おでかけ

“おいしい”+“驚き&楽しい”フレンチが楽しめる「Restaurant Nico」を現地ルポ【山形県・庄内】

山形県・酒田で知らない人はいないといわれるほど、おいしいフレンチが味わえる「Restaurant Nico(レストランニコ)」。しかも、おいしいだけではありません! 料理に驚きや楽しさというスパイスが秘められて、笑顔こぼれるひとときを送れます。
“おいしい”+“驚き&楽しい”フレンチが楽しめる「Restaurant Nico」を現地ルポ【山形県・庄内】 画像1

思わず“にっこり”してしまうおいしさと驚き
“おいしい”+“驚き&楽しい”フレンチが楽しめる「Restaurant Nico」を現地ルポ【山形県・庄内】 画像2
山小屋を思わせるような三角屋根の建物が目印の「Restaurant Nico(レストランニコ)」。
店名の“Nico”が示す通り、思わず“にっこり”してしまうような驚きを秘めたフレンチは、親しみやすいのに独創的という、ふたつの要素をもったここでしか出会えない料理。

“おいしい”+“驚き&楽しい”フレンチが楽しめる「Restaurant Nico」を現地ルポ【山形県・庄内】 画像3

奇をてらうわけではないのですが、素材の持ち味を生かしながら遊び心をちょっとだけプラス! 思わずテーブルで笑顔がこぼれ次の料理は何? と期待感を高めます。

緑のこんな大きなマリモは食べられるの?
ランチもディナーもすべておまかせのコースのみなので、どんな料理がサービスされるかはその日のお楽しみ。ランチは2000円~、ディナーは全5品ほどのショートコースが2700円~。全7品ほどのフルコースは5200円~。

“おいしい”+“驚き&楽しい”フレンチが楽しめる「Restaurant Nico」を現地ルポ【山形県・庄内】 画像4
本日のディナーで1番驚いたのが、マリモ? 苔玉? のような、まぁ~るい緑の料理。フォルムはかわいらしいのですがまったくどんな料理か想像できません。ナイフを入れると中からとろ~りとしたクリームがあふれ出します。実はこれ「黒バイ貝のコロッケ」。ブルゴーニュ風に仕上げられ、苔のような緑はパセリで、中に食感のよい黒バイ貝が隠されています。

“おいしい”+“驚き&楽しい”フレンチが楽しめる「Restaurant Nico」を現地ルポ【山形県・庄内】 画像5
そのほかにもナスといわれなければわからないほどクリーミーな「式部ナスの冷製スープ」や、モヒート仕立ての「庄内浜の岩ガキ」など、見て楽しめ、食べておいしい一品が続きます。

土地を感じる料理には遊び心を少しだけ・・・
“おいしい”+“驚き&楽しい”フレンチが楽しめる「Restaurant Nico」を現地ルポ【山形県・庄内】 画像6
実は、太田シェフの父も祖父もフレンチのシェフ。酒田で50年続く「フレンチ風の郷土料理」というテーマを受け継ぎ2008年オープンしたレストラン。庄内の風土が育てた野菜や魚介、肉を大切に、ここでしか食べることのできない“土地を感じる料理”を創作。フランス2つ星レストランなどでの経験を生かした味に加えて、料理で驚きや会話が生まれてほしいというような想いもあるのだとか。

“おいしい”+“驚き&楽しい”フレンチが楽しめる「Restaurant Nico」を現地ルポ【山形県・庄内】 画像7
メインの魚料理「スズキのタプナードソテー エストラゴンとザワークラウトソース」、肉料理「純粋金華豚の炭火焼きロースト 黒酢のソース・トマトとディルのソース」などが続きます。最後のデザートに至るまで、テーブルでは思わず笑顔になってしまう、おいしいひとときを過ごすことができます。

Restaurant Nico(レストランニコ)
住所:山形県酒田市亀ケ崎3-7-2
TEL:0234-28-9777
営業時間:11:30〜14:00/17:30〜21:30
定休日:月曜日
アクセス:JR「酒田駅」よりタクシーで約6分
HP:http://nico-sakata.com/top/

国内LCCシェアNo.1を誇るジェットスターは、2019年8月1日より、東京(成田)と庄内を結ぶ定期便の新規運航を開始。片道4490円~というリーズナブルな運賃は、さすがオレンジの翼!! 毎日運航予定で東京(成田)発は13時、庄内発は14時50分。約1時間のフライトで今まで馴染みの薄かった庄内への旅行が楽しめます。

[All Photos by tawawa]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。