おでかけ

大阪人の常識。551の豚まんはできたてを持ち帰るべし【編集部ブログ】

大阪人の常識。551の豚まんはできたてを持ち帰るべし【編集部ブログ】 画像1

TABIZINE編集部の井上です。

大阪出身の筆者がおすすめしたい大阪グルメは数多くありますが、その中でも外せないのが551の豚まんではないでしょうか。いわゆる肉まんなのですが、551のこれは「豚まん」といいます。

大阪人の常識。551の豚まんはできたてを持ち帰るべし【編集部ブログ】 画像2

筆者は大阪に帰省すると必ずと言っていいほど、551の豚まんを買います。新大阪駅にも、大阪(伊丹)空港でも、関西空港でもお店があり、豚まんを買い求めることができるのですが、その際に注意してほしいことがあります。お土産で持ち帰るときには必ず、できたてのあつあつ豚まんを買ってほしいということなんです!

空港や新大阪駅では、できたてと並んで必ずチルド商品が販売されています。持ち歩きすることや持ち帰ってからの保存なども考えて、チルドを選ぶ方も多いと思われますが、551を愛する者からすると、できたての豚まんとチルドの豚まんはもはや完全に別物なのです(551の関係者の方々、すみません)。やはりあつあつのできたて豚まんは、皮のもちもち感が全く違います。

大阪人の常識。551の豚まんはできたてを持ち帰るべし【編集部ブログ】 画像3

飛行機や新幹線に乗ることを考えると、匂いを懸念してしまいますが、そこはもう開き直ってできたて豚まんを持ち帰るのです。周りの乗客の方には申し訳ないですが、やっぱり美味しい豚まんを食べたいですからね。

できたての豚まんは、チルドとは違って日持ちしませんが、筆者はすぐ食べる分以外はすぐ冷凍します。ちなみにできたてを冷凍するのと、最初からチルドになっているものでは、もちろん味が違いますよ。解凍して食べるときに、豚まんに軽く水をかけて電子レンジでチンすると美味しく食べられます(あくまで個人の意見です)。

[All Photos by Chika]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。