おでかけ

名画がズラリと並ぶ!ウィーンの「アルベルティーナ美術館」が想像以上に素晴らしかった【オーストリア】

誰も教えてくれなかった「アルベルティーナ美術館」の素晴らしさ。一般的に、どんな美術館へ行っても、その人なりに、好きな作品とそうでない作品があると思いますが、この美術館、全部が傑作と呼べるものばかり! こんな美術館そうそうないです。マストゴー! ですよ。
名画がズラリと並ぶ!ウィーンの「アルベルティーナ美術館」が想像以上に素晴らしかった【オーストリア】 画像1

旅行ガイド本ではなぜか小さい扱い
名画がズラリと並ぶ!ウィーンの「アルベルティーナ美術館」が想像以上に素晴らしかった【オーストリア】 画像2
世界各地へ旅に出る時、基本的に市販の旅行ガイド本を買って参考にされる方も多いと思います。しかし、誰もが知る有名美術館や博物館には詳細な説明があっても、それほど有名でない美術館はそれなりの説明しかない場合があります。

名画がズラリと並ぶ!ウィーンの「アルベルティーナ美術館」が想像以上に素晴らしかった【オーストリア】 画像3
旧市街の旧王宮に隣接する「アルベルティーナ美術館」、結構有名であるはずなのに、日本のガイド本にはどれも同じく数行の簡単な説明しかありません。ですので、それほど期待はしていませんでしたが・・・行ってみてビックリ! そのクオリティーに驚かされました。

モネ、ピカソ、マグリット、シャガール・・・名作がズラリ
名画がズラリと並ぶ!ウィーンの「アルベルティーナ美術館」が想像以上に素晴らしかった【オーストリア】 画像4
フランス印象派から現代美術に至る、珠玉のコレクションの数々。そのレベルの高さには目を奪われます。18世紀半ばから後半、ハプスブルク帝国の女帝となったマリアテレジアの妹の夫、アルベルト公が収集した素描100万点以上をはじめ、名作が所蔵されています。

名画がズラリと並ぶ!ウィーンの「アルベルティーナ美術館」が想像以上に素晴らしかった【オーストリア】 画像5
ピカソ、マグリット、モディリアーニ、ジョルジュブラック、カンディンスキー、ミロ、クリムトほか有名画家の作品はもちろんですが、それほど著名でない作家たちの作品も素晴らしいのです。

名画がズラリと並ぶ!ウィーンの「アルベルティーナ美術館」が想像以上に素晴らしかった【オーストリア】 画像6
デューラーやミケランジェロ、レンブラント、シーレ、クリムトの素描も豊富に所蔵されています。

名画がズラリと並ぶ!ウィーンの「アルベルティーナ美術館」が想像以上に素晴らしかった【オーストリア】 画像7
アルベルト公の審美眼の高さが伺えますよね。現代に生きていらしたら、きっと凄腕のキュレーターになられていたでしょう。

名画がズラリと並ぶ!ウィーンの「アルベルティーナ美術館」が想像以上に素晴らしかった【オーストリア】 画像8
「アルブレヒト・デューラー」や「ファン・ゴッホ」、「ラファエロ」の特別展など、目玉の展覧会も開かれますから小まめにHPをチェックしましょう。写真はジャコメッティの彫刻。

館内の広さもちょうどよく、疲れません
名画がズラリと並ぶ!ウィーンの「アルベルティーナ美術館」が想像以上に素晴らしかった【オーストリア】 画像9
大きな人気美術館は、楽しいのですが、短期間の旅程の中で一気に回るのは疲れませんか? もちろん、何度でも通えればよいのですが。しかし、アルベルティーナ美術館は、そのほど広過ぎず、狭すぎず、2時間あれば十分にゆっくり見られます。

名画がズラリと並ぶ!ウィーンの「アルベルティーナ美術館」が想像以上に素晴らしかった【オーストリア】 画像10
こちらの建物は、旧ハプスブルク家邸宅としても利用されていたこともあり、優美な建築装飾も楽しむことができます。いつも見学客は多いのですが、日本の企画展の込み具合を考えれば驚くべきものではありませんので余裕をもって絵画鑑賞を楽しめます。

名画がズラリと並ぶ!ウィーンの「アルベルティーナ美術館」が想像以上に素晴らしかった【オーストリア】 画像11
ミュージアムショップも充実しています。さすが当館の看板作家、デューラーのウサギものアイテムは豊富です。チェックしましょう!

アルベルティーナ美術館
住所:Albertinaplatz 1, 1010 Vienna
電話番号:+43(0)1 53483
開館時間:10:00~18:00(水・金曜~21:00) 無休
入場料:16.90ユーロ(シニア、学生割引あり)
HP:https://www.albertina.at/lang/ja/

[All photos by Sachiko Suzuki]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。