おでかけ

文化ギャップ漫画【15】日本人の「気持ち」は英語に訳しにくい?

文化ギャップ漫画【15】日本人の「気持ち」は英語に訳しにくい? 画像1
文化ギャップ漫画【15】日本人の「気持ち」は英語に訳しにくい? 画像2

もどかしい!

「うーん、私が言いたいのはそうじゃなくて・・・」「足の裏がかゆいのに、靴を履いていたらかけないよ!」この「もどかしい」という感情、中国の故事には隔靴掻痒(かっかそうよう)という言葉がありますが、英語にするのは厄介です。

和英辞書をひくと、前述と同じbe frustrated(イライラする)が出てきますが、これこそかなりもどかしい訳。だって、「もどかしさ」に込められているのはイライラだけではないと思いませんか。苛立ち以上に「どうにかしたい!」という切望やじれったさ、時には悲しみなんかもあるはずです。

「『もどかしい』って、なかなか英語に訳せず、もー、もどかしい! この気持ちが『もどかしい』なの。わかる?」と説明すれば、少しはニュアンスが伝わるでしょうか。

<TABIZINE過去記事>
『海外から理解されにくい日本人の「気持ち」5選〜「ほっこり」って何!?〜』より

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。