おでかけ

「女子旅xスナック」昭和な雰囲気の町で夜さんぽ。彦根の新たな魅力発見

大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀のゆかりの地として知られ、またNHKの連ドラ「スカーレット」の舞台ともなり、注目を集める滋賀県。そんな滋賀県の彦根市で、女子旅の新プロモーションが登場しました。滋賀県の新たな魅力に触れられそうですよ。
「女子旅xスナック」昭和な雰囲気の町で夜さんぽ。彦根の新たな魅力発見 画像1

女子から再注目?スナックの魅力
「女子旅xスナック」昭和な雰囲気の町で夜さんぽ。彦根の新たな魅力発見 画像2
フラットなコミュニケーションと昭和の雰囲気を味わえる場として、女性たちに注目を集めているといわれるスナック。京都造形大学の学生が発行したフリーペーパー「彦根夜さんぽ」をヒントに、スナックが軒を連ねる彦根城の城下町、袋町にスポットを当てた企画がたちがりました。

江戸時代初期からの歴史が残る彦根市の袋町
「女子旅xスナック」昭和な雰囲気の町で夜さんぽ。彦根の新たな魅力発見 画像3
彦根城の少し南にある一帯、袋町エリアはどこか懐かしさを感じさせる飲食店が立ち並んでいます。元禄8年頃には米屋が10軒、大工7軒、煙草屋・塩屋が各5軒など、全部で23種類のさまざまな職種の住民で賑わっていた町だそうですが、この時代には飲食関係の店はなく、禅門や尼など、仏門に入った人が多かったのが特徴なのだとか。当時とは全く別の顔を見せる現在の袋町。飲食街へと発展したのは、江戸時代末期から明治以降と考えられているそうです。

まずは抑えておきたい!彦根の名所「彦根城」
「女子旅xスナック」昭和な雰囲気の町で夜さんぽ。彦根の新たな魅力発見 画像4
(c)Shutterstock.com

彦根というと、まずは彦根城を思い浮かべる人も多いのでは?徳川家康の命により慶長9年(1604年)に着工、20年の歳月をかけ築城されました。当時の天守が残っている貴重さから、国宝に指定されています。彦根城域では、彦根市の人気マスコット「ひこにゃん」が毎日3回登場し、パフォーマンスをしているそうですよ。

【彦根城】
所在地: 〒522-0007 滋賀県彦根市金亀町1-1
電話: 0749-22-2954
公式サイト: https://www.hikoneshi.com/jp/castle/

彦根の魅力をインスタグラマーが体験
「女子旅xスナック」昭和な雰囲気の町で夜さんぽ。彦根の新たな魅力発見 画像5
袋町のスナックを巡る「彦根夜さんぽ」を、3人の女性インスタグラマーが実際に体験しました。日中に彦根城に訪れたり、ひこにゃんに挨拶したり、玄宮園を巡ったあとは、袋町のスナックへ。

「女子旅xスナック」昭和な雰囲気の町で夜さんぽ。彦根の新たな魅力発見 画像6
ゴルフ体験もできるという高級感漂うスナック「リーダーズバー」や、54年続く老舗スナック「ウルワシ」で、ママとおしゃべりしたり、小鉢料理を楽しんだり。地元の人と触れ合える楽しい時間となったようですよ。体験したインスタグラマーからは、「お酒が飲めなくても、楽しめた」といったコメントも。

「女子旅xスナック」昭和な雰囲気の町で夜さんぽ。彦根の新たな魅力発見 画像7
インスタグラマーが体験したモニターツアーはYoutubeでも紹介されています。

彦根の新しい魅力を発見「彦根夜さんぽツアー」
「女子旅xスナック」昭和な雰囲気の町で夜さんぽ。彦根の新たな魅力発見 画像8
彦根城や夜の袋町を巡るモニターツアーが、2020年3月7日(土)実施で企画されています。名所を巡ったあとに、彦根駅発着で午後から楽しむこのツアーは、名所を巡った後に地元のお店で地元の雰囲気をどっぷり満喫する、観光の楽しみが詰まった内容となっていますよ。申込は2月26日(水)まで、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

【彦根夜さんぽツアー】
ツアー催行日: 2020年3月7日(土)
参加費用: 税込6200円 (参加費用は当日現金で支払い)
催行予定人数: 20名
参加申込フォームURL: https://form.run/@hikoneyorusanpo

[Value Press]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。