おでかけ

高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】

高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像1
青森の味覚といえば、大間に代表される“マグロ”を思い浮かべる人も多いのでは。そんな鮮度抜群のマグロを「これでもかッ!」というほど豪快に、ボリューム満点にいただける店があります。塔のようにそびえるマグロ丼が衝撃的です!

マグロステッカーで覆われたインパクト
高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像2
青森の奥座敷と知られる「浅虫温泉」にある「鶴亀屋食堂」。青森駅からも電車で20分足らずなので、温泉を楽しみながら足を伸ばしてみるにはもってこいのロケーション。

高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像3
ドライブインのような何の変哲もない外観で、暖簾も店の中に入っていますが、これは風が強くて飛ばされてしまうから。暖簾が中に入っていても、ガラッと引き戸を開けて店内へ。

高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像4
テーブルと小上りがある食堂のような趣ですが、よ~く目を凝らしてください! 壁から天井に至るまで、すき間がないほど多くのステッカー(シール)で埋め尽くされています。本マグロ・メバチマグロ・キハダマグロ・インドマグロ・・・ マグロの種類はもちろん、産地別のステッカーは、マグロの1本買いをしている証なのです。 

高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像5

色鮮やかなマグロの塔がドンブリにそびえ立つ
高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像6

高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像7
80余年の歴史を誇り、3代目のご主人のお眼鏡に叶ったその時期一番おいしいマグロが食べることができると、県内はもちろんのこと、全国各地から足を運ぶ人が後を絶たない「鶴亀屋食堂」。

高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像8
本日注文したのは、青森県・深浦産の本マグロ。ミニは2500円、小は3500円、中は4000円。この鮮やかな色を見てください! 下から赤身・中トロ・大トロの三段重ねになった「中」は、高さ20㎝を超えるマグロの塔がそびえます。

高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像9
ごはんでかさ上げなんていうセコイことは一切なし!! メニューにはマグロ20枚と書いてありますが、それを上回るマグロのボリューム。ひとりでは到底食べきれないので、3名ぐらいでシェアしながら食べるのがおすすめ。大間産や風合瀬産の本マグロは、7~10月上旬がおすすめで、9月下旬~12月までは、三陸東沖の上質なメバチマグロ「ひがしもの」が旬を迎えるとか。

高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像10

生唾ゴックン! きれいな生うに丼にひと目惚れ
高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像11
旬の魚介類はマグロだけではありません。青森県・平館産の「生うに丼」2500円。このなんともいえない優しい色合い。思わず“ゴクリ”と喉を鳴らしてしまいます。まったく味付けされていない生の状態でまずはパクリ! これだけウニが乗っていれば、ごはんとの配分を心配する必要もありません。口でまろやかにとろけるウニの風味。頬から鼻へと広がるウニのコク・甘み・磯の香り。大間昆布醤油や大鰐醤油なども用意されているので、お好みでたらして召し上がれ! 至福のひとときが訪れます。

高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像12
マグロをはじめとした魚介類は、その日の仕入れや産地などにより、種類も値段も変わるので注意。店内のステッカーの洪水もスゴイのですが、最後に訪れたトイレでは、マグロの曼荼羅状態の圧巻の光景が広がっていました。

高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像13

高さ20センチ越え!衝撃的なボリュームのマグロ丼がある「鶴亀屋食堂」を実食ルポ【青森県】 画像14

■あわせて読みたい

闇夜にきらめく豪華絢爛な青森ねぶたを1年中楽しめる「ねぶたの家 ワ・ラッセ」
青森の魅力がギュッと詰まっている「青森県観光物産館アスパム」
こだわりの商品セレクト! 「青森県地場セレクト」の青森お土産ランキング!!
日本のどこかで数日だけ開催される「DINING OUT AOMORI-ASAMUSHI with LEXUS」
シードル工房の見学もできる青森の“おいしいもの”がそろった「A-FACTORY」
アンカーテキスト

鶴亀屋食堂
住所:〒038-3501 青森県青森市浅虫蛍谷293-14
TEL:017-752-3385
営業時間:9:00~18:00
定休日:なし
アクセス:青い森鉄道「浅虫温泉駅」より徒歩6分
HP:―

[All Photos by tawawa]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。