おでかけ

沖縄離島の宿を運営する日本人が驚いた、外国人観光客の朝食の美学

沖縄離島の宿を運営する日本人が驚いた、外国人観光客の朝食の美学 画像1

 ホテルの朝食
あなたがB&Bを始めるとします。インバウンドの波に乗り、外国人のお客様も受け入れたいと思います。まずやるべきことは英語の勉強、外国人スタッフの雇用、ではありません。朝食のメニューをパンとコーヒーにすることです。

 インバウンドがもたらした驚きの事実
沖縄の離島で夕朝食付きの宿を運営しています。5年ほど前から春、秋は外国人率が80%を超えます。一番驚いたのは、ほとんどの欧米人は朝食に和食を食べないということです。ランチやディナーは異国の食文化を楽しむ彼らが、朝食は頑なに拒否します。

その理由は「朝から臭いのきついもの(焼き魚、漬物)を食べたくない」「自分のリズムで普段食べているものを食べたい」「そもそもいつ起きるかわからない」というものでした。

では日本の温泉旅館に泊まるときはどうしているのか聞くと、「朝食がバイキングのところを選ぶ」「朝食は食べない」「泊まらない」という答えでした。

 ホテルが朝食をバイキングにする理由
成田のホテルに泊まることが多いので、朝食バイキングで周りの欧米人を観察してみました。「フルーツだけ食べ続けるフルーツ蝙蝠型」「パンだけをお皿に山盛りにするビタミン不足な人」「新聞を読みながらコーヒーだけ飲んで立ち上がる、それだけ?の人」彼らの朝食に対する意志は固いようです。

 ある日のハナムロの朝食
沖縄離島の宿を運営する日本人が驚いた、外国人観光客の朝食の美学 画像2
(C)hanamuro

イギリス人の友人にこの話したら、ニンマリ笑って、「朝食に昨日の夜の冷えたピザはいいけど、焼き立てのピザはご免だね」と言われました。
B&Bをオープンするなら美味しいパンとコーヒーだけ用意したほうが無難かもしれません。

[Photos by shutterstock.com]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。