ての住環境としても向いていますね。

家賃も東京に比べて安く、衣食住と住みやすい街大阪。近年の転入により人口が増加し続けているそうです。住みやすい街であることは、観光客にも人気なのが分かりますね。大阪の人気は、ますます高まりそうです。

[All Photos by shutterstock.com]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。