おでかけ

【台湾】台北駅近く奧蘿茉/オロモCafeは“映え”るカフェ

【台湾】台北駅近く奧蘿茉/オロモCafeは“映え”るカフェ 画像1

台北にはとてもたくさんのカフェが雨後のタケノコのようにできています。大型店からドリンクスタンドまで数えきれないくらいのカフェがありますが、今回は特色あるカフェの中から、インスタ映えするカフェをご紹介してみたいと思います。

奧蘿茉/オロモCafeとは?

台北駅近くにある奧蘿茉Cafeは一番最初に入ると他のカフェとの違いが歴然です。

奧蘿茉Cafeはインスタ映えするスポットがところどころに配置されている楽しいカフェ。間口は狭いのですが、一階から四階まであります。一階はオープンキッチンとお会計をするところで、客席は入り口付近に少ししかありません。

メニューはパスタ、ハンバーガー、ワッフルなどの軽食と、ドリンク類が豊富です。ビール類もあります。コーヒーや紅茶の種類もとても多いです。お値段も割安な感じがします。なぜならこのあたりは学生さんたちの大型塾がたくさんあるところだからです。

全部で4階建なのですが、先に自分たちの座る場所のテーブルを確保します。

その後メニューを見て1階にお会計をして注文したものができてくるのを待ちます。食事が終わった後はセルフサービスで回収コーナーに。

2階はイギリス風
今回は5人でしたので2階奥の十人用の大テーブルに陣取りました。

【台湾】台北駅近く奧蘿茉/オロモCafeは“映え”るカフェ 画像2

3階と4階は吹き抜けになっています。3階にはおしゃれな椅子が置いてあり、後ろはお花で埋め尽くされた壁になっていました。他の壁もグリーンやお花で埋めつくされていてインスタ映えするようになっています。

ちょっとしたコーナーもかわいいインテリアが置いてあり、映えるようになっています。

3階から4階には滑り台がある
【台湾】台北駅近く奧蘿茉/オロモCafeは“映え”るカフェ 画像3

3階の奥は人口芝生がひいてあり、靴を脱いでくつろぐスペース。4階から3階には滑り台があり、ぬいぐるみの熊が1番上に陣取っていて、滑りたそうにしています。

実際にこの滑り台をお客さんが滑ることは禁止されているのですが、階段の中央に滑り台があるというインテリアはとても面白いと思いました。

階段は広く取ってあり、横にテーブルみたいなスペースがあり、満席の場合はここも客席になることが想像されます。実際に人が座っているのは今のところ見たことがありませんが、休日などはこの辺にも人がいるのではないかと思います。

平日ランチ時間の12時前に到着したら、予約なしでもまだお席はありました。もし12時を過ぎる場合は先に予約をする方がよいと思います。

ランチメニューはモリモリ
【台湾】台北駅近く奧蘿茉/オロモCafeは“映え”るカフェ 画像4

豚肉とチーズのハンバーガーはピーナツバターの味です。219元。

【台湾】台北駅近く奧蘿茉/オロモCafeは“映え”るカフェ 画像5

ツナのハンバーガーももりもりです。同じく219元。どちらもフレンチポテトが大量に乗っています。

【台湾】台北駅近く奧蘿茉/オロモCafeは“映え”るカフェ 画像6

筆者は蜂蜜のワッフル(169元)をオーダーしました。オレオとバニラのアイスクリームがそれぞれ1個ずつ付いています。あとハチミツと生クリームがついていてワッフルは4枚ありました。ボリュームたっぷりです。

食べきれなかったのでテイクアウトをすることもできました。ドリンクはカフェラテの大(105元。ちなみに小は90元です)にしました。とてもたっぷりとした量で登場。他の方は紅茶やコーヒーを頼んでいました。

他のカフェとは一線を画す楽しいカフェのご紹介でした!

【台湾】台北駅近く奧蘿茉/オロモCafeは“映え”るカフェ 画像7
 
奧蘿茉OROMO CAFE
住所:台北市中正區南陽街26號(捷運台大醫院站4號出口)
電話:(02) 2311-7070
時間:
月曜日から金曜日 7:30–22:00
土曜日、日曜日 8:00–22:00

https://www.facebook.com/oromocafe4/

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。