おでかけ

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像1
マカオは、北からマカオ半島の先端、橋を渡った南にタイパ、さらに南に海を埋め立てたコタイ、そして最南端のコロアンまで、4つのエリアに分かれています。タイパにあるタイパ・ビレッジには古い低層の建物が多く、落ち着いていながらもやっぱりガヤガヤした雰囲気もある散策が楽しいエリアです。

タイパ市政公園からカルモ教会を経由してFeira Do Carmoへ
3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像2
マカオ半島側にあるバスターミナル「アマラル広場」からバスに乗って橋を渡り10分ほど、「Chun Yuet Garden Building」のバス停で降りれば、そこからタイパ市政公園までは歩いて4分です。南側には「澳門美麗湿地」が広がって、その向こうにコタイの林立する統合型リゾート施設の建物が望めます。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像3
湿地に向かって建つ1921年建造の5つの家が残っています。「タイパ・ハウス」と呼ばれていて、かつてはポルトガルの高級官僚などが住んでいた高級住宅です。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像4
そのうちの一つが「クリエイティブ・カーザ」です。中は美しい調度品や美術品、日用品などの展示もあって、当時の上流社会の生活ってこんなだったのかと想像させられます。それにしても、高価そうなのにとってもデザインがかわいいので、思わず欲しくなってしまうようなものがいろいろありました。

タイパ市政公園(カルモ公園)
住所:Avenida de Carlos da Maia, Macau
開園時間:24時間

タイパ・ハウス
住所:Avenida da Praia, Carmo Zone, Taipa, Macau
電話:+853-8988-4000、+853-2882-7527
開館時間:【火~日】10:00〜19:00
HP:http://www.icm.gov.mo/en/housesmuseum

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像5
そこから西側に丘を登れば、パステル・イエローの「カルモ聖母教会」が見えてきます。建てられた頃には海に面していたそうです。

カルモ聖母教会
住所:Avenida de Carlos da Maia, Largo do Carmo, Taipa
開館時間:10:00~12:30、14:00~18:00

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像6

少し北へ進むと、右側にカラフルな建物が見えてきます。新しく出来た小さなカフェなどの建物と、石畳の通りがフォトジェニックです。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像7
住所:20 Calcada do Quartel

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像1
丘を北側に下りていきます。手前の低層の古い街並みと、奥に建ち並ぶ高層マンションのコントラスが面白い風景でした。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像9
坂を下り切ったところにあるのが「嘉模墟 Feira Do Carmo」という広場。タイパ・ビレッジを歩く時にはここを覚えておくと迷ったときに便利そうです。

ポークチョップバーガー食べて、ドリアンアイスクリームに土鍋紅茶で一回〆る
3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像10
マカオのB級グルメと言えば「ポークチョップバーガー」。「大利來記豬扒包 Tai Lei Loi Kei」は嘉模墟 Feira Do Carmo からすぐそばの人気店です。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像11
カウンターもあって、ここで食べても、食べ歩きしてもよさそうです(基本のポークチョップバーガーとソフトドリンクのセットでHK$63)。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像12
マカオに5店舗、そしてシンガポールも2店舗、上海、広東省湛江市にも支店がある人気店。日本にも出店してほしいと思いました。

大利來記豬扒包 Tai Lei Loi Kei
住所:澳門氹仔告利雅施利華街35號
電話:+853-2882-7150
営業時間:【月〜日】8:00~18:00
HP: http://www.taileiloi.com.mo

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像13
もう一度、目印の嘉模墟 Feira Do Carmo に戻りましょう。その広場に面した黄色い看板のお店「莫義記 Gelatina Mok Yi Kei」が賑わっています。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像14
ここで人気なのが「ドリアンアイスクリーム」。あの独特の香りが強烈なドリアンのアイスクリーム(HK$68)です。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像15
食べてみると、ドリアンのあの香りはそのまま。ドリアン好きにはきっとたまらないと思います。マンゴーのアイスクリームなどもあるので苦手な方はそちらを。

莫義記 Gelatina Mok Yi Kei
住所:澳門氹仔官也街9號A舗
電話:+853-6669-5194
営業時間:【月〜日】7:00〜23:00
FB:https://www.facebook.com/%E8%8E%AB%E7%BE%A9%E8%A8%98-1450196238531719/

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像16
食後に紅茶を飲むなら、こちらもすぐそばにある「Xiang Zi Street Restaurant」の土鍋で入れる紅茶がいいかもしれません。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像17
店頭では紅茶を入れる姿を見せてくれています。なかなかの迫力でした。ちなみに奥は軽食もあるカフェです。このパフォーマンスだけでも一見の価値があると思います。

巷仔大排檔 Xiang Zi Street Restaurant
住所:37-45 R. dos Clerigos

食べ歩きはここで一回〆て、夕食までもう少し歩きましょうか。

O-moonでポルトガル系のお土産を!
3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像18
O-moon氹仔店は、1本南側の通りにあります。白とブルーの、ポルトガルのタイルのカラーを使った外観が目を引きます。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像19
世界の人気者・キティちゃんとコラボレーションしている店内もポルトガルカラーで爽やかです。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像20
そのポルトガルのタイル「アズレージョ」のうらにはコルクが張ってあって、飲み物を置くコースター(HK$38)でした。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像21
アズレージョ柄のマスキングテープはHK$18 。シックな雰囲気が大人っぽくて、お土産にもよさそうです。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像22
ポルトガルの縁起物である雄鶏の「ガロ」をプリントしたグラスは普段使いによさそう。オレンジジュースをいれたら色合いが楽しそうです。

3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像23
こちらはノートとスマホ用指ホルダーのセット(HK$104)。やっぱりポルトガルデザインはスキっとした印象で魅力的です。

O-moon氹仔店
住所:Rua. Correia, da Silve, 22, Taipa / 氹仔告利雅施利華街22號
電話:+853-2830-9864
営業時間:【月〜日】10:00〜22:00
HP:https://www.omoonmacau.com/

まとめ|3時間でちょうどいいタイパの街歩き
3時間でマカオのタイパ・ビレッジを散策!ドリアンアイスクリームやSNS映えスポット多数 画像24
O-moonを出てみると、こんな一角がありました。ここもなかなかのフォトポイント。タイパ・ビレッジにはあっちこっちになかなか絵になる場所がありました。スマホやカメラを片手に、ちょっと裏通りに入ってみるのもいいと思います。

比較的狭い範囲に、いろんなものがあるという意味では、タイパ・ビレッジは原宿の竹下通りのよう。コンパクトにまとまっているので、3時間もあればゆっくり回れます。もっと史跡などを回りたいなら、マカオ政府観光局の情報がおススメです。

マカオ政府観光局|昔日のタイパ・ビレッジ

気温が高い日も多く湿度が高いので、3時間の散策はちょうどいいように思いました。バスのアクセスも便利なので、時間が空いたらフラッと出かけてもいいかも。夜も賑わうそうですよ。

協力:マカオ政府観光局 http://www.macaotourism.gov.mo

[All photos by Atsushi Ishiguro]

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。