おでかけ

マカオ旅行記・暮らし旅編【6】英国貴族気分で、優雅なティータイム

マカオ旅行記・暮らし旅編【6】英国貴族気分で、優雅なティータイム 画像1

マカオ半島の「モンテの砦」から徒歩7分程度、今年6月に誕生した「Edinburgh Cafe(愛汀堡咖啡)」。英国をテーマにしたこちらのカフェは、EDBCの愛称で地元の人から親しまれています。シャンデリアや貴族の絵画など・・・気品溢れる特別な空間に包まれれば、気分はロイヤルファミリー。いつもとはちょっと違ったアフタヌーンティーを楽しんできました。

まるで宮殿!こだわりのインテリアに注目
マカオ旅行記・暮らし旅編【6】英国貴族気分で、優雅なティータイム 画像2

「Edinburgh Cafe(愛汀堡咖啡)」は、スコットランドのエディンバラをモチーフにしたカフェ。

マカオ旅行記・暮らし旅編【6】英国貴族気分で、優雅なティータイム 画像3

壁に掛けられたクレスト(紋章)はEDBCオリジナルのデザイン、王室の家紋を彷彿させるほど立派です。よく見るとスコットランドを象徴するユニコーンが描かれています。「文化を伝えていこう」という想いが、こういったインテリアの細部にも表れてますね。

マカオ旅行記・暮らし旅編【6】英国貴族気分で、優雅なティータイム 画像4

両壁には高貴な絵画作品がずらりと並びます。この日普段着で訪れた筆者、正装とまではいかなくとも、もう少しお洒落して来るんだったとやや反省。

マカオ旅行記・暮らし旅編【6】英国貴族気分で、優雅なティータイム 画像5

見上げるとそこには布天井、伝統織物”タータン・チェック”です。めくるめくスコティッシュ・ワールドが広がります。

優雅な英国ティータイムの始まり始まり

マカオ旅行記・暮らし旅編【6】英国貴族気分で、優雅なティータイム 画像6

アフタヌーンティーを素敵に演出してくれるのは、美しい絵付けの陶磁器。様々な模様のティーセットが用意されているので、「今日はどの食器が出てくるかな?」と毎回楽しみでもあります。スプーンやフォークなどのカトラリーも、高級感あふれるゴールド。

マカオ旅行記・暮らし旅編【6】英国貴族気分で、優雅なティータイム 画像7

ダージリンやアッサムなど、豊富な種類の茶葉から選んだのはアールグレイティー。大きめのティーポットはずっしりと重く、二人でも十分楽しめる量が入っています。まずはストレートでそのままのお味を堪能。さすがベルガモットで香り付けされたフレーバーティーの一種だけあり、風味がとても豊かです。

マカオ旅行記・暮らし旅編【6】英国貴族気分で、優雅なティータイム 画像8

2杯目はレモン、3杯目はミルクを入れて・・・うん、それぞれ違った良さがありますね。

見た目も美味しい、軽食&スイーツ
マカオ旅行記・暮らし旅編【6】英国貴族気分で、優雅なティータイム 画像9

「アボガド・ツナロール」を始め、ベジタリアンメニューも充実。盛り付け・味・栄養バランスと三拍子そろった、オリジナリティ溢れる料理の数々。新メニューが続々と登場し、リピーターにも常に新鮮な驚きを与えてくれます。

マカオ旅行記・暮らし旅編【6】英国貴族気分で、優雅なティータイム 画像10

デザートメニューの中で人気なのが「苺のミルフィーユ」、ストロベリーのつぶつぶ食感が楽しめます。甘すぎない大人の味で、フルーティなアールグレイとも相性抜群。

恐るべしマカオの再現力!テーマカフェの実力に脱帽
マカオ旅行記・暮らし旅編【6】英国貴族気分で、優雅なティータイム 画像11

マカオを旅して感動したことは、”再現力”の素晴らしさ。例えばIRタウン・コタイ地区には、パリのエッフェル塔やヴェネチアの街が精巧に作られていたり・・・世界の素敵をギュッと詰め込んだような街だなぁとつくづく思います。そのレベルの高さは、個人店を見ても感じるわけです。英国をモチーフにした「Edinburgh Cafe」、その世界観はスコットランド文化を忠実に描くだけでなく、遊び心を加えたオリジナリティあふれるもの。異文化を取り入れつつ自分らしさを表現するところが、実にマカオらしいと思いませんか? あなたもぜひ、訪れてみて下さい。

「Edinburgh Cafe(愛汀堡咖啡)」
住所:澳門東望洋街23-B萬豐花園地舖

Tel:+853 6345 8855
Facebook:https://edinburghcafe.business.site/

[All photos by Ai Kaneko]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。