おでかけ

ひよこ豆のお好み焼き?クレープ!?クセになる美味しさ、南フランス名物「ソッカ」とは

ひよこ豆のお好み焼き?クレープ!?クセになる美味しさ、南フランス名物「ソッカ」とは 画像1
フランスといえばバゲットやエスカルゴなどが有名ですが、南フランスには「ソッカ」と呼ばれる名物があるのです。名前を聞くだけではどんなものか予想のつかないこの料理。一度食べるとやみつきになる可能性大の南仏名物を紹介します。

ソッカが名物のニースって?
ひよこ豆のお好み焼き?クレープ!?クセになる美味しさ、南フランス名物「ソッカ」とは 画像2
(C)shutterstock

フランス観光といえばパリですが、実は南フランス、イタリアに近いコート・ダジュール(青い海岸)と呼ばれる地域の中心都市ニースは、一年中バカンスに最適で旅行客にも人気のあるエリアです。

晴れの日が多く、一年中温暖な気候で、早ければ5月下旬〜6月上旬頃から海で泳げるニース。歴史上イタリアを統一していくサルデーニャ王国の前身であるサヴォイア公国に属していたので、イタリア文化の影響を受けている都市でもあります。電車で30分も行けばイタリアということもあり、街のあちこちでイタリア語を耳にするほど、イタリア人も多く訪れます。

食文化もイタリアの影響があるのか、アンチョビやオリーブが乗ったピザやトマトがベースのラタトゥイユなど、どことなくイタリアを感じさせる食べ物が名物だったりします。

そんな食文化を持つニースの名物「ソッカ」とは!?

クレープ?お好み焼き?「ソッカ」って・・・!?
ひよこ豆のお好み焼き?クレープ!?クセになる美味しさ、南フランス名物「ソッカ」とは 画像3
(C)shutterstock

日本人にとっては覚えやすい名前の南仏名物ソッカですが、歴史は中世にまで遡り、イタリアのリグリア地方というところからきたそうです。ニースでは朝早く働く人や漁師さんが食べたようです。

そんなソッカですが、一言で説明するとひよこ豆でできたクレープのようなものです。材料はひよこ豆の粉とオリーブオイル。

パン釜と同じぐらいの大きさの深皿に生地を広げて、パン釜で焼き上げます。表面はカリッ、中はふわっとしているのがやみつきポイント。塩胡椒で味付けをしているので主食として食べても良し、地元に人はおつまみや前菜として食べるようです。

どこで食べられるの?
ひよこ豆のお好み焼き?クレープ!?クセになる美味しさ、南フランス名物「ソッカ」とは 画像4
(C)shutterstock

そんな名物のソッカですが、ニースの旧市街の屋台や食堂で食べられます。

ニースの旧市街は細い通りがたくさんあって初めてだと道に迷いやすいのですが、分かりやすい場所だと、旧市街のサレヤ広場の市場で屋台のような感じでお店が出ているのでそこで買ってソッカを食べることができます。海辺で食べるのもおすすめ!

旧市街を歩いているといたるところにソッカという看板を見つけられるので、簡単にソッカを食べることができるのですが、ぜひおすすめしたいのが「Chez Rene Socca」というお店。

トラム沿いの道から旧市街に入ってすぐあるお店です。いつも行列ができている人気店で、人気の秘密は熱々でカリカリのソッカが食べられる。そして値段も3〜4ユーロほどと、お手ごろな上に他のニース名物も食べられるお得感。そして何よりも下町感溢れる食堂のような雰囲気が何度きても落ち着くのです。

ひよこ豆のお好み焼き?クレープ!?クセになる美味しさ、南フランス名物「ソッカ」とは 画像5
(C)AYA

実際のChez Rene Soccaのソッカ。焦げ目がまた美味しい!筆者がニースに住んでいた時、ソッカが食べたくなったら迷わずこの店に行っていたほど、お気に入りのお店です。

Chez Rene Socca
住所:2 Rue Miralheti, 06300 Nice, France
電話番号:+33 4 93 92 05 73
営業時間:火曜〜日曜9:00~21:00、月曜定休日

アクセス:
トラム駅Cathédrale – Vieille Ville駅で下車し、徒歩5分

ちなみにソッカの味を日本に帰ってからも楽しみたい!という人には、ソッカの粉やソッカチップスをお土産に買ってみてはどうでしょうか。ソッカチップスはソッカをポテトチップス状にしたもので、スーパーでも売っていますよ。

南仏ニースを訪れたらソッカを食べるのを忘れずに!


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。