おでかけ

【新型コロナウイルス:速報】フィンランドの最新現地事情、在住者が現地レポート

北欧フィンランドの公共放送YLEでも連日トップニュースで新型コロナウイルスについて報道しています。最新現地情報と現在のヘルシンキ空港の様子を在住者がお伝えします。
ヘルシンキ空港

フィンランド国内における現在の状況
1月29日(水)、フィンランドで初めてとなる新型コロナウイルス(2019-nCoV)の症例が発生しました。本件についてフィンランド保健福祉研究所(THL)が1月30日に出したプレスリリースは、以下の通りです。

1月29日(水)、フィンランドで初めてとなる新型コロナウイルス(2019-nCoV)の症例がラップランド中央病院に入院していた中国武漢からの観光客1名から検知され、現在この患者は同病院で隔離中。

フィンランドにおける、新型コロナウイルスの拡散のリスクは非常に低く、心配する必要はない。

病院当局は感染の可能性がある15名の健康状態を14日間にわたりモニターする。

フィンランドの病院は隔離によるコロナウィルスの診察や処置への対応が十分に整っている。

参照先:
フィンランド保健福祉研究所(THL)https://thl.fi/en/web/thlfi-en

現在のヘルシンキ空港の様子は?
フィンランド航空(フィンエアー)によると、引き続き、3月1日(日)〜3月28日(土)までの期間も、中国本土とフィンランド間のフライトは全てキャンセル、また香港へのフライトは2便のうち1便はキャンセルするとのことです。

先日筆者は、出張先の日本からフィンランド航空でヘルシンキに戻りましたが、ヘルシンキ空港において、日本到着便に対しての検疫や健康チェックなどは行われていない状況でした。通常通りスムーズな入国でした。空港内は中国人観光客が圧倒的に少ないことを肌で感じました。

またヘルシンキ空港では、空港内施設の消毒を徹底し、ウイルスを入れない対策を管理、実行しているとのことです。

フィンランド政府は冷静に対応し、現状ヘルシンキ市内の様子はいつもと変わらず落ち着いた様子で、特に変わりはありませんが、消毒液などは薬局でも品薄状態が続いています。

THLはフィンランドおける感染リスクは低いと発表していますが、潜伏期間、感染力などいまだ明らかになっていない点もあることから、フィンランドに渡航・滞在中の方は、厚生労働省、世界保健機関(WHO)やTHLのウェブサイト等を参考にしてください。

マスク着用について
フィンランドでは日本のように、マスクを着用する習慣がないため、日本人観光客がマスクをつけて街を歩いていると、「何か感染症や重病を持っているのでは?」と不安に思うフィンランド人も少なくないようです。万が一、マスク着用について聞かれた際には、「風邪を他人にうつさないための気遣い、風邪を他人からもらわないための予防策で使用している」など説明できるように準備しておくと良いかもしれませんね。

参考元
世界保健機関 (WHO)https://www.who.int/health-topics/coronavirus
ヘルシンキ・ヴァンター空港 (FINAVIA) https://www.finavia.fi/en
フィンランド航空 (FINNAIR) https://www.finnair.com/fi-en

[All photos by Yuko Räsänen]
Do not use images without permission

>>世界のコロナウイルス情報はこちらから


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。