おでかけ

【日本の冬絶景】ガス灯がともる夕暮れに歩きたい小樽 北海道の雪景色 

日本の四季の中で、凛とした冬に惹かれます。着飾ることなく、媚びることなく、色彩を削ぎ落とす潔さ。あるがままの姿で佇む冬に、神様は白いコートをふわりとかけてくれます。空から舞い降りてくる白いもの。汚れも痛みも受け入れ、大地を、山を、海を、川を、白く包み込みます。私たちが待っていたのは、「雪」でした。TABIZINEでは「日本の冬絶景」を連載でお届けします。今回は、小樽の冬絶景。小樽は例年11月〜4月上旬頃に雪景色が見られます。
【日本の冬絶景】ガス灯がともる夕暮れに歩きたい小樽 北海道の雪景色  画像1
(C)Shutterstock.com

ガス灯がともる夕暮れに歩きたい 小樽運河<小樽市港町>
【日本の冬絶景】ガス灯がともる夕暮れに歩きたい小樽 北海道の雪景色  画像2
(C)ikatwm / Shutterstock.com

雪の似合う景色といえば、小樽の町が思い浮かびます。緩やかにカーブした運河は、小樽を代表するランドマーク。艀(はしけ)が接岸できる距離を長くするために海面を埋め立て、大正12年に完成したのが小樽運河です。全長は1140mと長くはありませんが、夕暮れ時にガス灯が点ると、ロマンティックな雰囲気があります。

小樽運河

【住所】〒047-0007 北海道小樽市港町5
【入場料】無料
【公式サイト】小樽運河 小樽市
https://www.city.otaru.lg.jp/kankou/miru_asobu_tomaru/kankosisetu/otaruunga.html

おとぎ話に出てくるお菓子の家のような スイーツショップ<小樽市堺町>
【日本の冬絶景】ガス灯がともる夕暮れに歩きたい小樽 北海道の雪景色  画像3
(C)Atiwat Witthayanurut / Shutterstock.com

北海道のお土産は、ルタオのチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」とあなたは決めているかもしれませんね。おとぎ話に出てきそうな本店は、1階に出来立てのスイーツが並び、2階のカフェではお茶を飲みながらスイーツを頂けるので、身体が冷えたら一休みしましょう。館内は最上部まで上れるので、展望台から小樽の観光スポットも見下ろせますよ。本店限定のスイーツもあるので、お見逃しなく。

小樽洋菓子舗ルタオ本店

【住所】〒047-0027 北海道小樽市堺町7−16
【入場料】無料 購入飲食代別途
【公式サイト】ルタオ https://www.letao.jp/

蓋を開けると思い出も蘇る オルゴールの店<小樽市住吉町>
【日本の冬絶景】ガス灯がともる夕暮れに歩きたい小樽 北海道の雪景色  画像4
(C)Atiwat Witthayanurut / Shutterstock.com

日本最大のオルゴール専門店「小樽オルゴール堂」は、年間400万人が訪れる人気スポット。明治45年建築のビルは、木骨煉瓦造りの2階建てで、外壁は赤煉瓦と自然石が積まれており、小樽市選定の歴史的建造物として認定されています。オルゴールの蓋を開けると、音楽と共に懐かしい思い出が蘇ってくるかもしれません。

小樽オルゴール堂本館

【住所】〒047-0015 北海道小樽市住吉町4-1
【入場料】無料 購入代別途
【公式サイト】小樽オルゴール堂
https://www.otaru-orgel.co.jp/

小樽のイベント 青の運河
【日本の冬絶景】ガス灯がともる夕暮れに歩きたい小樽 北海道の雪景色  画像5
(C)Shutterstock.com

小樽では、雪景色の時期に、さまざまなイベントが行われます。小樽運河を1万個の青色LEDが彩る「青の運河」。開催時期は、運河内を周遊する運河クルーズも人気。

青の運河

【開催日時】2019年11月1日(金)~2020年2月2日(日)  日没~22:30
【住所】小樽運河浅草橋~中央橋
【入場料】無料 クルーズ利用は別途代金要
【公式サイト】青の運河 小樽ゆき物語
https://www.snowstory.info/aonounga
小樽運河クルーズ https://otaru.cc

小樽のイベント 小樽雪あかりの路
【日本の冬絶景】ガス灯がともる夕暮れに歩きたい小樽 北海道の雪景色  画像6
(C)Koki Yamada / Shutterstock.com

2月のバレンタインを挟んだ10日間、開催される「小樽雪あかりの路」。のべ2,000人のボランティアの手で灯される、やさしいロウソクの灯りで雪国小樽が夜に浮かび上がります。

小樽雪あかりの路

【開催日時】2020/2/9(日)〜2/16(日) 17:00〜21:00
【住所】「手宮線会場」「運河会場」「朝里川温泉会場」
【入場料】無料
【公式サイト】小樽雪あかりの路 小樽ゆき物語
http://yukiakarinomichi.org

画像
【日本の冬絶景】ガス灯がともる夕暮れに歩きたい小樽 北海道の雪景色  画像7
(C)Shutterstock.com

小樽の町はそれほど広くないので、メインポイントを観光するには1時間もあれば回れます。寒くなったら避難できるお店も多くあるので、冬に観光するのに向いていますよ。

寒いから創り出される日本の冬絶景。今の時期にしか見られないものですから、温かい格好で防寒して、ぜひ訪れたいものです。

注意:記事掲載の情報は、2019年12月現在のものになりますので、詳細につきましては、公式サイトで確認または開催団体へ直接お問い合わせください。


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。