おでかけ

最先端のジョージアを堪能!料理も雰囲気もハイセンスなレストラン2軒【トビリシ】

ロシアやトルコなどに隣接し、古くから独自の文化を育んできたコーカサスの秘境ジョージア(旧グルジア)。首都トビリシには歴史的な名所だけでなく、現代的でハイセンスなスポットも多く点在。新旧多彩な楽しみ方ができるのも魅力です。今回は地元のお洒落ピープルたちが集うレストランをピックアップ。最先端のカルチャーを感じてみませんか?
最先端のジョージアを堪能!料理も雰囲気もハイセンスなレストラン2軒【トビリシ】 画像1

トビリシきってのヒップな空間!「Lolita」
最先端のジョージアを堪能!料理も雰囲気もハイセンスなレストラン2軒【トビリシ】 画像2
トビリシの中心部、活気溢れるヴェラ地区にある「Lolita」。デザインホテル「Rooms Hotel」が運営するカフェ&レストランです。ジョージア伝統料理をモダンにアレンジしたメニューなどを用意。開放感たっぷりのテラス席もありますよ。

最先端のジョージアを堪能!料理も雰囲気もハイセンスなレストラン2軒【トビリシ】 画像3
店内はもうヒップとしか言いようがない刺激的なデザイン。そしてお客さんもおしゃれな人ばかり。年齢層が幅広いところも特徴的でした。

どちらかというと地味なファッションの人が多いジョージアにおいて、この空間はまるで違う国に来たような気分にも。最先端のジョージアを感じたい時にピッタリ。

最先端のジョージアを堪能!料理も雰囲気もハイセンスなレストラン2軒【トビリシ】 画像1
ジョージアの伝統料理の代表格、「ハチャプリ/約450円」。チーズをのせて焼くピザのようなパンです。様々な形があるハチャプリですがこちらは中央に卵黄がトッピング。とろけるチーズやもっちりしたパン生地と絶妙なハーモニーに。

最先端のジョージアを堪能!料理も雰囲気もハイセンスなレストラン2軒【トビリシ】 画像5
「ジョージア式サラダ/約380円」と「ローストチキン/約450円」。サラダはトマトやキュウリなどの野菜に数種類のハーブがプラス。シンプルながらも奥深い繊細なお味でした。皮がパリッと香ばしく焼かれたローストチキンはしっとり柔らか。爽やかなコリアンダーとも相性抜群。

Lolita
住所:7 Tamar Chovelidze St,Tbilisi
電話番号:+995 32 2020299
定休日:なし
営業時間:11時〜23時
HP:https://roomshotels.com/lolita/

ジョージア産ワインリストも充実!「Alubali」
最先端のジョージアを堪能!料理も雰囲気もハイセンスなレストラン2軒【トビリシ】 画像6
こちらもヴェラ地区にあるレストラン「Alubali」。スタイリッシュで洗練された空間に緑が配され、まるで都会のオアシスのような雰囲気。

最先端のジョージアを堪能!料理も雰囲気もハイセンスなレストラン2軒【トビリシ】 画像7
ジョージア産赤ワイン「Alapiani's Marani Shavkapito/約1,500円」。ふくよかな甘味と心地よい濃厚感。太陽をたっぷり浴びた葡萄の味わいが凝縮されています。

実はジョージアは世界最古のワイン産地として考えられており、なんとフランスやイタリアよりも古い歴史を持つのだそう。

地中に埋めた大きな壺の中で自然発酵させるクヴェヴリ製法で造られており、2013年にはユネスコ無形文化遺産にこの醸造方法が登録。近年多くの醸造家から注目を集めているのだとか。

最先端のジョージアを堪能!料理も雰囲気もハイセンスなレストラン2軒【トビリシ】 画像8
「ラムのケバブ/660円」。発祥のトルコの隣国であるジョージアでもケバブは代表的な料理の一つ。屋台で味わう豪快なケバブもいいけれど、モダンなスタイルもまた新鮮。付け合わせのサラダもハーブの香りが際立っていて大変美味でした。

最先端のジョージアを堪能!料理も雰囲気もハイセンスなレストラン2軒【トビリシ】 画像9
「ハチャプリ/520円」。伝統的なジョージア料理の一つ、ハチャプリ。こちらは生地の中にチーズを包み込んで焼き上げたもの。パンのもっちりふわふわした食感とチーズのトロッと感が至福のグラデーションに。ピザのように見えながらも実はそうではない、ありそうでなかった極上のパン!

最先端のジョージアを堪能!料理も雰囲気もハイセンスなレストラン2軒【トビリシ】 画像10
ジョージア伝統の「バドリジャーニ(520円)」。揚げたナスにくるみやニンニク、ハーブを練ったペーストをのせた料理です。程よく油が染み込んだナスと濃厚なコクのペーストが見事にマッチ。さらにコリアンダーの香りとザクロの甘味が絶妙なアクセントに。独特のハーブやスパイス使いに思わず脱帽! というべき逸品でした。

Alubali
住所:6 Giorgi Akhvlediani St,Tbilisi
電話番号:+995 555 45 95 39
定休日:なし
営業時間:12時〜0時
HP:https://www.facebook.com/alubali.artisancafe/?ref=py_c

以上、今のトビリシを象徴するレストラン2軒をご紹介しました。伝統料理をモダンにアレンジした、魅惑のメニューを楽しんでみてはいかがでしょうか?

[All photos by Nao]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。