おでかけ

南フランスの新年について。「ガレット・デ・ロワ」だけじゃない! 新年に欠かせない絶品スイーツとは?

1月6日のキリスト教の行事「エピファニー(公現祭)」には、おいしいスイーツが欠かせません。日本でもよく知られているフランスの「ガレット・デ・ロワ」は、そのひとつ。今回は南仏やスペイン、ポルトガルなどで広く親しまれている新年のスイーツをご紹介します。
南フランスの新年について。「ガレット・デ・ロワ」だけじゃない! 新年に欠かせない絶品スイーツとは? 画像1
(C)Shutterstock.com

新年に食べるスイーツ
南フランスの新年について。「ガレット・デ・ロワ」だけじゃない! 新年に欠かせない絶品スイーツとは? 画像2
(C)Shutterstock.com

サクサクのパイ生地にアーモンドクリームをたっぷり詰めて焼き上げた、フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」。フランスの1月のお菓子として、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

英語では「King Cake(キングケーキ)」と呼ばれるこのスイーツ。1月6日のキリスト教の行事「エピファニー(公現祭)」にちなむもので、スペインやポルトガル、ベルギーやスイス、カナダのケベック州やアメリカのルイジアナ州、南米などでも広く食べられています。

イエス・キリストが神の子として現れたこと(=エピファニー)を祝うスイーツというのはどこも同じなのですが、この時に用意するスイーツが国や地域によって異なるんです! 

というわけで、今回ご紹介するのは、フランス南西部のオクシタニー地域圏や南東部のプロヴァンス地方を中心とした南仏一帯、バルセロナを州都に置くスペインのカタルーニャ州、ポルトガルや南米などで食べられている新年のスイーツです。

バターと卵たっぷりの菓子パン
南フランスの新年について。「ガレット・デ・ロワ」だけじゃない! 新年に欠かせない絶品スイーツとは? 画像3
(C)Shutterstock.com

フランス語では「ガトー・デ・ロワ(gâteau des rois)/ブリオッシュ・デ・ロワ(brioche des rois)」、オクシタニー語では「reiaume」、スペイン語では「rosca de reyes」、カタルーニャ語では「tortell de reis」、ポルトガル語では「bolo rei」と呼ばれる、西ヨーロッパの新年に欠かせないスイーツ。バターと卵たっぷりの菓子パンで、大きなリングの形をしています。

南フランスの新年について。「ガレット・デ・ロワ」だけじゃない! 新年に欠かせない絶品スイーツとは? 画像4
(C)sweetsholic 

南グランスでは、オレンジの香りがするリング状のパンにパールシュガーを飾ったものと、砂糖の代わりにドライフルーツをトッピングしたものが主流。

南フランスの新年について。「ガレット・デ・ロワ」だけじゃない! 新年に欠かせない絶品スイーツとは? 画像5
(C)Shutterstock.com

カタルーニャ州やポルトガルでは、ブリオッシュの生地の中にマジパンいうアーモンドの甘いペーストを詰めて、ドライフルーツを飾ったものが主流のようです。

ほんのり甘く、軽やかな食感
南フランスの新年について。「ガレット・デ・ロワ」だけじゃない! 新年に欠かせない絶品スイーツとは? 画像6
(C)sweetsholic 

オレンジの香りが華やかに香るガトー・デ・ロワ。ブリオッシュのように甘く、ふんわりした口当たりです。新年のティータイムや食後に食べるスイーツですが、軽やかな食感は朝食にもぴったり。

アーモンドクリームたっぷりのガレット・デ・ロワとは全く異なる味わいなので、機会があればぜひ試していただきたいです。ふわふわした食感が好きな、我々日本人好みの味だと思いますよ!

どこで買える?
南フランスの新年について。「ガレット・デ・ロワ」だけじゃない! 新年に欠かせない絶品スイーツとは? 画像7
(C)sweetsholic

12月下旬から1月にかけて、ガレット・デ・ロワと共に、南仏のパティスリーやブーランジェリーの店頭に並びます。

南フランスの新年について。「ガレット・デ・ロワ」だけじゃない! 新年に欠かせない絶品スイーツとは? 画像8
(C)sweetsholic

この時期には、当地のスーパーのパンコーナーにもずらり! もちろん、マルシェにも並びます。

中には2つのサプライズ!
パン生地のなかには、陶器のラッキーチャームとフェーブ(そら豆)が入っています。バルセロナの情報サイト「Barcelona Metropolitan」によると、ラッキーチャームに当たった人はその1年が幸運に恵まれ、そら豆に当たった人は次回、ガトー・デ・ロワを買うことに。

南フランスの新年について。「ガレット・デ・ロワ」だけじゃない! 新年に欠かせない絶品スイーツとは? 画像9
(C)sweetsholic

お店によっては、ラッキーチャームしか入れないこともあるので、その場合はラッキーチャームに当たった人が、次回ガトー・デ・ロワ(あるいはガレット・デ・ロワ)を購入することになります。

1月に南仏を訪れることがあれば、パティスリーやベーカリーをのぞいてみてくださいね! ラッキーチャームやフェーブにあたらなくとも、幸せな気分になれること間違いなしです。2020年も素晴らしい1年になりますように/Bonne année(ボンヌ・アネ)! 

[barcelona-metropolitan.com]
[ambafrance.org]
[Photos by Shutterstock.com] 


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。