おでかけ

オープン初のお正月を迎える「日本橋髙島屋S.C.新館」で「和」を楽しもう

オープン初のお正月を迎える「日本橋髙島屋S.C.新館」で「和」を楽しもう 画像1

日本橋髙島屋S.C.新館では、中川政七商店プロデュースの「日本市」にて年末年始の特別企画を実施中!ライフスタイルショップ「AKOMEYA TOKYO」も新年を迎える準備を提案するフェアを実施し、年始には福袋も販売。初売りは1月2日(水)です!

年末年始にぴったりの関西の“いいもの”
“日本の土産もの”をコンセプトに、全国の工芸やモチーフにこだわった品をセレクトする「日本市」。年末年始は「旅する日本市 関西」として、関西の出張アンテナショップになっていますよ。

オープン初のお正月を迎える「日本橋髙島屋S.C.新館」で「和」を楽しもう 画像2

「和手玉 をかし」 3個入り 2,800円
まるで和菓子のようなカラフルな「和手玉 をかし」。古語の「をかし」と「お菓子」をかけあわせ、子供から大人まで楽しめる“遊べるインテリア”として誕生したお手玉ブランドです。
販売期間:2018年12月18日(火)~2019年1月8日(火)

オープン初のお正月を迎える「日本橋髙島屋S.C.新館」で「和」を楽しもう 画像3

「DAYBREAK 長財布」 34,200円
太陽に見立てた金箔が輝く、一日の始まり(=DAYBREAK)を表現したシリーズ。綺麗に押された金箔に職人の技が光ります。レザーと金箔のコントラストが表現する世界観をお楽しみください。
販売期間:2018年12月18日(火)~2019年1月8日(火)

オープン初のお正月を迎える「日本橋髙島屋S.C.新館」で「和」を楽しもう 画像4

「鶏卵素麺 束ね6個入り」 2,000円
初代・松屋利右衛門が広めた、ポルトガル伝来の南蛮菓子「鶏卵素麺」。昔ながらの製法を基本に、吟味を重ねた素材で一子相伝の味を守っている逸品。希少な取り扱いの郷土銘菓です。
販売期間:2019年1月2日(水)~1月31日(木)

福を迎える準備を提案
お米に焦点をあてたライフスタイルショップ「AKOMEYA TOKYO(アコメヤ トウキョウ)」では新年を迎えるための準備を提案するフェア「福よ来い来いお正月」を実施中。年始には福袋も販売されるので要チェックです!

オープン初のお正月を迎える「日本橋髙島屋S.C.新館」で「和」を楽しもう 画像1

「豆樽(富士山/干支の亥)300ml」 2,500円
AKOMEYA TOKYOのオリジナル吉祥文様をあしらった「豆樽」は、干支の亥を散りばめたデザインと、富士山をメインにしたデザイン。
販売期間:~2018年12月31日(金)  ※売切れ次第終了となります

オープン初のお正月を迎える「日本橋髙島屋S.C.新館」で「和」を楽しもう 画像6

「鏡餅 200g」 450円 / 「600g」 1,100円
昔ながらの杵つきで製造した、もち米の最高級品と呼び声が高い「新大正もち」。
販売期間:~2018年12月31日(金) ※売切れ次第終了となります

オープン初のお正月を迎える「日本橋髙島屋S.C.新館」で「和」を楽しもう 画像7

「だるまのここん 抹茶×ホワイトチョコ」 1,200円 / 「黒糖」 1,200円
自由が丘・蜂の家とのコレボレーションした、まゆを象った和風サブレ。縁起物のだるま型のモナカは、サクサクとした食感と和の優しい甘さは誰にでも喜ばれるお菓子です。

初売りは1月2日(水)から
日本橋髙島屋S.C.は2019年1月2日(水)10時から新年の営業を開始。各店の魅力ぎっしりの数量限定の福袋や、新年だけのお得なサービスや期間限定メニューが揃います。さらに、1月17日(木)から20日(日)の4日間限定で開催される「Nihombashi Special Days」では、新館・本館(レストラン)・本館ガレリアで、スペシャルプライスやお得なサービスが満載です。

日本橋髙島屋S.C.
https://www.takashimaya.co.jp/nihombashi/

[PR TIMES]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。