おでかけ

気分はもう英国!旅に行けない代わりにイングリッシュ・ブレックファストを作ってみた

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。せっかく計画した旅行をキャンセルした人も多いのではないでしょうか? 旅好きにとって旅に出られないというストレスは相当なもの。こんな時は旅先で食した思い出の料理を作って、妄想旅行を楽しんでみるのはいかがでしょう。今回は、イギリスを旅した気分になれること間違いなしのイングリッシュ・ブレックファストをご紹介!
気分はもう英国!旅に行けない代わりにイングリッシュ・ブレックファストを作ってみた 画像1
(C)Nao

魅惑のイングリッシュ・ブレックファスト
気分はもう英国!旅に行けない代わりにイングリッシュ・ブレックファストを作ってみた 画像2
(C)Shutterstock.com

旅先の楽しみと言えば朝食。多くの種類の料理が並ぶブッフェはいつだってワクワクしますが、記憶に深く刻まれているのは“選択肢”がない定食スタイルの朝食ということはないでしょうか?

かれこれ50カ国を旅してきた筆者の場合、朝食で真っ先に思い出すのはまぎれもなくイギリスの「イングリッシュ・ブレックファスト」です。

英国では30軒以上のB&Bを利用しましたが、クオリティに違いはあれどどこもかしこも同じ内容のメニューなので、視覚的にも味覚的にも脳に強くインプット。朝からケーキがいくつも並ぶシチリア島の豪華ブッフェよりも鮮明に覚えているのですから不思議なものです。

気分はもう英国!旅に行けない代わりにイングリッシュ・ブレックファストを作ってみた 画像3
(C)Nao

こちらは筆者が最も感動したイングリッシュ・ブレックファスト(2002年に撮影)。ロンドン南東にあるRyeという小さな街のB&Bのものです。プレートに並ぶのは、トースト、目玉焼き、ソーセージ、ベーコン、焼きトマト、ベイクドビーンズ(トマトソースで煮込んだ白インゲン豆)、マッシュルームのソテー。

一泊約1万円とB&Bにしてはやや高めということもあり、食材一つひとつのクオリティが高く大変美味でした。

気分はもう英国!旅に行けない代わりにイングリッシュ・ブレックファストを作ってみた 画像4
(C)Nao

一方、イングランド東部のNorwichという田舎街のB&Bの朝食。一泊約4千円とリーズナブルでしたが、見た目は上記の高級B&Bのものとそれほど変わりませんでした。

筆者が食し続けてきたイングリッシュ・ブレックファストに共通する主要メンバーは「しっかり焼いた10枚切りくらいの薄いトースト」「目玉焼き」「焼きトマト」「ベイクドビーンズ」「ソーセージ」「ベーコン」であることが判明。

ということで、妄想旅行をはじめましょうか。

気分はもう英国!旅に行けない代わりにイングリッシュ・ブレックファストを作ってみた 画像5
(C)Nao

イングリッシュ・ブレックファストに使用されるソーセージはかなり太めのもの。日本で作るなら鎌倉ハムのあらびきソーセージが個人的にオススメ。また本場ではショルダーベーコンが主流ですが、手に入らない場合はできるだけ脂身が少ないものを選ぶとよいでしょう。

気分はもう英国!旅に行けない代わりにイングリッシュ・ブレックファストを作ってみた 画像6
(C)Shutterstock.com

また欠かせないのが「ベイクドビーンズ」。日本ではハインツの缶が有名ですが、甘みがやや強いのが気になるところ。意外と簡単に作れますので、よかったら以下の作り方を参考にしてくださいね!

炒めて煮込むだけ!ベイクドビーンズの作り方
気分はもう英国!旅に行けない代わりにイングリッシュ・ブレックファストを作ってみた 画像7
(C)Nao

軽く熱した鍋にみじん切りにしたニンニク(1カケ)を入れ、香りが引き立ってきたら細かく刻んだ玉ねぎ(半分)を投入。透明になるまでじっくり炒めます。

気分はもう英国!旅に行けない代わりにイングリッシュ・ブレックファストを作ってみた 画像8
(C)Nao

続いてトマト缶1本分とケチャップ大さじ5を投入。中火〜弱火で15分ほど煮込みましょう。

気分はもう英国!旅に行けない代わりにイングリッシュ・ブレックファストを作ってみた 画像9
(C)Nao

全体的にとろとろになったら、茹でた白インゲン豆を入れます。缶詰のものでもOK!

気分はもう英国!旅に行けない代わりにイングリッシュ・ブレックファストを作ってみた 画像10
(C)Nao

15分ほど煮込み、塩・胡椒で味を整えたら完成です。

朝ごはんで英国旅!
気分はもう英国!旅に行けない代わりにイングリッシュ・ブレックファストを作ってみた 画像1
(C)Nao

そして出来上がった「イングリッシュ・ブレックファスト in トーキョー」。紅茶も本国に敬意を表してトワイニングをセレクト。

イギリスでこの朝食スタイルが普及したのは産業革命の頃。労働者が朝から晩まで働き続けるエネルギーを持続させるために、ボリュームをもたせていたことが背景にあるのだそう。

いつの時代だってお皿にたくさんの食材が並ぶ姿はうれしいもの。特に朝からガッツリ食べたい派にはピッタリな朝食であること間違いなしでしょう。

旅行に出かけるのが難しくなってしまった今日この頃。こんな時は世界の朝ごはんを作って妄想旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか?

[Photos by Nao & Shutterstock.com]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。