おでかけ

【魅力のイタリアン】週に3日だけ営業するイタリアンカフェ|たったひとつを叶える旅<95>

今回のたったひとつは、日光市と宇都宮市との境、旧今市市内にある、イタリアンカフェ「GLYPH(グリフ)」。週に3日だけ営業するこの古民家カフェでは、日光の地野菜をメインに、荻窪店で出している爽やかな辛みのルッコラなど武蔵野野菜が使用されるヘルシーなイタリアン料理を堪能できます。口コミで人気のレストランをマークしておきましょう。
【魅力のイタリアン】週に3日だけ営業するイタリアンカフェ|たったひとつを叶える旅<95> 画像1

旅の目的は「たったひとつ」で良い

旅の目的は「たったひとつ」が潔いと思いませんか。
あれもこれもと盛りだくさんは、大人には野暮というもの。情報が氾濫している現代だからこそ、余計なものは削ぎ落として、自分の「たったひとつ」を選び取るのが粋。旅の荷物はシンプルに、期待だけを詰めて。

私たちがまだ訪れたことのない、未知の場所や絶景。
笑顔で迎えてくれる、あたたかい地元のひと。
生産地ならではの、新鮮で美味しいもの。

珠玉のように散らばる日本各地の魅力を発信する「ONESTORY(ワンストーリー)」。「ONE=1ヵ所」を求めて日本を旅するメディアから、私たちの「たったひとつ」が見つかりそうです。

魅力のイタリアン
【魅力のイタリアン】週に3日だけ営業するイタリアンカフェ|たったひとつを叶える旅<95> 画像1

上写真:「パスタセット」ドリンクバー、サラダ、スープ、デザート。

イタリアンが食べたいな。
明るくて
親しみやすくて
分かりやすくて
美味しいから。

ピッツアも、パスタも、リゾットも大好き。
肉だけでなく、魚介類のメニューが豊富なのも、日本人には嬉しいもの。

ブルスケッタやカプレーゼなどアンティパストは好きなものばかりで迷うし、
ティラミスやパンナコッタのドルチェは別腹。

イタリアンって、どうしてこんなに魅力的なのかしら。

週に3日だけ営業するイタリアン
【魅力のイタリアン】週に3日だけ営業するイタリアンカフェ|たったひとつを叶える旅<95> 画像3

日光市と宇都宮市との境、旧今市市内にある、イタリアンカフェ「GLYPH(グリフ)」。荻窪でイタリアンレストランを営むオーナーが、日曜日~火曜日の週3日間だけ開く日光店。通りからは見つけにくい、森や畑に囲まれた古民家レストランは、口コミで人気を集めています。

地野菜と武蔵野野菜をふんだんに使ったヘルシーイタリアン
【魅力のイタリアン】週に3日だけ営業するイタリアンカフェ|たったひとつを叶える旅<95> 画像4

日光の地野菜をメインに、荻窪店で出している爽やかな辛みのルッコラなど武蔵野野菜が使用されるヘルシーなイタリアン。

7種類盛り込まれた前菜は目にも楽しい
【魅力のイタリアン】週に3日だけ営業するイタリアンカフェ|たったひとつを叶える旅<95> 画像5

「グリフ日光セット」は、ドリンクバー、前菜プレート、デザートがセット。前菜プレートには「さつまいものポタージュ」「白モツのトマト煮込み」「キノコのマリネ」「シンプルグリーンサラダ」「キノコのレモンマリネ」「フリッタータ カポナータ添え」「ピアディーナ」など、季節によって変わる7種の前菜が盛り込まれており、目にも楽しさが溢れます。メインはお肉や魚、パスタなど数種類から選択可能。お喋りが弾むドリンクバーも嬉しいもの。

靴を脱いでテーブルに着く
【魅力のイタリアン】週に3日だけ営業するイタリアンカフェ|たったひとつを叶える旅<95> 画像6

築60年の古民家レストランでは、靴を脱いでテーブルに着きます。天気の良い日は、ウッドデッキで食事をするのも素敵。敷地内には、1日1組限定のプライベートキャンプもあり、いろいろ楽しめそうですよ。

今回のたったひとつは、週に3日だけ営業するイタリアンカフェ「GLYPH(グリフ)」。私たちが旅へ向かわずにいられないのは、日常で求められない「たったひとつ」に出逢うためなのです。

注意:詳細につきましては、直接施設へお問い合わせください。

■もっと知りたくなったら
ONESTORY(ワンストーリー)
世帯数40戸の里山に人を呼び寄せるイタリアンの新鋭。[SHIMOIMAICHI HOPPING・GLYPH/栃木県根室]

GLYPH(グリフ)
住所:栃木県日光市根室105
電話: グリフ日光店 0288-25-7078
繋がらない場合は グリフ荻窪店 03-6279-9592
営業日:日曜・月曜・火曜 11:30〜L.O.14:30
公式インスタグラム:GLYPH 日光店 nikko_glyph


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。