おでかけ

日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力

日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力 画像1

タイのピピ島と言えば、レオナルド・ディカプリオ主演の『ザ・ビーチ』の舞台として有名な世界屈指のリゾートアイランド。ただ日本のガイドブックにはプーケットから1日ツアーで行くのがおすすめくらいの記載しかなく、どんな場所なのかよく知らない人も多いのではないでしょうか?

ピピ島とはどんなところ?
まず気になるのが、2018年4月からのピピ島無期限閉鎖のニュース。そのニュースのせいでピピ島全体が封鎖されていると勘違いしている人も多いのですが、実際に閉鎖されているのは『ザ・ビーチ』の舞台、ピピ・レイ島のマヤベイのみ。1番有名なビーチが閉鎖されているのは残念ですが、ピピ島は他にも見所がいっぱいあります。

日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力 画像2

ピピ島は、ひとつの島ではなく、大小の6つの島からなります。最も大きく宿泊施設があるのがピピ・ドン島。有名なマヤベイがあるのがお隣のピピ・レイ島。他にも砂浜がキレイなバンブー島などの島があります。プーケットからの1日ツアーではなく、ピピ・ドン島に宿泊した方がピピ島の良さを堪能できます。
プーケットからピピ島の行き方
日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力 画像3

ピピ島には、タイのプーケットかクラビーからフェリーが出ています。筆者はプーケットから向かいました。

プーケットの街には寄らずにプーケット空港から直接向かったので、プーケット空港でフェリーの往復チケットを買い、フェリー乗り場「ラサダ桟橋」へ向かいます。空港からラサダ桟橋まではタクシーで1時間半ほど(700THB)。乗り合いバスも出ているようです。

筆者はフェリー往復1000THBのチケットを値切って900THBで購入したのですが、ピピ島では片道チケット300THBで売られていたので、プーケットからは片道チケットを購入した方が、復路は様々なフェリー会社から選べて時間の融通が利くのでそちらの方がおすすめです。ラサダ桟橋からピピ・ドン島にはフェリーで、2時間ほどで到着します。

 

ピピ島の中で宿泊施設があるのは、フェリーが着くピピ・ドン島のみです。車がない小さな島で、港からホテル、レストラン、マッサージ店、ダイビングショップ、土産店、スーパーなど様々なお店が並びます。街にいる観光客はほとんどがヨーロピアンを中心にした西洋人。日本人はもちろんのこと、中国人、韓国人もほとんど見かけませんでした。時期によるとは思いますが、アジアにいるのにヨーロッパに来たような気分が味わえます。

日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力 画像4

フェリーが着くトンサイビーチと逆側のロ・ダラム湾に面したビーチにはクラブハウスが立ち並び、毎日深夜2時までパーティーが行われています。ビーチパーティーは、ピピ・ドン島の名物なので、ビーチの近くのホテルを選ぶと賑やかな雰囲気が楽しめます。

ただホテルが近すぎると、パーティーの音楽がうるさくて眠れません。ゆっくり休みたかったらビーチ沿いはやめましょう。筆者は現地の雰囲気を楽しみたかったので、ビーチ沿いのホテル「The Beacha Hotel」に宿泊しました。港には各ホテルのスタッフが待機していて、荷物はリアカーで運んでくれます。
 
The Beacha Hotel

ダイビング&シュノーケリング
日本のガイドブックには載ってない!?タイのリゾート・ピピ島の魅力 画像5

ピピ・ドン島には、ダイビングショップやツアーデスクがたくさんあります。島の中で価格は統一されているようなので、どこのショップで申し込んでも一緒です。ホテルの近くなど立ち寄りやすいショップで申し込みましょう。周辺の島のポイントを周るアイランドホッピングは1日600THB、半日は450THB。それとは別に入島税400THBがかかります。島々は近いので、プーケットからの1日ツアーに比べて、ゆっくりたくさんのスポットを巡れます。

プーケットまで行くなら、ぜひ足を伸ばしてピピ島に宿泊してみてはいかがでしょうか。

[Photos by sayoko ishii & shutterstock.com]
Do not use images without permission.


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。