おでかけ

進化する空の玄関口「ヘルシンキ・ヴァンター国際空港」の“今”を現地ルポ【フィンランド】

フィンランドは日本からヨーロッパへ一番近い国、として日本の各主要都市からヘルシンキまでは毎日直行便でフィンランド航空と日本航空が飛んでいます。フライト時間は9時間30分ほどとあっという間に到着します。フィンランドのみならずヨーロッパ諸国への乗り換え、ハブ空港として、日本人にとっても重要な空港の一つです。今回はヘルシンキ在住の筆者が現地の様子をレポートします!
進化する空の玄関口「ヘルシンキ・ヴァンター国際空港」の“今”を現地ルポ【フィンランド】 画像1
(C)Yuko Räsänen

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港
フィンランドの首都、ヘルシンキの北に位置するヴァンターにある空港です。1と2のふたつのターミナルを擁し、日々、世界各国の航空会社の便が乗り入れしています。ターミナル1に発着する航空会社は、ルフトハンザ ドイツ航空、スカンジナビア航空などです。ターミナル2に発着する航空会社は、フィンエアー、日本航空などです。フィンエアーや日本航空は、日本とフィンランドを直行便で結んでいますので、日本人旅行客の利用頻度が高いのはターミナル2になります。

フィンランドの空の玄関口、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港は現在、ターミナル増設に伴う大規模工事の真っ只中です。ターミナルのみならず、建物正面の入り口や到着ロビーなども日々慌ただしく変化し、アップデートされています。昨年2019年秋には新たに40番台後半のゲートが新しくオープンしました。

デザイン性の高い内装とアジアマーケットを意識したシップ展開
進化する空の玄関口「ヘルシンキ・ヴァンター国際空港」の“今”を現地ルポ【フィンランド】 画像2
(C)Finavia

新しくオープンしたゲート付近には、大型スクリーンにフィンランドの四季折々の大自然を映し出した癒しの空間が広がります。乗客は中央のソファで思い思いにフライト前の時間をリラックスして過ごす、空港でのリラクゼーションスポットとして人気を集めています。

また、壁にはフィンランドの現在の時刻、天気気温などの情報や、地域ごとのマップとイメージが映し出されフィンランドへの観光客を意識した各都市のプロモーションも担っています。こういったセンスのあるプレゼンテーションは、フィンランドは抜群に上手だと思います。

進化する空の玄関口「ヘルシンキ・ヴァンター国際空港」の“今”を現地ルポ【フィンランド】 画像3
(C)Finavia

フィンランドといえば、日本でも大人気のテキスタイルブランド「マリメッコ(Marimekko)」のショップも新しくできています。さらにフィンランドを代表するブランド「イッタラ」、「ムーミンショップ」などがオープンしましたので、搭乗前の時間も有効活用できるのが嬉しいですね。

進化する空の玄関口「ヘルシンキ・ヴァンター国際空港」の“今”を現地ルポ【フィンランド】 画像4
(C)Finavia

そして昨年春には、新しく「ムーミンカフェ」がオープンしたので、フライトまでの時間を有意義に過ごすことができます。またアジア人客を意識した「ラーメン屋」も登場しました。

空港内には、無料Wi-Fiが完備されており、誰でも利用可能です。刷新された空港施設を賢く利用しましょう。

進化する空の玄関口「ヘルシンキ・ヴァンター国際空港」の“今”を現地ルポ【フィンランド】 画像5
(C)Finavia

窓際の至る所には、デザイン性の高いチェアやソファが完備され、搭乗や乗り換え待ちの時間は、ここでくつろぎながら飛行機を眺めることが可能になりました。

進化する空の玄関口「ヘルシンキ・ヴァンター国際空港」の“今”を現地ルポ【フィンランド】 画像6
(C)Yuko Räsänen

ターミナルが広いため、歩くエスカレーターも設置され、重い荷物を持っての移動も楽になりました。木のぬくもりがある内装で壁にはフィンランドに生息する動物たち、トナカイやエゾシカなどが模様になっており、遠くからみると動物が歩いているように見え、旅がより一層楽しくなる仕掛けがあります。

進化する空の玄関口「ヘルシンキ・ヴァンター国際空港」の“今”を現地ルポ【フィンランド】 画像7
(C)Yuko Räsänen

お掃除ロボットも稼働。空港内は清潔で綺麗な印象です。

進化する空の玄関口「ヘルシンキ・ヴァンター国際空港」の“今”を現地ルポ【フィンランド】 画像8
(C)Yuko Räsänen

窓から外の景色。

世界一クリーンな水道水が飲める空港
空港を降りてトイレに行くとまず目の前に登場するのがこの水道水。フィンランドは森と湖に囲まれた国で、澄んだ空気と透き通った綺麗な水が贅沢にも身近にあります。水道の蛇口を捻るとキンキンに冷えた美味しい水をそのまま飲むことが可能です。ペットボトルの水を買うよりも水道水の水が美味しいと言われているほどです!

進化する空の玄関口「ヘルシンキ・ヴァンター国際空港」の“今”を現地ルポ【フィンランド】 画像9
(C)Yuko Räsänen

ヘルシンキ・ヴァンター空港を利用される方はぜひ空っぽのペットボトルを持参で、このトイレに設置されている水道水を、フライト前にボトルに入れて味わって見るのも良いでしょう。ちなみにペットボトルを買うと、2,5ユーロから3ユーロほどかかるので、水道水の水は美味しい上にお得です。

進化する空の玄関口「ヘルシンキ・ヴァンター国際空港」の“今”を現地ルポ【フィンランド】 画像10
(C)Yuko Räsänen

さらに空港の外に出ると、澄んだ綺麗な空気を吸うことができます。思い切り深呼吸してフィンランドの美味しい空気を感じてみてください。長旅の疲れがリフレッシュできることでしょう。

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港
住所:01531 Vantaa
電話番号: +358 0200 14636
HP: https://www.finavia.fi/en/airports/helsinki-airport

[Photos which has name by Yuko Räsänen]
Do not use images without permission


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。