おでかけ

国の有形文化財をホテルに!「シタディーンなんば大阪」グランドオープン

大阪・難波に誕生した長期滞在型ホテル「シタディーンなんば大阪」のオープンに際し、華やかなオープニング式典と内覧会が開催されました。グローバルに展開するシタディーンアパートメントホテルの大阪進出にあたり、日本らしい演出もあり、話題に。
国の有形文化財をホテルに!「シタディーンなんば大阪」グランドオープン 画像1

歴史的な建物を有効活用「シタディーンなんば大阪」
国の有形文化財をホテルに!「シタディーンなんば大阪」グランドオープン 画像2
南海線なんば駅の東側にオープンした「シタディーンなんば大阪」は、高島屋東口別館の建物が利用されています。国の有形文化財となっている建物は、外観の雰囲気や館内の重厚なアールデコ調の内装を残しながらリノベーションされました。館内には高島屋資料館もあるそうですよ。

国の有形文化財をホテルに!「シタディーンなんば大阪」グランドオープン 画像3

華やかなオープニングパーティ
国の有形文化財をホテルに!「シタディーンなんば大阪」グランドオープン 画像4
2020年1月20日のグランドオープンに際し、オープニングセレモニーと内覧会を開催。高島屋の代表取締役社長や、シタディーンホテルを運営するアスコット社のCEO、シンガポール大使館駐日大使などの豪華な顔ぶれが参列するなか、華やかな式典となりました。

国の有形文化財をホテルに!「シタディーンなんば大阪」グランドオープン 画像5

[写真左から]
・株式会社高島屋 代表取締役社長 村田善郎氏
・アスコット社CEO ケビン・ゴー氏
・シンガポール大使館 シンガポール駐日大使 ピーター・タン閣下

大阪地酒の鏡開きで日本らしいオープニングに
国の有形文化財をホテルに!「シタディーンなんば大阪」グランドオープン 画像6

オープニングの式典では、アスコット社の親会社であるキャピタランドグループのCEOリー・チー・クン氏やシンガポール大使館シンガポール駐日大使などの豪華なゲストと共に、鏡開きを実施。大阪で古くから親しまれている地酒が用意され、日本らしいオープニングとなりました。

オープンから1週間、華やかな花々がお出迎え
国の有形文化財をホテルに!「シタディーンなんば大阪」グランドオープン 画像7

グランドオープンを祝し、同ホテルのエントランスやフロント、ロビーには、「ニコライ バーグマン フラワーズ&デザイン」による、鮮やかなフラワーアートが施されています。全ての作品にはシンガポールの国花「蘭」が用いられ、ホテルのイメージに合わせてコンテンポラリーな雰囲気を演出。華やかで目を引くフラワーアートは、1月20日から1週間のみ展示予定となっていますよ。

国の有形文化財をホテルに!「シタディーンなんば大阪」グランドオープン 画像8

【シタディーンなんば大阪】
所在地: 〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋3-5-25
電話: 06-6695-7150
公式サイト: https://www.citadines.com/ja/japan/osaka/citadines-namba-osaka.html

[All photos by シタディーンなんば大阪]
Please do not use the photos without permission.


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。