おでかけ

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像1

フィンランドは一番近いヨーロッパ!
フィンランドのヘルシンキまでは、日本から10時間ちょっと(夏時間なら9時間ちょっと)、一番近いヨーロッパともいわれていますよね。ヨーロッパの各地への乗り換えで立ち寄る人も多いと思います。

そしてヘルシンキからエストニアのタリンへは、なんとフェリーでたったの2時間。朝出て、夕方までには戻ってこれるって、これは面白い日帰り旅ができそうです。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像2

タリンでフェリーを降りてすぐ、街の入り口にはこんな可愛い教会が。そう、タリンの街はまるでおとぎの国。中心部だけなら一日あれば十分。ぜひとも行ってみたい街です。

ヘルシンキのフェリー埠頭へ!
ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像3

ヘルシンキは港町。フェリーが出発する埠頭は町の中心からすぐ。というか、ここもまだまだ街の中心といった距離。トラムで行くことができます。朝7時30分のフェリーに乗ります。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像4

新しいターミナルが大きな窓が気持ちよく、窓から下を見下ろせば、クルマが次々と船に乗っていきます。カフェもあるので、ここで軽い朝食を食べてもいいと思います。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像5

いよいよ出発。観光客も多いのですが、ヘルシンキ近郊のフィンランドの人たちも、日帰りでショッピングに出かけるそうです。

2時間があっという間!設備バッチリの船内。
ヘルシンキからタリンまでは2時間の船の旅。このフェリー、かなり大きな客船と言ったサイズで、中にはいろんな設備があります。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像6

船内にはハンバーガーショップもあれば、お酒を飲めるバーなどもあって、ちょっとのんびり過ごすのにもよさそう。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像7

激しくゲームに没頭できるゲームセンターもありました。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像8

甲板にはドリンクのスタンドがあって、こちらでも風感じながらビールを楽しむ皆さんがたくさん。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像9

こちらはデューティーフリーの店舗です。帰りに気づきましたが、たくさんのフィンランドの乗客たちが、免税のビールやらなにやら、たくさん買い込んでいました。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像10

あっという間にエストニア、タリンに着岸です。

旧市街の入り口の門からキュート!
ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像11

船を出て15分ほど歩けば、旧市街の入り口。この三角屋根のキュートな門がお出迎えです。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像12

入るとすぐに、昔からの商店が並び賑わっています。これはまるでテーマパークを入ったすぐのショッピングアーケードのようです。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像13

中央のラエコヤ広場にはたくさんの屋台が出ていて、土産物を売っています。ここを目印にしておくといいと思います。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像14

昼食は広場に面した、中世の食堂と言った雰囲気の店でスープにソーセージ、ビールをいただきました。なんと、スプーンは使わないのがタリン流。ソーセージは肉肉しく、陶器のタンブラーに入ったビールはよく冷えています。
 
III Draakon
Raekoja plats 1, 10146 Tallinn
月~日 9:00-12:00
https://www.kolmasdraakon.ee/index.php/en/

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像15

このあみあみになっているのはチーズ。ちょっと塩味があってスモークされていて、おやつにもよさそう。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像16

ソーセージなどの加工肉もいろいろあって、味見させてくれます。トナカイのソーセージは初めて食べました。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像17

お土産にいいのが琥珀です。タリン近郊の特産だそうです。飴色のきれいな琥珀はなめたら甘そうな感じですが(もちろんなめませんが)、イアリングやペンダントに加工されていて、素朴ながら美しいんです。値段も手ごろ。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像18

陶器も近郊で作られているものが並んでいました。そうそう、この広場のお店の人たち、みんな民族衣装を着ていて、それがまた楽しいんです。

中世の建物を巡って散策しよう!
ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像19

この旧市街の中にはいくつかの教会があって、こちらはロシア正教のアレクサンドル・ネフスキー大聖堂。玉ねぎ頭の尖塔が、ここはロシアもすぐそばなんだなと、思い起こさせてくれます。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像20

美しい教会に、オレンジ色の瓦が鮮やかな建物。どこをとっても絵になるんです。旧市街を囲む城壁は登って歩くこともできます。

ちょっと疲れたらカフェで甘いもの。
ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像1

タリンのカフェの老舗、マイアスモックで休憩です。広場に面したテラスも気持ちがいい、3階建ての優雅な外観。内装もクラシックでした。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像22

店員さんにすすめられたのが、ストロベリーメレンゲ。かなり甘いのですが、疲れた体にはちょうどいい。すっかりエネルギー復活です。
 
Maiasmokk Cafe
Pikk 16, 10123 Tallinn
+372 646 4066
月-金 8:00~21:00
土・日 9:00~21:00
https://www.kohvikmaiasmokk.ee/

埠頭のそばにある倉庫街を利用したショップ
ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像23

新市街に戻って、少し歩いてみましたが、こちらにも可愛らしい建物が多く見られます。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像24

旧市街に向かうときに通り過ぎたのが、この倉庫街に作られた新しいショッピングエリアです。歴史あるレンガ造りの建物がまた違ったノスタルジーを感じさせてくれます。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像25

チーズ専門店ではテイスティングも可能。地元のチーズについて、いろいろ教えてもらえますよ。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像26

パン屋さんは、工房に売り場があるといった作りで、粉の香りがしてきそう。表にはベンチがあるので、焼き立てパンとコーヒーなどの飲み物もいただけます。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像27

クラフトビールが楽しめるバーは、昼間から健康的に営業中。それにしてもこの種類の多さ。どれもおいしそうです。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像28

気持ちのいいカフェもあるので、フェリーの出発まで時間をつぶすのにも気持ちよさそう。

ヘルシンキからタリンへ日帰り船の旅!ビザなしでおとぎの国へまっしぐら。 画像29

というわけで、滞在は6時間ちょっと。それでもパスポートコントロールもなく時間を有効に使えます。これからはクリスマスに向けて、夏とは違った美しさに彩られるタリン。ヘルシンキからの日帰り旅にぜひ。

ヘルシンキとタリン間は、いくつかのフェリー会社が運航しています。比較するなら日本語対応しているDirect Ferriesが便利です。

[世界最大のフェリーチケット予約サイト Direct Ferries]

[All photos by Atsushi Ishiguro]
Do not use images without permission.

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。