おでかけ

静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.8:氷カフェchuan(チュアン)】

静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.8:氷カフェchuan(チュアン)】 画像1

かき氷をメインに取り扱う静岡市のカフェ、「氷カフェchuan(チュアン)」は、茶氷プロジェクトで「静岡抹茶氷練乳ホイップ」を提供しています。静岡産の抹茶を惜しげもなく使い濃厚に仕上げた抹茶の茶氷を、練乳入りのホイップで挟み、白玉、塩の効いた自家製小豆を添えた小粋な茶氷です。

お茶の生産量が国内で4割を占め、日本一のお茶処である静岡。そんな静岡茶の美味しさをかき氷を通して伝えていく「茶氷プロジェクト」が昨年始動し、12店舗で3か月の間に30,000杯以上が販売される盛況ぶりでした。2年目の今年は、静岡県下の5市2町+東京都内の30店舗がオリジナルの茶氷メニューを提供します。2019年9月30日まで実施中。

氷カフェchuan(チュアン)の「静岡抹茶氷練乳ホイップ」

静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.8:氷カフェchuan(チュアン)】 画像2

今回ご紹介する「氷カフェchuan(チュアン)」は、静岡市にある、かき氷がメインメニューのカフェです。

静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.8:氷カフェchuan(チュアン)】 画像3

静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.8:氷カフェchuan(チュアン)】 画像4

静岡産の抹茶や旬のフレッシュフルーツを使ったふわふわのかき氷で、熱心なファンに愛されるかき氷の専門店です。エスプーマレアチーズや、焼きいもミルク、酒かすミルクなど、いったいどんな味なんだろうとワクワクするフレーバーの開発もしている、チャレンジングなお店です。

静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.8:氷カフェchuan(チュアン)】 画像1

茶氷プロジェクトのために氷カフェchuan(チュアン)が用意したのは、「静岡抹茶氷練乳ホイップ」。静岡産の抹茶を贅沢に使い、濃厚に仕上げた抹茶シロップがたっぷりかかっています。練乳を加えたクリーミーなホイップ、モチモチの白玉、塩を効かせた自家製小豆が添えられ、味わいも食感も計算しつくされた、氷のプロフェッショナルによる茶氷です。帽子をかぶったようなデザインもキュート!

美味しさの秘密をお店にインタビュー

Q. コラボしたお茶の銘柄と、選んだ理由を教えてください。
A. 静岡の製茶問屋から仕入れている静岡産の抹茶を以前から気に入って使っています。

Q. 他と違うと自負するこだわりなど、商品の特徴を教えてください。
A. 静岡産の抹茶をふんだんに使った濃厚な抹茶蜜に、練乳入りのホイップと塩の効いた自家製小豆。

Q. 出来上がるまでのエピソードを教えてください。
A. これまでに何種類かのお茶のかき氷を扱ってきましたが、今回のが一番出来がよかったです。

Q. どんな人に食べて欲しいですか?
A. 抹茶蜜を甘さ控えめに作っているので、甘いかき氷が得意でない方におすすめです。

Q. 実際の客層を教えてください。
A. 20~50代くらい。

Q. 並ばずに入れますか?
A. 土日、平日問わず、並んでいただくことが多いです。天気の悪いときや平日、正午位に空いていることがあります。

Q. 来年も参加しますか?
A. いいメニューが出来れば参加したいです。

茶氷プロジェクトは9月末までですが、「静岡抹茶氷練乳ホイップ」は8月末までの提供ですのでお早めに!

静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.8:氷カフェchuan(チュアン)】 画像6

■商品詳細
メニューの正式名称:静岡抹茶氷練乳ホイップ
税抜価格:694円(750円・税込)
展開時期:~8月末

■展開するお店の詳細
店舗名:氷カフェchuan(チュアン)
住所:静岡市葵区七間町14-7 馬場ビル1F
TEL:054-255-6099
営業時間:11:00-20:00(氷がなくなり次第終了) ※水曜定休
フェイスブック:https://www.facebook.com/Chuan-1448340632073234
ツイッター:https://twitter.com/kohori_chuan
アクセス方法(最寄り駅など):静岡駅から徒歩15分

[All photos by kohori_chuan ]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。