おでかけ

ありえない! 日本人がフランスのセールで驚いたこと5つ 〜旬のアイテムがセールに〜

なかなかユニークなフランスのセール事情。当地のセールで驚いたことから、知っておきたい情報まで、盛り沢山の内容でお届けします。※2020年1月から始まる冬のセールより、開始時期ならびに開催期間が変更に。セールの時期にあわせてフランス旅行を計画中の方はご注意を! 
ありえない! 日本人がフランスのセールで驚いたこと5つ 〜旬のアイテムがセールに〜 画像1 (c)sweetsholic

セールは年2回、全国一斉スタート!
ありえない! 日本人がフランスのセールで驚いたこと5つ 〜旬のアイテムがセールに〜 画像2(c)sweetsholic

フランス語で「soldes(ソルド)」と呼ばれる大規模なセールは、夏と冬の年2回。開始時期に開催期間、価格表示など、仏政府により法律で細かく規定されています。規則を守らない店には、罰金が課されるという厳しさ!

直近のセールは、2020年1月8日(水)8時にスタート、2月4日(火)まで(※海外県など、一部の地域では異なります)。以前はおよそ6週間だったセール期間が、来年より4週間に短縮されます。

小売店もデパートも、一斉スタートというのが驚きですよね。日本旅行業協会によれば「大型店も小型店も平等に商品が販売できるようにとの配慮から」とのこと。

旬のアイテムがセールに
ありえない! 日本人がフランスのセールで驚いたこと5つ 〜旬のアイテムがセールに〜 画像3(c)sweetsholic

ここフランスでは、セール用に商品をストックしておくことはNG。最低でもセール開始の1カ月前から店頭に並んだ商品が値引きされていきます。最新コレクションがセール品として並ぶことはあっても、売れ残った商品が並ぶことはないわけです。

当然ながら、人気の高いアイテムは早く売れていきます。ということで、フランスのセールは早い者勝ち的な面も。 

商品は現品限り
ありえない! 日本人がフランスのセールで驚いたこと5つ 〜旬のアイテムがセールに〜 画像4(c)sweetsholic

売り切れてしまったら、それまで。仕入れ先にストックがあったとしても、原則として再入荷はありません。セール中に欲しいアイテムが見つかったら、迷わず購入した方がよい・・・!?

セール品であっても返品・交換可能
当地のセールで驚いたことのひとつが、セール品の返品・交換について。商品の欠陥によるものでなく、自己都合であっても、返品・交換可能な場合がほとんどです。期間はおよそ1カ月以内。その際はレシートが必要となるので、商品と一緒にキープしておきましょう。

超お買い得!セール期間中の再値下げ
ありえない! 日本人がフランスのセールで驚いたこと5つ 〜旬のアイテムがセールに〜 画像5
(C)shutterstock.com

セール期間中に確実に欲しいアイテムがあったり、好きなブティックでいいものをゲットしたい場合は、セールが始まった直後に足を運ぶのが◎

ですが、目的を少し変えれば、セール後半戦も十分に楽しめちゃいます。セール期間中に、さらなる値引きがあるんです! セールスタート時、2度目の値下げ(deuxième démarque)、そして3度目の値下げ(deuxième démarque)まである場合が多く、3度目の値引きがありえないぐらいおトクなのです。

「70%OFFの値札がついた商品を5点購入すると、さらに会計から50%OFF(※つまり、10万円分の買い物が1万5000円でできるということ)」などは珍しいことではありません。3度目の値引きについては規定がないようですが、経験的にセール終了1週間〜10日前ぐらいから。

セール期間中にフランスを訪れることがあれば、好きなブティックはもちろん、敷居の高そうなお店もぜひ、のぞいてみてください。思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれませんよ!

[service-public.fr]
[Photos by Shutterstock.com] 


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。