おでかけ

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食

ホテルの朝ごはんはちょっと特別感のあるもの。特に、ラグジュアリーなホテルなら、どんな朝食が食べられるのか気になってしまいます。今回は「一度は行ってみたい」と言われているシャングリ・ラ ホテル東京の「ピャチャーレ」の特別な朝食を紹介します!
一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像1

東京駅は目の前!上空28階のレストラン
一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像2
シャングリ・ラ ホテル東京は東京駅からすぐのラグジュアリーなホテル。シャングリ・ラ ホテル&リゾーツの日本初のホテルになっています。日本橋口を出て徒歩3分程度で到着します。朝食は28階にあるイタリアンレストラン「ピャチャーレ」で食べることができます。朝食の時間は6:30~10:00(土日祝は10:30)までと長めです。

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像3

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像4
案内されてお店の奥に行くと、広々としたスペースが広がります。大きな窓からは東京の景色が広がり、店内を明るく照らします。天井も高いので開放感もあります。筆者たちは窓際の席へ案内されました。

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像5
この日はあいにくの天気でしたが、天気が良ければ富士山も見えることがあるとか。窓からは東京駅と皇居を望むことができます。

好きなメインが選べる豪華な朝食メニュー
一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像6
朝食メニューは、選べるメインメニュー1品と、ビュッフェです。メインメニューは種類が豊富。定番のブレックファーストから、和定食まであるので、自分の好みに合わせて選ぶことができます。筆者たちはエッグベネディクト・セレクションから「スチームエッグジャー 」と「鮪のポキサラダベネディクト」をチョイスしました。

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像7

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像8

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像9

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像10

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像11

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像12

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像13
注文をしたら、ビュッフェ台へ。お店の入口側のスペースに設置してあります。メイン料理があるためか、わりとこじんまりしています。規模は小さくても、ドリンクから暖かい食事、パンやデザートまでしっかり揃います。

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像14

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像15

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像16

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像17
特に人気なのが、パン系。美味しいと人気のバターたっぷりのクロワッサンや、可愛いツリーのような形をしたデニッシュ、フランス菓子のカヌレなど、小さなサイズのペストリーなどが揃います。

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像18
メイン料理があるので、いつもより控えめに盛りました。サラダなどを食べながらメイン料理が運ばれてくるのを待ちます。

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像19

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像20
パンもしっかりもらってきましたが、食べきれるかどうか心配ですが。パンにつけられるハチミツやジャムが各席に設置してあって、しかも未開封!使うのがもったいなくなりました。

数分後、メイン料理が登場。

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像21
筆者が注文したのは「スチームエッグジャー」。マッシュポテトに卵やチーズを湯煎して、黒トリュフが添えてあります。簡単に言うと、「エッグスラット」と料理のピャッチャーレ版という感じでしょうか?

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像22
アツアツのマッシュポテトの下には、卵が隠れています。そしてトリュフのいい香り!

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像23

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像24
マッシュポテトと卵、トリュフをすくって、一緒に添えてあるバゲットにつけて食べると、最高のおいしさです。こんな贅沢な食材を使ったエッグスラットは、ここでしか食べられないでしょう。

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像25
友人が注文したのは「鮪のポキサラダベネディクト」。朝食メニューとして人気の「エッグベネディクト」をピッチャーレがアレンジした料理です。通常はイングリッシュ・マフィンにハムやスモークサーモンとポーチドエッグ、そしてオランデーズソースをかけたものですが、ピッチャーレのこのメニューはなんとマグロを使っているのです。

一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像26
薄いパンの上に、細かく刻んだマグロ、アボカド、そしてポーチドエッグとソースがかかっています。食べてみると、洋食なのに和風の味です。ソースは醤油の風味があり、とても不思議な味でした。

贅沢な朝食の時間を楽しんで
一度は行きたい!「シャングリ・ラ ホテル東京」のレストラン「ピャッチャーレ」の贅沢な朝食 画像27
ゆっくり朝ごはんをいただいて、すっかり満喫しました。メインメニューは季節によって変更はあるようですが、エッグベネディクトやパンケーキのような定番品もあります。決めるのに迷ってしまいますが、ぜひ食べたい逸品を見つけてみてください。

シャングリ・ラ ホテル東京
ピャチャーレ
住所:東京都千代田区 丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館
電話番号:03-6739-7898
営業時間:
【平日】[朝食]6:30〜10:00、[ランチ]11:30〜14:30、[ディナー]18:00〜21:30
【土・日・祝日】[朝食]6:30〜10:30、[ランチ]:12:00〜14:30、[ディナー]18:00〜21:00
※土曜日は21:30まで
HP:http://www.shangri-la.com/jp/tokyo/shangrila/dining/restaurants/piacere/

[All Photos by Kaori Simon]
Do not use images without permission.


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。