おでかけ

ベトナムのコーヒーチェーン「HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)」

ベトナムのコーヒーチェーン「HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)」 画像1

ベトナムの街のあちらこちらで目にする、ハイランズコーヒーのショップ。ハイランズコーヒーはベトナムにしかない、ベトナムのコーヒーチェーンなのです。街中色々なところにあるので、観光に疲れた際には、手軽にベトナムコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

赤いロゴが目印!街中にあるハイランズコーヒー
ベトナムのコーヒーチェーン「HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)」 画像2
ベトナムのコーヒーチェーン「HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)」 画像3

ハイランズコーヒーは、街中の至る場所で見かけます。赤いロゴが目印です。そして、それぞれのショップはテラス席メインで川沿いにあったり、すごく広い敷地内にあったりと、ショップごとに店構えにも個性が出ているのです。自分の気に入った店構えのショップを見つけたら、気軽に入ってみましょう。

テラス席にはハイランズコーヒーカラーである、赤いパラソルが並んでいたり。青空にもよく映えます。

ベトナムのコーヒーチェーン「HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)」 画像4

店内座席ももちろんありますよ。赤と茶を基調として、落ち着いた雰囲気です。ゆっくりくつろげそう。

ベトナムのコーヒーチェーン「HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)」 画像5

コーヒーと一緒に、バインミーもいかが?
ベトナムのコーヒーチェーン「HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)」 画像6

ハイランズコーヒーでは、ベトナムのサンドイッチ「バインミー」も食べることができます。バインミーは、グリルドポーク、豚ミートボール、ローストポーク&ポークソーセージ、ローストチキンの中から選べます。お店のメニューには、具まで詳しく記載がなかったように記憶していますが、バインミーを頼むと、スタッフから具をどれにするか?と聞かれます。筆者はローストチキンを選んでオーダーしました。

ベトナムコーヒーってどんなコーヒー?
コーヒーは一般的なベトナムコーヒーにコンデンスミルク入りのものを選びました。コンデンスミルクは底に溜まっているので、よくかき混ぜてから飲みましょう。コンデンスミルクって・・・甘すぎるのでは?と思いましたが、ベトナムの非常に濃いコーヒーをコンデンスミルクがうまく和らげてくれます。

ベトナムでは牛乳ではなく、なぜコンデンスミルクを入れるのでしょうか。昔、冷蔵庫が普及していなかったベトナムでは、常温で保存できるコンデンスミルクでカフェオレを楽しんだとか。かつてフランス領であったベトナムは、フランスの影響を大きく受けており、フランスの抽出器具を応用した金属製フィルターで細かく挽いたコーヒーを濾して飲んでいたそうです。そのため、ベトナムではコーヒーを濾すための金属製フィルターが至るところで売られています。ハイランズコーヒーでも販売されており、下記画像の上部にうつっている金属製のものがフィルターです。

ベトナムのコーヒーチェーン「HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)」 画像7

ベトナムに滞在中、色んな場所でハイランズコーヒーを見かけましたが、テラス席のある店舗が多かったのがとても印象的でした。これもフランスの影響を受けているのかどうかは不明ですが、天気の良い日にテラス席でコーヒーを飲むのはとても気持ちいいですよ。店舗によっては夜、ライトアップされているところもあり、ハイランズコーヒーで夜コーヒーを楽しむのも良いですね。

ベトナムのコーヒーチェーン「HIGHLANDS COFFEE(ハイランズコーヒー)」 画像8

[HIGHLANDS COFFEE]
[All Photos by Chika]
Do not use images without permission.

「【特集】ベトナム・ハノイで、おいしいフォトジェ旅!」では、このほかにもいろいろとベトナムのおすすめ情報をご紹介していますよ。


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。