おでかけ

人気の〈抹茶インク〉とは?お土産探しもできる、京都・宇治『抹茶共和国』

人気の〈抹茶インク〉とは?お土産探しもできる、京都・宇治『抹茶共和国』 画像1

更なるワールドワイドを突き進む!

人気の〈抹茶インク〉とは?お土産探しもできる、京都・宇治『抹茶共和国』 画像2

『抹茶共和国(Macha Republic)』は、上質な宇治抹茶を扱う卸業専門店のアンテナショップ。
〈国境を越えて世界中で愛される抹茶の可能性を最大限に引き出し、斬新でより良いものをお客様に〉と常日頃心がけ、自社の宇治抹茶を使った新感覚の抹茶ドリンクを提供してます。今年5月1日には四条河原町に『京都店』もオープンしています。

人気の〈抹茶インク〉とは?お土産探しもできる、京都・宇治『抹茶共和国』 画像3

鮮やかな緑色。こちらが人気の〈抹茶インク〉。ガラス瓶に入ったインクをモチーフとして、~伝統文化の抹茶を現代的でお洒落なインク瓶とかけあわせ、年代問わず身近で親しみやすいものにしたい~という願いがこもっています。

〈抹茶インク〉の種類は豊富。
No.1抹茶ラテ(560円)、No.2抹茶清水(510円)、No.3抹茶善哉(小豆入り)(610円)、No.4バブル抹茶ラテ(Instagramフォロワー限定タピオカ入り)(590円)、No.5抹茶コラーゲン(610円)、No.6岩塩チーズ抹茶ラテ(610円)、No.7岩塩チーズバブル抹茶ラテ(660円)。

人気の〈抹茶インク〉とは?お土産探しもできる、京都・宇治『抹茶共和国』 画像4

お店のディスプレイから学びました!
飲み終えた抹茶インク瓶は、ご自宅で可愛く旅の想い出に。こんな発想なかったです!

〈カップメニュー〉はこちら。
バブルエア抹茶ラテ(580円)、岩塩チーズ抹茶ラテ・抹茶豆乳(680円)、抹茶ラテ・抹茶豆乳(550円)、抹茶ソーダ・抹茶カルピスソーダ(480円)と、
他に見ない珍しい組み合わせばかり!

ゆっくり「茶道」ように嗜む。おすすめです。

人気の〈抹茶インク〉とは?お土産探しもできる、京都・宇治『抹茶共和国』 画像5

〈岩塩チーズ抹茶ラテ〉のイートイン。
丁寧にドリンクがプレートにのせてあり、金色の匙が高級感・・・
上にはふわふわで塩気あるチーズクリーム。その下にスッキリとした爽やか抹茶ラテ。
お店の方が「最初はそのまま飲んで、お好みでストローで上のチーズクリームと下の抹茶ラテと混ぜながら」とにこやかに教えてくださいました。
そのまま茶道のようにゆっくりと頂くと、上のクリームチーズと下の抹茶ラテが二重の層となって口の中に広がります。
甘すぎない抹茶ラテ、ほんのり塩気で引き締め、ちょうど良い素敵なハーモニーを奏でてくれます。
ストローもいいけれど、この「茶道」ように頂く方法。「結構なお手前で・・・」とつい言ってしまうようなお上品さ。

人気の〈抹茶インク〉とは?お土産探しもできる、京都・宇治『抹茶共和国』 画像6

その他、石臼挽き宇治抹茶と北海道濃厚ミルクのプレミアムソフトクリーム(500円)も。宇治本店限定の、ラングドシャコーンのクレミアソフトクリームも豊富です。
ミルククレミア(500円)・抹茶クレミア(580円)・焙じ茶クレミア(580円)・金箔クレミア(680円)と、おいり入り(追加50円)でポップなクレミアな夢も叶えてくれます。
注文してから受けとる〈順番待ちカード〉もインクボトルのシルエットで、どこまでも写真に映えるものばかり。

源氏物語の世界の中で味わう宇治の緑。

人気の〈抹茶インク〉とは?お土産探しもできる、京都・宇治『抹茶共和国』 画像7

店内にはお茶の茶器や小物が並び、〈花茶シリーズ〉ティーバッグには、宇治の風景や源氏物語の絵が描かれていたりと、高級感ある白と金の配色の店内に、凛と光る伝統文化。
日本人だけでなく、世界の人々からも愛されている抹茶の世界は、まだまだ、まだまだ新しい可能性を秘めていました。
斬新に、かつ前進する中でも忘れることはない日本の伝統と美。〈抹茶とインク〉のように〈抹茶と岩塩チーズ〉のように、〈今と昔〉の調和が宇治の緑と共に輝いていました。

『抹茶共和国(Macha Republic)宇治本店』
住所:〒611-0021京都府宇治市宇治妙楽26-2
TEL:0744-21-2889
オープン:10時~18時
交通:JR奈良線「宇治駅」徒歩4分
ホームページ
https://www.matcha-republic.com/


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。