おでかけ

93種類のお茶が楽しめる!金沢棒茶・台湾茶が楽しめるカフェ「チャノキカナザワ」がオープン

石川県金沢市には、日本三名園の一つである兼六園や、SNSでも話題の金沢21世紀美術館などがあり、観光を楽しむ人々で賑わっています。そんな金沢にこの度、金沢と台湾のお茶や文化を感じられるカフェ「チャノキカナザワ」が、2月13日(木)11:00にオープンします。
93種類のお茶が楽しめる!金沢棒茶・台湾茶が楽しめるカフェ「チャノキカナザワ」がオープン 画像1

チャノキカナザワについて
93種類のお茶が楽しめる!金沢棒茶・台湾茶が楽しめるカフェ「チャノキカナザワ」がオープン 画像2
コンセプトは、“お茶を介して人と文化が交わる場所・POST TEA”。金沢と台湾のお茶や文化、人を通してさまざまな人の集まる交流の場に、人と文化が交わるPOST(柱)になることなっていきたいという想いが込められています。

メニュー
お茶
93種類のお茶が楽しめる!金沢棒茶・台湾茶が楽しめるカフェ「チャノキカナザワ」がオープン 画像1
全3種類の金沢棒茶・台湾茶を用意し、1杯ずつ丁寧にハンドシェイクして提供。厳選した茶葉から抽出したお茶を、様々な材料とブレンドし、楽しさと美味しさの両方を感じることができます。バリエーションは93種類と豊富にあるため、あなた好みの一杯を見つけてみてください。

93種類のお茶が楽しめる!金沢棒茶・台湾茶が楽しめるカフェ「チャノキカナザワ」がオープン 画像4
左からイチゴ、抹茶、ブリュレ

トッピングは全7種類。黒糖タピオカのほか、チーズクリーム、マスカルポーネチーズ、ブリュレ、フレーバーにはイチゴ、紫芋、抹茶が用意されています。

蜜香紅烏龍
93種類のお茶が楽しめる!金沢棒茶・台湾茶が楽しめるカフェ「チャノキカナザワ」がオープン 画像5
茶水が紅みがかった色をしており、蜜のような甘い香りがすることからその名がついた、蜜香紅烏龍。茶葉をウンカという虫に噛ませ、茶葉がその傷を自ら癒やそうとする働きによって、独特の甘さと芳醇な香りが生み出される、台湾独自の製法で作られたお茶です。本場でしか味わえない、貴重な一杯をどうぞ。

ドーナツ
93種類のお茶が楽しめる!金沢棒茶・台湾茶が楽しめるカフェ「チャノキカナザワ」がオープン 画像6
老舗お茶製造会社、丸八製茶場の「棒茶」を使用した香り高い棒茶ドーナツや、金沢の五郎島金時を使用したスイートポテト風ドーナツ。金箔を使用したチャノキ金箔ドーナツなど、全16種類のドーナツが用意されています。写真映えバッチリな見た目も特徴です。

店名   : チャノキカナザワ
所在地  : 石川県金沢市竪町101-1 宮下ビル1F
TEL    : 076-255-6564
オープン日: 2020年2月13日(木)
営業時間 : 11:00~19:00
定休日  : 毎週水曜日
席数   : 24席
公式ページ: https://cyanoki.com/

@PRESS


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。