おでかけ

インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】

神奈川県西部最大の魚市場である小田原漁港、小田原城、熱海や伊豆への遠出に立ち寄る小田原エリア。そんな小田原駅の隣にあるJR早川駅から海に向かって歩くこと約10分の所に、日本初の「漁港の駅TOTOCO(トトコ)小田原」が誕生しました。車じゃなくても行ける漁港の駅には海の幸が満載で、金魚と思いきや実はプリンという驚きの海鮮スイーツも!子供から大人まで、冬でも楽しめることまちがいなしです!
インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像1

小田原が誇るお魚天国!
インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像2
相模湾を前にに2019年11月の冬にオープンした「漁港の駅 TOTOCO小田原」。

インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像3
黒潮が運ぶ多種多様な魚たちを育む小田原の豊かな森と川と海。そんな漁場を表した「魚(とと)の宝庫」という言葉から名付けられたそうでうす。

インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像4
3階建ての各階は小田原の魅力があふれていて、施設内の壁にも可愛らしいイラストのお魚が泳いでいました。

インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像5
1階は、魚や干物などの水産加工品や農産物が並ぶ地場物産販売コーナー。2階は、イタリアンや海鮮のお食事やスイーツまであるフードコート。3階は、漁港直送のお刺身食べ放題の「おさしみ天国・小田原海鮮ゴーゴー」があり、開店からすでに行列でした!

小田原漁港プリン、うにソフトなど新感覚漁港スイーツ!

インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像6
豪華な海鮮のお食事がある2階のフードコート「小田原漁港とと丸食堂」には、見逃せない海モチーフのスイーツがありました!

インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像7
中でも惹かれたのが、お祭りの金魚すくいのような透明の袋に入った「小田原漁港プリン (450円・税込)」。金魚ではなくプリンです!

インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像8
小田原漁港をイメージした金魚鉢の器の中に、下の段には、ミルク風味のなめらかカスタードプリン、上の段はカラフルゼリーの2層仕立てで入っています。

インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像9
大人もワクワクする魚の游ぐ海のようなプリン。

インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像10
このキラメキはずっと眺めていたいほど。

インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像11
晴れた空に透かしてみると、色が反射して、ダイビングをしているような気分になりますね。

インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像12
ほかにも、まろやかなウニの風味の「うにソフト(500円・税込)」、濃厚でなめらかな「ジャージーミルクソフト(400円・税込)」、サクサクフレークとカニ爪の身が甘じょっぱい「チョキチョキソフト(750円・税込)」など、漁港ならではの斬新スイーツに、「タピオカ 黒糖ミルク・抹茶ラテ(各450円・税込)」、「ニューサマーオレンジソーダ(450円・税込)」などオシャレで爽やかなドリンクも豊富。

海鮮三昧!がっつりお食事!
インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像13
海鮮山盛りのとと丸頂上丼、南まぐろ赤身丼、ウニ贅沢丼、港のお刺身定食、漁港のミックスフライ定食など丼もの定食のほか、つゆに焼津の鰹節を使った蕎麦、千年井田塩ベースの牡蠣ラーメンなど麺類にも貝類・エビ・カニなどの旨味がたっぷりです!

オーシャンビューでしめくくり!
小田原の海の恵みに生きる人々がここでは暖かく迎えてくれます。

インスタ映え確実!日本初「漁港の駅 TOTOCO小田原」で、快晴に游ぐお魚プリンを発見!【神奈川県】 画像14
インパクト大ボリューム満点の海鮮食事に舌鼓をうったら、2階3階のテラスや施設の隣の広場で、日本三大深湾のひとつ相模湾の絶景を望んで、海のもたらす「宝」を体いっぱいお腹いっぱい楽しんでみてはいかがでしょう。

*2019年11月の情報ですので、予めご了承ください。

漁港の駅 TOTOCO 小田原
住所:〒250-0021 神奈川県小田原市早川1番地の28 小田原漁港交流促進施設
TEL:0465-20-6336
営業時間: 9:00~17:00(L.O.16:00まで)
定休日:年中無休(営業時間は季節によって変更あり)
交通:JR「早川駅」から徒歩約10分
HP:https://www.totoco-odawara.com/

[All photos by kurisencho]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。