おでかけ

春色の絶景【第7回】|たったひとつを叶える旅<44>

春色の絶景【第7回】|たったひとつを叶える旅<44> 画像1

旅の目的は「たったひとつ」で良い

旅の目的は「たったひとつ」が潔いと思いませんか。
あれもこれもと盛りだくさんは、大人には野暮というもの。情報が氾濫している現代だからこそ、余計なものは削ぎ落として、自分の「たったひとつ」を選び取るのが粋。旅の荷物はシンプルに、期待だけを詰めて。

私たちがまだ訪れたことのない、未知の場所や絶景。
笑顔で迎えてくれる、あたたかい地元のひと。
生産地ならではの、新鮮で美味しいもの。

珠玉のように散らばる日本各地の魅力を発信する「ONESTORY(ワンストーリー)」。「ONE=1ヵ所」を求めて日本を旅するメディアから、私たちの「たったひとつ」が見つかりそうです。

ピンク色のベールが日本を覆う

日本が美しいのは、四季があるから。待ちに待った春が来ますよ。春は魔法のベールで日本全国をふわりと覆い、優しいピンク色に染め上げます。

寒さに顔が強張る冬は、終わりました。空を見上げると、春の光とピンクのベール。ピンクのベールは幸せの香りがして、誰もの頬が緩みます。年間で一番幸せを感じる季節が、来ましたよ。

茨城県常陸風土記の丘 風に揺れるベニシダレ桜のカーテンにウットリ
春色の絶景【第7回】|たったひとつを叶える旅<44> 画像2

常陸風土記の丘では、約50本のソメイヨシノから始まって、150本を越すシダレザクラ、約300本のボタンザクラと、4月いっぱい華やかな桜の開花リレーが続きます。中でも、ベニシダレ桜が下がる濃いピンク色のトンネルはロマンティック。 さくらまつりは4月上旬から下旬予定。

■もっと知りたくなったら
ONESTORY(ワンストーリー)
濃い桜色のベニシダレザクラが視界を埋め尽くす、感動的な桜のトンネル。[常陸風土記の丘/茨城県石岡市]

常陸風土記の丘
住所:茨城県石岡市染谷1646 
アクセス:常磐自動車道千代田石岡ICより車で約15分/常磐自動車道石岡小美玉スマートICより車で約10分/JR東日本常磐線石岡駅より関鉄グリーンバス乗車、バス停・村上下車、乗車時間約15分、バス停より徒歩約15分
常陸風土記の丘 さくらまつり 4月上旬から下旬予定
入場料:無料(一部有料エリアあり)
Website: http://business2.plala.or.jp/fudoki/

栃木県遊行柳 松尾芭蕉も惹かれた情緒ある景色
春色の絶景【第7回】|たったひとつを叶える旅<44> 画像3
元禄の頃松尾芭蕉が「おくのほそ道」の道中に訪ね、「田一枚植えて立ち去る柳かな」と詠んだ遊行柳。柳のそばには芭蕉句碑、西行の歌碑、蕪村の句碑が建っています。揺れる柳の葉や懐かしい田園風景が今も情緒ある雰囲気を醸し出し、歌人や俳人の創作意欲をかきたてた当時が偲ばれます。桜は例年4月中旬から下旬に開花。

■もっと知りたくなったら
ONESTORY(ワンストーリー)
時代を超えて人々の琴線に触れ、記憶に残る、柳と桜が織り成す美の共演。[遊行柳と桜/栃木県那須郡]

遊行柳(ゆぎょうやなぎ)と桜
住所 : 栃木県那須郡那須町大字芦野2503 
アクセス : 東北自動車道那須ICまたは那須高原SAより車で約30分/JR東日本東北本線黒田原駅より東野バス伊王野行き乗車、バス停・芦野支所前下車すぐ
入場料:無料
Website: https://www.tochigiji.or.jp/spot/7058/

福島県三春滝桜 滝のようになだれ咲く、1,000年桜
春色の絶景【第7回】|たったひとつを叶える旅<44> 画像1
「日本三大桜」に数えられ、1922年に日本初の国の天然記念物に指定された福島県の三春滝桜。樹齢推定1,000年以上のベニシダレ桜は、開花期には四方に伸びた枝から薄紅色の無数の小さな花を咲かせ、流れ落ちる滝のような姿から「滝桜」と呼ばれるようになったと言われています。三春町には約10,000本の桜の木があり、そのうち約2,000本はシダレ桜。桜の名所として知られ、春には町が桜色に染まります。

■もっと知りたくなったら
ONESTORY(ワンストーリー)
滝のように堂々とした壮大な姿が心を打つ。樹齢1000年超のベニシダレザクラ。[三春滝桜/福島県田村郡]

三春滝桜
住所:福島県田村郡三春町大字滝字桜久保 
アクセス:磐越自動車道郡山東ICより車で約15分/JR東日本磐越東線三春駅より臨時バス(開花期間中のみ運行)滝桜号乗車、滝桜下車、乗車時間約20分
観桜料:300円(中学生以下無料)
Website: http://miharukoma.com/experience/183

宮城県白石川 雪解け水に花影を写す千本桜
春色の絶景【第7回】|たったひとつを叶える旅<44> 画像5

約100年前の1923年、東京で成功した大河原町出身の実業家が故郷に寄付した約1,000本の桜が、宮城県白石川一目千本桜。清流・白石川と残雪の蔵王連峰を背景に咲く桜は、待ちに待っていた東北の春を謳います。おおがわら桜まつりが、4月上旬~4月中旬開催予定。

■もっと知りたくなったら
ONESTORY(ワンストーリー)
ある実業家が故郷を思い植樹した桜が、時代を超えて地域を豊かに彩る。[白石川一目千本桜/宮城県柴田郡]

白石川一目千本桜
住所:宮城県柴田郡大河原町大谷(白石川右岸河川敷公園) MAP
アクセス:東北自動車道村田ICより車で約20分/JR東日本東北本線大河原駅より徒歩約3分(※ともに白石川右岸河川敷公園まで)
おおがわら桜まつり 4月上旬~4月中旬予定
入場料:無料
Website: http://oogawara.com/sakura.html

今回のたったひとつは、日本を染め上げる美しい春色の絶景。私たちが旅へ向かわずにいられないのは、日常で求められない「たったひとつ」に出逢うためなのです。

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。