おでかけ

1日500個が売り切れる!フルーツよりフルーティーな至福の “生ゼリー”【地元グルメ】

1日500個が売り切れる!フルーツよりフルーティーな至福の “生ゼリー”【地元グルメ】 画像1

静岡の果物屋から生み出される、至福の“生ゼリー”! 1回食べたら、また食べたいと思わせる、圧倒的なフルーツの魅力に満ちていて、透明感あるカクテルグラスの中に閉じ込められた、色とりどりの果物が宝石のように輝いています。
1日500個が売り切れる!フルーツよりフルーツを感じる生ゼリー
1日500個が売り切れる!フルーツよりフルーティーな至福の “生ゼリー”【地元グルメ】 画像2

日本全国のイベントや催事などで引っ張りだこなのが、静岡県富士市に店舗を構える「すぎやまフルーツ」。ここの3代目・フルーツアーティストの杉山清さんが生み出す“生ゼリー”が大人気なのです!

1日500個が売り切れる!フルーツよりフルーティーな至福の “生ゼリー”【地元グルメ】 画像3

“フルーツよりフルーティー”という魅惑の生ゼリーは、2005年に誕生。もともとは、商店街にある普通の果物店だったということですが、1997年に高級フルーツを扱うギフト専門店に。そのフルーツの魅力やおいしさを、より多くの人に届けたいという想いから生ゼリーが生まれたのだとか。

1日500個が売り切れる!フルーツよりフルーティーな至福の “生ゼリー”【地元グルメ】 画像4

確かに1個〇千円する、メロンやマンゴー、イチゴなどの高級フルーツは、なかなか手が届かないし、ひとつ丸ごと食べるのは大変なことも。それを生ゼリーという形でポーションを抑えることで、1個500円前後に。贈答品で送られるからこそ細心の注意が払われるギフト店ならではの目利きと、その果物が最高においしい完熟の状態で楽しめるのが生ゼリーなのです。
重力から解き放たれた至福の一粒
1日500個が売り切れる!フルーツよりフルーティーな至福の “生ゼリー”【地元グルメ】 画像5

このカクテルグラスの中に浮かぶ、フルーツそのもののきれいな色合い。まさに宝石のような輝きを放っています。透明感あふれるゼリーは、アガーという海藻から抽出された植物性で、一般的な動物性のゼラチンとは異なるもの。ほのかに水あめの風味が香り、果物と一緒に口に含むと、完熟した果物の甘み、酸み、みずみずしさを後押しするように、プルプルとゼリーが寄り添います。

1日500個が売り切れる!フルーツよりフルーティーな至福の “生ゼリー”【地元グルメ】 画像6

あくまでも主役はフルーツ。そのおいしさを引き立てるゼリーとのバランス感が際立ち、高級フルーツを丸ごと食べたような、至福の満足感が広がっていきます。1番人気は、いろいろなフルーツのおいしさを余すとこなく楽しめるフルーツミックス600円。紅ほっぺを使用したいちご500円や静岡みかん450円、完熟パイン450円なども。オレンジのような“まどんな”や“次郎柿”などの季節限定品もあり、店頭には常時15種類前後がそろっています。

1日500個が売り切れる!フルーツよりフルーティーな至福の “生ゼリー”【地元グルメ】 画像7

フルーツの皮むき、カット、ゼリー作りまで、もちろん手作り。そのため、1日に販売できるのは500個が限度。それがすべて売り切れるというから驚きです。しかも静岡の富士市ですよ! 保存料なども使用せず、品質を維持するために通販や地方発送も行っていません。富士市の吉原商店街に行ったときには、テッパンでお求めください! 首都圏などの百貨店での催事でも行列必死なのでご注意を。

1日500個が売り切れる!フルーツよりフルーティーな至福の “生ゼリー”【地元グルメ】 画像8
◆すぎやまフルーツ◆
【住所】静岡県富士市吉原2-4-3
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】不定休
【アクセス】岳南電車「吉原本町駅」より徒歩7分
【HP】杉山フルーツ  

[All Photos by tawawa]
Do not use images without permission.

美しすぎるゼリー、気になる方は『ガラスみたいに美しすぎる京都「喫茶ソワレ」のゼリーポンチ』『【SNSで話題】まるで水中のブーケ!食べられる「3D ゼリーケーキ」』なども要チェックですよ!


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。