おでかけ

もらった人の笑顔が目に浮かぶ、冬の手土産【AKOMEYA TOKYO】

もらった人の笑顔が目に浮かぶ、冬の手土産【AKOMEYA TOKYO】 画像1

帰省土産やお年賀など、年末年始はなにかと手土産が入り用の季節ですよね。いつも同じ定番ものを渡すのもよいですが、たまにはいつもと違う、センスが光る一品を贈るのもよいものです。

お米に焦点をあてたライフスタイルショップAKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)では、東京にある老舗ブランドとのコラボレーションで誕生した、冬の手土産を展開しています。老舗のこだわりがぎゅっと詰まった逸品ですが、どれも気軽な気持ちで楽しんで味わえる東京の味です。

AKOMEYA TOKYOが提案する「冬の手土産特集」、その一部をご紹介。

粋な江戸っ子の象徴|榮太樓飴 干支2019
もらった人の笑顔が目に浮かぶ、冬の手土産【AKOMEYA TOKYO】 画像2
榮太樓飴 干支2019  ¥560

今なお江戸時代の製法を守り続けている榮太樓の飴。粋な江戸っ子たちに愛されてきた飴は、砂糖純度が高く安心の味わい。AKOMEYA TOKYOオリジナルの吉祥文様の缶飴シリーズに、2019年の干支柄が登場。味はバニラミルクと梅ぼ志の2種類を展開。相手を選ばず気軽に渡せるため、多めに準備しておくとGOOD。
※梅ぼ志は砂糖と水飴で作られたシンプルな飴です。梅干しは使用しておりません。

家族に幸せを運ぶ絵柄|松﨑煎餅桐箱入り
もらった人の笑顔が目に浮かぶ、冬の手土産【AKOMEYA TOKYO】 画像3
松﨑煎餅桐箱入り8P GD ¥2,000

200年以上もの歴史を持つ、銀座の老舗「松﨑煎餅」の代表作である「三味胴(しゃみどう)」のAKOMEYA TOKYOオリジナルパッケージのセット。小麦粉に砂糖、卵などを加えて作る、さっくりとした軽い口当たり。表面には焼印や糖蜜でAKOMEYA TOKYO限定の縁起柄入り。2019年度の干支(いのしし)柄の限定品で登場。おめでたい絵柄を見ながら、家族団欒のひとときを。

お年賀や年上の方へのお土産にも|だるまのここん
もらった人の笑顔が目に浮かぶ、冬の手土産【AKOMEYA TOKYO】 画像4
だるまのここん 抹茶×ホワイトチョコ ¥1,200/黒糖 ¥1,200

縁起物のだるま型のモナカは、香ばしく、サクサクとした軽い食感が特徴。和の優しい甘さは、高齢の方や子どもたちにも大人気。

年末年始にはおめでたい気持ちを込めて|金時せんべいボックス入り
もらった人の笑顔が目に浮かぶ、冬の手土産【AKOMEYA TOKYO】 画像5
金時せんべいボックス入り ¥888/木箱入り ¥1,200

昭和8年創業の東京・中野にある老舗手焼きせんべい店「金時せんべい」の特製せんべいを、AKOMEYA TOKYOオリジナルBOX、または木箱に入れたセット。職人が1枚1枚手焼きで焼き上げており、山頂には白い砂糖を纏った富士山せんべいと味噌煎餅は、手にした瞬間、おめでたい気持ちになれます。

※表示価格は全て税抜きとなります。
 
<冬の手土産特集 特設ページ>
https://www.akomeya.jp/shop/pg/1fuyunotemiyage

■店舗情報
・銀座本店
所在地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座2-2-6
営業時間: 11:00~20:00(金・土・祝前日11:00~21:00)
電話番号: 03-6758-0270

・NEWoMan新宿
所在地 : 〒160-0022 東京都新宿区新宿4-1-6 NEWoMan新宿1F
営業時間: 11:00~21:30
電話番号: 03-5341-4608

・日本橋髙島屋 S.C.
所在地 :〒103-6199 東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋S.C. 新館B1F
営業時間:10:30~21:00
電話番号:03‐6262‐3227

・立川髙島屋 S.C.
所在地 :〒190-8507 東京都立川市曙町2-39-3立川髙島屋S.C. 2F
営業時間:10:00~20:00
電話番号:042-519-3335

[PR TIMES]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。