おでかけ

静岡『三島スカイウォーク』で夢を叶える!大人だって空を飛びたい!

静岡『三島スカイウォーク』で夢を叶える!大人だって空を飛びたい! 画像1

その長さは日本一!そこから広がる絶景パノラマ。
静岡『三島スカイウォーク』で夢を叶える!大人だって空を飛びたい! 画像2

写真・施設内展示パネルより

空を歩いているかのよう・・・
そんな気分になれる吊橋『三島スカイウォーク』は、全長400m、高さ70m、日本一長い歩行者専用吊橋です。広大な森には桜、紅葉など箱根山の7種類の木々が自生していて、お天気のよい日には富士山も顔を出し、午前中、昼間、夕刻で、違った表情を魅せてくれます。

体が2つほしいくらいのアクティビティと穏やかな森林散歩

静岡『三島スカイウォーク』で夢を叶える!大人だって空を飛びたい! 画像3

『三島スカイウォーク』さんのアクティビティは子どもから大人まで楽しめます。子どもも参加できる〈フォレストアドベンチャー〉や、〈セグウェイ〉〈バギー〉〈ロングジップスライド〉など、大人が子ども心に戻って思いきり体を動かすのにもってこい!

おそらく誰でも一度は「鳥になりたいなぁ。空を飛べたらなぁ。」と思ったことがあると思います。そんな夢を〈ロングジップスライド〉は叶えてくれます。誰かが付き添って飛ぶのではなく、自分1人、しかもスタートを決めるのも自分の心と足のタイミング。

怖さのドキドキは、一歩勇気を踏み出すだけで吹き飛び、スライド中に目を開けると駿河湾、富士山、伊豆の山が広がり、風を切る。その疾走感はまさに「私は鳥になっている!」と夢が叶う瞬間です。

静岡『三島スカイウォーク』で夢を叶える!大人だって空を飛びたい! 画像4

もちろん、フォレストアドベンチャーに参加しなくても、日本一長い歩行者専用吊橋を歩き渡るだけでも、素晴らしい絶景と少し揺れる吊橋のスリルを体験できます。吊橋を渡っている途中で空を仰ぐと、橋を支えている安心安全な設計の鉄骨とワイヤーの姿に〈技と誇り〉をもつ職人の方々の姿を重ねて、凄味を感じざるを得ません。

静岡『三島スカイウォーク』で夢を叶える!大人だって空を飛びたい! 画像5

吊橋を渡った先の「Kicoroの森」は、森のキャラクター〈Kicoro〉が迎えてくれる森の散歩道。足取り軽くお散歩ワンちゃんも。Kicoroは一人一人表情が違って、その愛らしさは森林浴とともに私たちを癒してくれます。

カフェ、レストラン、地域のおいしいが集まった充実な施設!

静岡『三島スカイウォーク』で夢を叶える!大人だって空を飛びたい! 画像6

施設内には、美しい花いっぱいのスカイガーデン、おしゃれなトイレなど素敵空間のほかに、地域の特産物、お土産、レストラン、カフェなど“おいしい”が集まっています。富士山麓の牧場の生乳を使用したミルクソフトクリームや、みしまコロッケを片手に青空ピクニックも。地域の方も一体となり力をいれていてるのが伝わってきます!

未来を見据えて。自然にみんなが環境作りの仲間入り。

静岡『三島スカイウォーク』で夢を叶える!大人だって空を飛びたい! 画像7

~願いをこめて橋の上からまくと希望の花が咲く~間伐材に花の種がついた木製チャーム〈flower drop〉というがありました。この〈flower drop〉には希望の言葉(雲~常に変化を~など)が添えられ、きっとあなたの背中を押してくれます。その言葉と花の種を、未来の自分と森に蒔きましょう。あなたへの言葉はなんでしょうね。

静岡『三島スカイウォーク』で夢を叶える!大人だって空を飛びたい! 画像8

「自然を守ろう」という漠然としたテーマを、自分の五感と体をもって楽しく学び、訪れた人が地元に生きる方々と直接ふれあうことで、人と自然の共存をより身近に味わうことができます。

私たちには、森も海も空も必要不可欠。人も自然も想いやる。『三島スカイウォーク』は、自然との共存に前向きな意識を持てる希望が満ちあふれています。

[all photos by kurisencho]
 
『三島スカイウォーク』
住所・〒411-0012静岡県三島市笹原新田313
TEL:055-972-0084
開園時間:9時~17時
定休日:年中無休
交通:JR「三島駅」からバス・タクシー約20分
入場料(往復渡橋/税込):大人1000円、中高生500円、小学生200円、幼児無料
ホームページ
http://mishima-skywalk.jp/

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。