おでかけ

【お花見特集2020】多くの人に守られてきた樹齢千五百年の老木「根尾谷淡墨ザクラ」

春の陽気とともに待ち遠しくなる桜の開花。豪快に咲き誇るピンクの花に、心躍らせたことはありませんか? 見慣れた桜景色を今年も見られる喜びもありますが、まだ見ぬ桜の風景を求めて旅してみてはいかがでしょう。全国に点在する桜の名所を特集でご紹介します。今回紹介する岐阜県の「根尾谷淡墨ザクラ」は、日本三大桜のひとつに数えられる天然記念物の桜です。一時は枯死寸前とまで言われた老木が感動的に回生し、現在もなお見事に花を咲かせます。
【お花見特集2020】多くの人に守られてきた樹齢千五百年の老木「根尾谷淡墨ザクラ」 画像1

日本三大桜のひとつ「根尾谷淡墨ザクラ」
【お花見特集2020】多くの人に守られてきた樹齢千五百年の老木「根尾谷淡墨ザクラ」 画像2
岐阜県本巣市、根尾西谷川沿いの薄墨公園内にどっしりと構える「根尾谷薄墨ザクラ」。日本三大桜のひとつであり、国の天然記念物に指定されています。

つぼみから散りぎわにかけて花の色が変化

【お花見特集2020】多くの人に守られてきた樹齢千五百年の老木「根尾谷淡墨ザクラ」 画像1
つぼみは薄いピンク、開花から満開までは白い花を咲かせ、散りぎわにかけて淡い墨色を帯びてくるのが特徴という「根尾谷薄墨ザクラ」。このような花の色の特徴から、この名が付いたのだそうです。

多くの人の手で守られ回生した現在の姿
【お花見特集2020】多くの人に守られてきた樹齢千五百年の老木「根尾谷淡墨ザクラ」 画像4
樹齢1,500年ともいわれる老木が最初に大きな傷を負ったのは、大正初期のことでした。大雪のために本幹に亀裂が生じ、その後大切に保護されつつも、一時は枯死するのではといわれるほどの状態に。詳しい調査の結果、回生可能と判断されて、昭和24年に再生プロジェクトが始まりました。

根の腐朽の原因だった白蟻を駆除し、近くの山桜の若根から根接ぎを施し、土壌の入れ替えや肥料を与えるなどさまざまな措置がとられました。治療中に積雪があった時は、多くの人が除雪に協力。施術後の薄墨桜は驚きの発育を見せ、昔の姿を取り戻すほどまで回復したことに多くの人が喜んだといいます。たくさんの人の手によって助けられ、今も美しく咲き誇る姿を見せてくれます。

【根尾谷淡墨ザクラ(ねおだにうすずみざくら)】
所在地:岐阜県本巣市根尾板所字上段995
電話:0581-34-3988 (本巣市観光協会)
公式サイト:http://www.motosukankou.gr.jp/01_event/01_01_01.html
※ 毎年LED照明を使って実施されていた夜桜ライトアップですが、2020年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止となりました。

2020年開花状況の見込みは?
「根尾谷淡墨ザクラ」の桜の見頃時期の目安は例年4月上旬頃ですが、日本気象株式会社の情報によると、甲信地方の開花時期は平年よりかなり早い見込みと予想されています。

今後の気象状況で予想は変動することがあるので、情報を随時ご確認ください。

日本気象株式会社: 2020年桜の開花・満開予想

[情報協力・写真提供:本巣市観光協会]
Please do not use the photos without permission.


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。