おでかけ

5位までの全施設が前年度増しと好調の遊園地。年間入場者ランキング

家族でワイワイ楽しめるアトラクションから大人も絶叫するようなものまで、オール世代が楽しめる遊園地。5位までの全施設が、前年比を上回る入場者数となっているようですよ。経営情報誌等を出版する綜合ユニコムが発表した、最新のランキングをご紹介!

5位までの全施設が前年度増しと好調の遊園地。年間入場者ランキング 画像1
(C) Shutterstock.com

【5位】レオマリゾート (1,073,000人 前年比102.7%)
5位までの全施設が前年度増しと好調の遊園地。年間入場者ランキング 画像2
(C) akiyoko / Shutterstock.com

香川県丸亀市にあるレオマリゾートが第5位に。「NEWレオマワールド」と呼ばれる遊園地エリアのほか、「レオマ花ワールド」「レオマ光ワールド」、アジアの遺跡が再現された「オリエンタルトリップ」エリアに温泉宿泊施設がある「ホテルレオマの森」というエリアで構成される、中四国地方最大の総合レジャー施設です。

遊園地エリア「NEWレオマワールド」では、バーチャルな世界をジェットコースターに組み込んだ、VRジェットコースターをはじめとしたVRアトラクションのほか、3Dプロジェクションマッピングを使ったホラーハウスなどなど、最新映像技術を取り入れたアトラクションが多数導入されていますよ。

【レオマリゾート】
住所: 香川県丸亀市綾歌町栗熊西40-1
TEL: 0877-86-1071
公式サイト: https://www.newreomaworld.com/

【4位】としまえん (1,124,881人 前年比120.5%)
5位までの全施設が前年度増しと好調の遊園地。年間入場者ランキング 画像3
(C) Takamex / Shutterstock.com

4位は東京都練馬区にある遊園地「としまえん」。家族で楽しめるアトラクションも多数ある中、大人も尻込みするようなお化け屋敷も人気です。昨年11月には、親子で遊べる室内遊び場「アソブラボー(ASOBRAVO!)」がオープン。世界の玩具を扱う日本企業「ボーネルンド」がプロデュースする施設として注目を集めています。

【としまえん】
住所: 東京都練馬区向山3-25-1
TEL: 03-3990-8800
公式サイト: www.toshimaen.co.jp

【3位】ひらかたパーク (1,309,046人 前年比109.0%)
5位までの全施設が前年度増しと好調の遊園地。年間入場者ランキング 画像4
(C) shutterstock.com

1910年に大阪府枚方市に開園した歴史ある遊園地「ひらかたパーク」が第3位に。地元の人からは「ひらパー」の愛称で親しまれ、家族で楽しめるアトラクションや大人も大絶叫のジェットコースターなどさまざまなアトラクションがあります。秋から冬にかけての夜はイルミネーションを開催し、夜景スポットとして人気を集めています。

【ひらかたパーク】
住所: 〒573-0054 大阪府枚方市枚方公園町1-1
TEL: 072-844-3475
公式サイト: http://www.hirakatapark.co.jp/

【2位】よみうりランド (1,909,652人 前年比103.9%)
5位までの全施設が前年度増しと好調の遊園地。年間入場者ランキング 画像5
(c) Jirat Teparaksa / Shutterstock.com

2位は東京都稲城市、多摩地区にある「よみうりランド」。ジェットコースターをはじめ、バンジーなど絶叫系のアトラクションが豊富な遊園地です。夏季オープンのプールもスケールが大きく、全長107mもあるスライダーなど迫力満点のプールアトラクションも。また、秋から冬にかけて開催されるイルミネーション「ジュエルミネーション」は、年々パワーアップする演出で話題を集めています。

【よみうりランド】
住所: 〒206-8725 東京都稲城市矢野口4015-1
TEL: 044-966-1111
公式サイト: http://www.yomiuriland.com/

【1位】鈴鹿サーキット (2,105,115人 前年比103.0%)
5位までの全施設が前年度増しと好調の遊園地。年間入場者ランキング 画像6
(C) Shutterstock.com

入場者数で1位となったのは、F1や8耐でも知られる「鈴鹿サーキット」。「モートピア」と呼ばれる遊園地エリアがあり、家族で楽しめるような車やバイクに関連するさまざまなアトラクションのほか、鈴鹿サーキットが見渡せる大きな観覧車があります。「サーキットチャレンジャー」は、本物のレーシングコースを運転体験ができる人気のアトラクション。今年7月にはレース場を眺望できる絶景スポット「コースビューテラス」もオープンしました。

【鈴鹿サーキット】
住所: 〒510-0295 三重県鈴鹿市稲生町7992
TEL: 059-378-1111
公式サイト: https://www.suzukacircuit.jp/motopia_s/

参照: https://www.sogo-unicom.co.jp/leisure/image/201909n1.pdf

[value press]

[all photos by shutterstock.com]
Please do not use the photos without permission.

tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。