おでかけ

蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン

蔵王連峰の西麓にある蔵王温泉に、新コンセプトの施設「Zao Onsen 湯旅屋 高湯堂」が開業しました。日本初「温泉コーデショップ」として、温泉グッズの販売のほか、休憩したり遊べるスペースも。どこか懐かしくもありモダンな雰囲気になっていますよ。
蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像1

蔵王温泉のクラシックモダンな新ショップ「Zao Onsen 湯旅屋 高湯堂」
蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像2

蔵王温泉の温泉街のメイン通り「高湯通り」に、新しくオープンした「Zao Onsen 湯旅屋 高湯堂」。日本初の温泉コーデショップとして、温泉を楽しめるさまざまなグッズを販売しているほか、ひと休みできるスペースも併設しています。蔵王温泉で、お土産を探したりしながらシックな時間を過ごせそうですよ。

蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像3

新コンセプト「温泉コーデショップ」
蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像4

「Zao Onsen 湯旅屋 高湯堂」では、温泉風情のある下駄や雪駄、手ぬぐいなどのアイテムを販売。木製の湯桶や風呂椅子などのお風呂で使える商品や、サニタリー用品も販売しています。温泉の思い出をそのままに、自宅でも重宝しそうな品が揃います。

蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像5

和風モダンな可愛いアイテム
蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像6

草履や雪駄、もんぺに巾着、竹かご、手ぬぐいといった日本の伝統的なアイテムも、「Zao Onsen 湯旅屋 高湯堂」では、カラフルで可愛らしい今どきのデザインがそろいます。お土産としても喜ばれそうですね。

蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像7

東北の民芸品も現代風にアレンジ
蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像8

東北の代表的な伝統民芸品「こけし」も、スタイリッシュなデザインに。頭におにぎりやダルマがのっていたり、こけし自体が動物の顔だったりと、可愛らしいアレンジこけしが並びます。

懐かしいゲームもできる「休憩スペース」
蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像9

温泉コーデショップの隣には、ひと息つける「休憩スペース」も完備。まち歩きの途中や、お買い物の休憩に丁度良く利用できそうな、落ち着いた雰囲気の空間です。

蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像10

休憩スペースにはテーブルゲームも置いてあるので、ひと休みついでに楽しんでみては? 和心のあるトランプや将棋、木製のオセロなど、懐かしいゲームが用意されていますよ。「こけし型」チェスなど、山形ならではのアイディアも。

蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像11

Zao Onsen 湯旅屋 高湯堂のオリジナル商品
「Zao Onsen 湯旅屋 高湯堂」では、センスの光るオリジナルの自社商品も販売しています。お菓子やサイダーのほか、お客さまの要望で販売に至った温泉ならではの商品にも注目です。

蔵王の新定番お菓子「森の小さな足音」
蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像12

2017年に誕生した蔵王の新しい手土産菓子「ZAO 12 SEASONS森の小さな足音」は、創業約400年という老舗菓子店とコラボして誕生したチョコレートクランチ。蔵王の森に棲む動物たちが描かれた可愛いパッケージも魅力です。
5個入り(ミルクチョコ): 500円(税別)
10個入り(ミルクチョコとホワイトチョコ各5個): 950円(税別)

湯上りに飲みたくなる「クラシックサイダー」
蔵王温泉に和モダンな新しい空間が誕生!日本初の“温泉コーデショップ”がオープン 画像13

同施設の1月のグランドオープンをきっかけに発売となった、高湯堂オリジナルのサイダー。ボトルのラベルには、高湯通りが描かれているほか、高湯通りで目撃することもあるニホンカモシカや蔵王温泉の神様と言われる天狗のイラストも。湯上りに思わず手が伸びてしまいそうな、懐かしい味に仕上がっているそうですよ。蔵王温泉の魅力がデザインされていて、お土産にもぴったり。
クラシックサイダー::1本250円(税別)

お客さまから注目されるオリジナルロゴ入り「買い物桶」
1月のオープン以来、お客さまに注目を集めているのが、ヒノキの買い物桶。湯桶を表す丸い輪郭のロゴ周りに、湯気がもくもくしているのを表現した可愛いイラストがあしらわれています。お店を入ってすぐの正面に置いてあり、多くの方から欲しい! という声があったことで、2月10日から販売を開始するそうですよ。

高湯堂オリジナル湯桶:6,000円(税別)
 
【Zao Onsen 湯旅屋 高湯堂】
所在地: 〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉19
営業時間: 09:30~12:00、14:00~19:30
休業日: 2月は無休、3月は火・水曜日
※ 4月から営業時間・休業日が変更予定
公式サイト: https://zao-takayudo.jp/

1月にオープンしたばかりの「Zao Onsen 湯旅屋 高湯堂」。新しいコンセプトで温泉の滞在がさらに色濃くなるような、和要素たっぷりのアイテムが揃っています。初めての方や海外からの観光客にとってはもちろん、今まで蔵王温泉に行ったことがある方にとっても、新たな発見がありそうな注目のお店です。

写真・情報協力: 株式会社LABEL LINK

[All photos by Zao Onsen 湯旅屋 高湯堂]
Please do not use the photos without permission.


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。