おでかけ

淡路町に和カフェ誕生。兵庫発の老舗和菓子ブランド「大三萬年堂HANARE」

淡路町に和カフェ誕生。兵庫発の老舗和菓子ブランド「大三萬年堂HANARE」 画像1

江戸中期に兵庫県に創業、約360年の歴史を持つ老舗の和菓子店「大三萬年堂」の新ブランド「大三萬年堂HANARE」が東京に初出店。淡路町ワテラスモールに店舗をオープンしました。オシャレな和洋折衷のスイーツのほか、お食事メニューも提供しています。

女性目線で作りあげた新ブランド「大三萬年堂HANARE」

淡路町に和カフェ誕生。兵庫発の老舗和菓子ブランド「大三萬年堂HANARE」 画像2

大三萬年堂の13代目でスイーツ研究家としても活動する、安原伶香さんがディレクションを務める新ブランド「大三萬年堂HANARE」では、女性ならではの視点で可愛い和スイーツが考案されています。ヘルシーな和スイーツからお食事メニューまで身体に優しいメニューを提供中です。

和と洋が上手に生かしあうスイーツ

同店で作られるスイーツは、見た目のかわいらしさに加えヘルシーさを重視。「食べても罪悪感を感じさせない」ような、女性にとって嬉しいスイーツを提案しています。和素材と洋素材が見事にマッチした可愛いスイーツがそろいます。

看板商品「どらぱん」

グリコ栄養食品株式会社と協力し、同ブランドオリジナルの米粉スイーツを開発。どらやきx米粉パン=「どらぱん」は、米粉で作ったモチモチ食感の生地で「大三萬年堂」秘伝の餡子や豆乳クリームなどをサンドしたオリジナルの新しいスイーツです。

淡路町に和カフェ誕生。兵庫発の老舗和菓子ブランド「大三萬年堂HANARE」 画像3

[写真左から]
・あんバター: 450円(税抜)
・いちごピスタチオ: 500円(税抜)
・ほうじ茶チョコ: 500円(税抜)
・たまごやき: 450円(税抜)

豆乳クリームを使用したスイーツ

カロリーを抑えるため豆乳クリームを使ったスイーツも提案。「特製プリンチーズティ」は、美容効果が期待できるといわれる甘酒と合わせた、同ブランドならではのドリンクです。和紅茶や抹茶などを使ったスイーツドリンクも提供しています。「安原流大三パフェ」にも豆乳クリームを使用。デコレーションは、抹茶をふりかけ同社のブランドロゴをかたどったデザインが可愛い一品です。

淡路町に和カフェ誕生。兵庫発の老舗和菓子ブランド「大三萬年堂HANARE」 画像4

[特製プリンチーズティ: 750円(税別)]

淡路町に和カフェ誕生。兵庫発の老舗和菓子ブランド「大三萬年堂HANARE」 画像5

[安原流大三パフェ]

酒粕を使った「酒粕てら」「酒粕ろーる」

酒粕を使って真っ白に焼き上げたカステラやロールケーキも提供しています。ふわふわのやわらかなケーキで和みのひとときを。イートインで食べられるほか、お持ち帰り用も販売しています。

淡路町に和カフェ誕生。兵庫発の老舗和菓子ブランド「大三萬年堂HANARE」 画像6

[酒粕てら(イートイン: 680円(税抜)、物販2,100円(税抜))]

淡路町に和カフェ誕生。兵庫発の老舗和菓子ブランド「大三萬年堂HANARE」 画像7

[酒粕ろーる(イートイン: 630円(税抜)、物販1,600円(税抜))]

ヘルシーな食事メニュー

おばんざい

メインにお肉かお魚、それに小鉢がついた身体に優しい和定食「おばんざい」をお食事メニューとして提供。お味噌汁ともち麦ご飯がセットになっています。

淡路町に和カフェ誕生。兵庫発の老舗和菓子ブランド「大三萬年堂HANARE」 画像8

[おばんざい: 1,200円(税抜)]

とうふめし

築地の老舗牛肉店「築地デリ」とのコラボメニューも。「とうふめし」は、ご飯の上に豆腐をのせ、その上には築地デリ特製の牛すじ煮込みを豪快にかけたボリューム満点の一品です。

淡路町に和カフェ誕生。兵庫発の老舗和菓子ブランド「大三萬年堂HANARE」 画像9

[とうふめし: 1,000円(税抜)]

【大三萬年堂HANARE】

住所: 東京都千代田区神田淡路町2-105 ワテラスモール1F
営業時間: 10:00〜21:00
TEL: 03-6206-8857
公式サイト: http://d3hanare.tokyo/

[PR Times]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。