おでかけ

ありえない! 日本人がフランスの食卓で驚いたこと5つ 〜チーズを食べるのは食後!?〜

日本国内でフレンチというと、少々格式高いイメージがありませんか? ですが、一般家庭での食事風景はとてもカジュアルです。カジュアルを通り越して、フランス人のワイルドさに驚くことも!? そんな知られざる一面を、どうぞお楽しみください。
ありえない! 日本人がフランスの食卓で驚いたこと5つ 〜チーズを食べるのは食後!?〜 画像1

【1】休日の食事時間が長い
ありえない! 日本人がフランスの食卓で驚いたこと5つ 〜チーズを食べるのは食後!?〜 画像2
フランス人の食に対するこだわりは強く、家族や友人たちと食を通しての交流がとても大切にされています。その大事さはどれぐらいかというと・・・。「Gastronomic meal of the French(フランス人の美食術)」として、ユネスコ無形文化遺産に登録されているほど!

冠婚葬祭の場面だけでなく、休日に家族が集まるときにも、時間をかけて食事を楽しみます。アペリティフ(食前酒)タイムから始まり、前菜、メイン料理、チーズ、デザート、コーヒー、ディジェスティフ(食後酒)という流れ。

時間をはかってみたところ、筆者のフランス人夫家族との食事は平均で3〜4時間。長い、長い、長すぎる・・・!

【2】普段着のごはんはシンプル
ありえない! 日本人がフランスの食卓で驚いたこと5つ 〜チーズを食べるのは食後!?〜 画像3
休日にご馳走を用意することはあっても、普段の日のごはんはシンプル。日本のご家庭のほうが、平日でもずっと品数が多いと思います。

そんなわけで、平日の夜は前菜とメイン料理の2品のみの家庭が多いです。ひとり世帯だと、メイン料理のみのことも。ところがデザートは別腹の模様! どこの家庭にも、ムースやプリンにチョコレートなど、市販のデザートがほぼ確実にあります。

【3】ご飯の日でも、パンは欠かせません
ありえない! 日本人がフランスの食卓で驚いたこと5つ 〜チーズを食べるのは食後!?〜 画像4
肉または魚料理と一緒に食べるために、ご飯を用意した場合。(※この場合、当地ではごはん茶碗を使う習慣がないので、メイン料理と同じプレートにのせます)。炭水化物はご飯だけで十分だと、思いませんか?

ご飯は野菜料理と同じく、付け合わせ的な存在。なので、炭水化物の取り過ぎが気になったとしても、フランスの食卓にはパンが欠かせないのです。

ご飯と一緒にパンを食べることに、カルチャーショック・・・!

【4】パンをテーブルに直おき!?
ありえない! 日本人がフランスの食卓で驚いたこと5つ 〜チーズを食べるのは食後!?〜 画像5
先にお伝えしたように、パンはフランス人の主要炭水化物。当地にはさまざまなパンがありますが、どこの家庭でもよく食べられているのが、焼きたてのバゲット(フランスパン)です。

毎日のようにお気に入りのベーカリーにバゲットを買い求める、フランス人のみなさんのこだわりにもびっくりですが、本当に驚くのはここから。

ありえない! 日本人がフランスの食卓で驚いたこと5つ 〜チーズを食べるのは食後!?〜 画像6
日本のフレンチレストランなら、小皿の上に置かれるパン。当地ではカットしたバゲットを、テーブルの上に直置きする人が多いのです! また、長いバゲットをナイフで切らずに、手でちぎりながら食べる人も。どこの家庭にもナイフはあるのに・・・。

【5】チーズを食べるタイミング
ありえない! 日本人がフランスの食卓で驚いたこと5つ 〜チーズを食べるのは食後!?〜 画像7
チーズは、ワインと共に楽しむおつまみとしてのイメージがあるかと思います。当地でもアペリティフタイムにつまむこともありますが、正式な食事の席では、チーズはメイン料理のあと。そして、チーズの後にはデザートが待っています。

ありえない! 日本人がフランスの食卓で驚いたこと5つ 〜チーズを食べるのは食後!?〜 画像8
(C)sweetsholic

こうして改めて振り返ってみると、フランス人は本当によく食べる! 食後にチーズだなんて、考えただけでも胃が重くなる話・・・ですよね。

ところが慣れとは恐ろしいもので、在仏中に胃が大きくなったのか、デザートの前にチーズがないと物足りなくなってきました。ご飯の日でもパンがないと、物足りなくなる日がいずれやってくるのだろうか・・・と、ちょっと不安です。

[Photos by Shutterstock.com] 


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。