おでかけ

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像1

京都・宇治の名物といえば、やっぱり抹茶。パフェをはじめスイーツのイメージが強い抹茶グルメですが、たこ焼きやコロッケといった意外なB級グルメも潜んでいます。

そのためにだけでも、宇治に行く価値がある。定番から変わりダネまで、宇治が誇る多彩な抹茶グルメを食べてみました。

実はアクセス便利な宇治

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像2

京都府宇治市は、宇治川と山々に抱かれた風光明媚な場所。世界遺産の平等院鳳凰堂を擁する街としても有名ですね。

京都市外であることから、「アクセスが悪い」と思われがちですが、JR京都駅からJR宇治駅までは、電車で25分前後。一旦電車に乗ってしまえば、実は金閣寺周辺などの京都市内北部に行くよりもずっと早いのです。三条や祇園四条などの繁華街からは、京阪電車も利用できます。

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像3

美しい自然に囲まれ、日本の伝統が息づく宇治は、歩くだけで心安らぐ街。おいしい抹茶グルメを求めて、京都市内からふらりと半日旅。そんなふうに気軽に足を運んでみるのもいいものです。

「蛸Q」の宇治抹茶たこ焼き

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像4

まずやってきたのが、平等院表参道にある「蛸Q」。ここでは、日本を代表するB級グルメ・たこ焼きと抹茶のコラボレーションに出会えます。たこ焼きに抹茶・・・ちょっと想像しづらい組み合わせですね。

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像5

名物の「宇治抹茶たこ焼き」は、宇治抹茶が練りこまれた生地に、抹茶をブレンドした緑色の特製マヨネーズソースがかかった一品。口に入れた瞬間は、ごく普通のたこ焼きのようですが、後から抹茶の香りがふんわりと口の中に広がります。ソースの風味が強いので、「ザ・抹茶!」というほどの強いクセは感じませんが、独特のほのかな苦みがクセになるかもしれません。

4個から購入できるので、小腹がすいたときの食べ歩きにも最適。蛸Qでは、宇治抹茶餃子も販売されているので、ぜひお試しあれ。

蛸Q
住所:京都府宇治市宇治蓮華91
電話:0774-22-5797
[食べログ]

「お肉のはりよし」の抹茶コロッケ

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像6

宇治で長年親しまれているお肉屋さんといえば、「お肉のはりよし」。テレビで何度も紹介されている地元の有名店で、入れ代わり立ち代わりお客さんがやってきます。

ここでのお目当ては、特製の抹茶コロッケ。ひとつから買うことができ、注文してから揚げてくれるので、アツアツをいただくことができます。

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像7

コロッケのタネに抹茶が練りこまれているため、中は鮮やかな緑色。サクサクの衣と甘いホクホクのタネ、ジューシーなお肉があいまって、どこか昔なつかしい素朴なおいしさ。それに、抹茶のほろ苦さが加わって、庶民派ながら上品なお味に仕上がっています。

お肉のはりよし
住所:京都府宇治市宇治壱番14-2
電話:0774-21-2816
[食べログ]

中村藤吉本店の「生茶ゼリィ」

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像8

せっかく宇治にやってきたら、やはり抹茶スイーツもはずせません。宇治にある数々の甘味処のなかでもトップクラスの人気と知名度を誇るのが、「中村藤吉本店」。その歴史を安政元年(1885年)にさかのぼる由緒あるお茶屋さんで、風情ある日本庭園をもつ本店は、フォトスポットとしても評判です。

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像9

中村藤吉本店を訪れる多くの人のお目当てが、「生茶ゼリィ」。抹茶とほうじ茶の2種類があり、竹筒で提供されるのは本店のみ。

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像10

フォトジェニックな見た目もさることながら、石臼で挽いた抹茶のおいしさをそのまま閉じ込めたプルプルのゼリーや、濃厚な抹茶アイスクリーム、抜群のモチモチ感を誇る白玉の組み合わせは絶品。パフェのようにさまざまな味と食感が楽しめる、贅沢なゼリィです。

中村藤吉本店
住所:京都府宇治市宇治壱番10
電話:0774-22-7800
https://www.tokichi.jp/
[食べログ][ぐるなび]

「ますだ茶舗」の抹茶ソフトクリーム

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像11

お茶の里・宇治には抹茶ソフトクリームが食べられるお店がたくさんありますが、ちょっと変わったソフトクリームを販売しているのが、平等院鳳凰堂の表門前にある「ますだ茶舗」です。

ますだ茶舗では、抹茶ソフトクリームの上に、挽きたての抹茶をたっぷりトッピング。それが300円というお手頃価格でいただけるのですから、さすがは宇治です。

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像12

ソフトクリームを受け取るとき、お店の人から「気をつけてお召し上がりくださいね」と言われますが、それもそのはず。たっぷりと抹茶の粉がかかっているので、うっかりしていると服の上にこぼしてしまったり、むせてしまったりしかねません。

たこ焼きにコロッケも。宇治名物の抹茶グルメを実食ルポ【京都】 画像1

抹茶の粉にむせるというのも、ある意味宇治らしい贅沢な体験。挽きたて抹茶がトッピングされた、香り高い抹茶ソフトクリームは、何度も食べたくなるおいしさです。

ますだ茶舗
住所:京都府宇治市宇治蓮華21-3
電話:0774-21-4034
http://masudachaho.jp/
[食べログ]

数々のお茶屋さんが軒を連ねる宇治は、ただ街を歩くだけでも漂ってくるお茶の香りに癒されます。

最近では、宇治の本格抹茶を目当てに訪れる外国人旅行者の姿も増えてきました。B級グルメから、本格和スイーツまで、数々の抹茶グルメに出会える宇治に、出かけませんか。

[All photos by Haruna]
Do not use images without permission.

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。