おでかけ

ロイヤルホスト「苺のブリュレパフェ」の脅威的なおいしさが話題【編集部ブログ】

ロイヤルホスト「苺のブリュレパフェ」の脅威的なおいしさが話題【編集部ブログ】 画像1

TABIZINE編集部の山口です。

ロイヤルホストの「苺のブリュレパフェ」がおいしいとSNS上で話題のようですが、実際本当に驚異的においしいです。

ロイヤルホスト「苺のブリュレパフェ」の脅威的なおいしさが話題【編集部ブログ】 画像2

ロイヤルホスト「苺のブリュレパフェ」2015

遡ると2012年から期間限定で販売されているそう。筆者がこのおいしさを知り衝撃を受けたのは数年前ですが、毎年楽しみにしているほど、なかなかないおいしさなのです。

ロイヤルホスト「苺のブリュレパフェ」の脅威的なおいしさが話題【編集部ブログ】 画像3
ロイヤルホスト「苺のブリュレパフェ」の脅威的なおいしさが話題【編集部ブログ】 画像4

ロイヤルホスト「苺のブリュレパフェ」2018

何がそんなにおいしいのかといつも確かめながら味わうのですが、何と言ってもこの上層部の“キャラメリゼしたクレームブリュレ”が特別感を醸し出してます。キャラメリゼのカリカリとした食感と香ばしさ、クリーミーなカスタードの甘さがいちごにからまり、めくるめくひととき。

さらに、「グラハムビスケット、キャンディングピーカンナッツ、バナナ、塩キャラメルアイス、ストロベリーソルベ、バニラアイスなど」を重ねているそう。底にはストロベリーソースが鎮座していて、最後までいちご感を味わえます。

ロイヤルホスト「苺のブリュレパフェ」の脅威的なおいしさが話題【編集部ブログ】 画像5

ロイヤルホスト「苺のブリュレパフェ」2019

今年はいちごを増量したそう。たしかに、一番上に乗っているいちごも、昨年は1/2個でしたが今年は1個です。

ロイヤルホスト「苺のブリュレパフェ」の脅威的なおいしさが話題【編集部ブログ】 画像6

「苺のブリュレパフェ」2019版

ロイヤルホスト「苺のブリュレパフェ」の脅威的なおいしさが話題【編集部ブログ】 画像7

「苺のブリュレパフェ」2018版

しかしながら。個人的には実は、昨年の方が塩キャラメルアイスの量が多くて好きだったのです。2019年版と2018年版のパフェ見本のポップを見比べても、明らかに塩キャラメルアイスの存在感は消えています。来年は塩キャラメルアイスが増量されるといいなあ。

そうはいっても、ファミレスとは思えないおいしさ、一度は食べるべき、というSNSに飛び交う言葉通りの満足感はかたいと思います。気になった人はぜひ。
 
ロイヤルホスト「苺のブリュレパフェ」
https://www.royalhost.jp/dessert1901/
880円(税込950円)
※一部店舗は930円(税込1,004円)

パフェが気になる方は、以下の人気記事もぜひどうぞ。

『これぞインスタ映えスイーツ。京都・祇園にある吉祥菓寮のパフェを食べてみた』
『札幌「夜パフェ」のススメ。昼より美味しく感じるのが不思議な「シメパフェ」』

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。