おでかけ

【お花見特集2020】樹齢千年を超えるエ天然記念物のエドヒガン桜「樽見の大桜」

春の陽気とともに待ち遠しくなる桜の開花。豪快に咲き誇るピンクの花に、心躍らせたことはありませんか? 見慣れた桜景色を今年も見られる喜びもありますが、まだ見ぬ桜の風景を求めて旅してみてはいかがでしょう。全国に点在する桜の名所を特集でご紹介します。今回紹介する兵庫県の「樽見の大桜」、樹齢千年を超すと言われる天然記念物のエドヒガン桜で、地元の人々からは「仙桜」との愛称で親しまれています。樹木医によって衰弱していた時期を乗り越え回復したものの、また新たな問題が。現在も治療が続けられながらも、見事な咲きっぷりを見せてくれていますよ。
【お花見特集2020】樹齢千年を超えるエ天然記念物のエドヒガン桜「樽見の大桜」 画像1

貫禄の佇まい「樽見の大桜」
【お花見特集2020】樹齢千年を超えるエ天然記念物のエドヒガン桜「樽見の大桜」 画像2
兵庫県養父市、山の斜面に佇む「樽見の大桜」は、樹高13.8m、幹回り6.3mもの大きな桜で、国の天然記念物に指定されています。樹齢千年を超えると言われ、その昔は丹波国の大きな藩のひとつ、出石藩のお殿様が花見に訪れたと伝えらています。地元の人からは「仙桜」と呼ばれ、親しまれているそうですよ。

治療によって蘇った桜…今も治療が続く理由
【お花見特集2020】樹齢千年を超えるエ天然記念物のエドヒガン桜「樽見の大桜」 画像3
1993(平成5)年には、枯死寸前まで衰弱していたという「樽見の大桜」。1997(平成9年)から、樹木医による本格的な樹勢回復事業が開始され、不定根の育成や土壌改良、灌水などの治療によって樹勢が回復しました。その後2010(平成22)年に、今度は土の中の根を枯らす白紋羽病が拡大していることが分かり、新たな治療を開始。現在も養父市のもと、樹木医による治療が継続されています。

「樽見の大桜」の見学について
【お花見特集2020】樹齢千年を超えるエ天然記念物のエドヒガン桜「樽見の大桜」 画像1
「樽見の大桜」は常時開放されているので、自由に見学することができます。但し夜のライトアップなどはなく、夕方以降は明かりないので、野生動物などが出没する可能性があるそうなので、十分注意してくださいね。開花時期に合わせ、週末(土・日曜日)には地元の「樽見の大桜保存会」による、物販が実施される予定です。

【樽見の大桜】
所在地: 兵庫県養父市大屋町見樽見
電話: 079-663-1515(やぶ市観光協会)
ライトアップ:なし
桜まつり:なし
駐車場:あり(約20台程度)
※ 大型バスは口大屋コミュニティーセンターへ駐車
[アクセス]
・公共交通機関:JR山陰本線「八鹿駅」より全但バス明延線「中村下」下車、徒歩約45分
・車:北近畿豊岡自動車道「養父IC」もしくは「八鹿氷ノ山IC」より約15分
公式サイト:https://www.yabu-kankou.jp/sightseeing/tarumi-sakura

2020年開花状況の見込みは?
「樽見の大桜」の桜の見頃時期の目安は例年4月上旬~中旬ですが、2020年2月20日発表の日本気象株式会社の情報によると、近畿地方の開花時期は平年より早いか平年よりかなり早い見込みと予想されています。

今後の気象状況で予想は変動することがあるので、情報を随時ご確認くださいね。

日本気象株式会社: 2020年桜の開花・満開予想

[情報協力・写真鉄橋:やぶ市観光協会]
Please do not use the photos without permission.


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。