おでかけ

タイムズスクエア至近の、日本には絶対にない雰囲気&美味しいピザ屋John’s【ニューヨーク】

ニューヨークの中心地、タイムズスクエアで美味しいピザが食べたいと思ったら、John’sがおすすめ。味も美味しいし、店内の広さや天井の高さ(&壁画)など、日本には絶対にない雰囲気の中で食事が楽しめます。
タイムズスクエア至近の、日本には絶対にない雰囲気&美味しいピザ屋John’s【ニューヨーク】 画像1

タイムズスクエアでおすすめの食処
タイムズスクエア至近の、日本には絶対にない雰囲気&美味しいピザ屋John’s【ニューヨーク】 画像3
(C)Jason Sponseller/Shutterstock.com

ニューヨークを観光で訪れる人の半分以上は、もしかしたらマンハッタンの中心地、タイムズスクエア、もしくはその近くのホテルに滞在するかもしれません。(最近は、ブルックリンやハーレムなど少し離れた地区に滞在する人も多いですが)

世界中から旅行者が集まるタイムズスクエアには、ホテル、お土産屋さん、ブロードウェイの劇場、大型のレストランなど観光客向けのさまざまなものがそろい、人や車の往来も激しいです。

逆にニューヨーク在住が長くなると、職場がない限り、ほとんど近寄ることのないエリアかもしれません。

筆者は長年、タイムズスクエアで「地元の人にも愛されるような素朴で美味しいレストラン」に滅多に出合うことができませんでした。確かに美味しい店はあるのですが、プラスアルファの美味しさとは程遠い感じで、ダウンタウンやハーレム、ブルックリンなどにある素朴な美味しさとは比較になりません。

しかし、見つけてしまいました! タイムズスクエアにありながら、素朴でとても美味しいお店。

先日日本から友人夫妻がたまたまニューヨークに遊びに来たとき、ホテルからすぐ近くにあったこのピザ屋さんになんとなく入ってびっくり。ピザとビールをいただきましたが、とても美味しかったです。

日本には絶対にない雰囲気
最近、日本のレストランも、ニューヨークやブルックリンの雰囲気に似たお店がたくさんオープンしています。しかしどうですか、こちらの雰囲気。2階もある広い店内で、大きな壁画、天井の高さ、ステンドグラスなど日本には絶対にない雰囲気ではないでしょうか?

タイムズスクエア至近の、日本には絶対にない雰囲気&美味しいピザ屋John’s【ニューヨーク】 画像4
(C)Kasumi Abe

迷ってしまうほどのメニュー数
メニューは、本日のスープ(7.25ドル)やズッキーニのフライ(12ドル)、アルギュラやほうれん草など5種類のサラダ(12ドル〜)、手羽先のバッファローウィング(9.25ドル〜)などアペタイザーも充実しています。

主役のピザも、トラディッショナル(18.75ドル〜)やパイナップル付きのハワイアン(25.25ドル)など5種類がそろっています。お好みで、チキンカツ(4.75ドル)、フレッシュガーリック(2.75ドル)、プロシュート(4.75ドル)などのトッピングを追加できます。

タイムズスクエア至近の、日本には絶対にない雰囲気&美味しいピザ屋John’s【ニューヨーク】 画像5
マルガリータピザ。写真はスモール=6ピース(23ドル)ですが、かなりの大きさです。 (C)Kasumi Abe

薄めのクラスト(生地)は、外側はパリパリした食感がgood。甘めのトマトソースとチーズの相性がさらに食欲をそそります。

このお店のすべてのピザは、アメリカの近年の食のトレンドである、ホームメイドのグルテンフリーのものを注文できます。またニューヨーカーに多いベジタリアンにも対応。またピザのほかにパスタ類も、スパゲッティ(16ドル)やプリマヴェーラ(19.50ドル)など15種類そろっています。

1997年創業し、ニュージャージーに支店もあります。ゴールデンタイムは広い店内がお客さんでいっぱい混むので、少し時間をずらして行くと良いでしょう。

タイムズスクエア至近の、日本には絶対にない雰囲気&美味しいピザ屋John’s【ニューヨーク】 画像6
(C)Kasumi Abe

John’s(ジョンズ)
住所: 260 W 44th St, New York, NY 10036, U.S.A.
電話: (212) 391-7560
営業時間は季節によって変わりやすいので、ウェブサイトで確認のこと。
HP: https://www.johnspizzerianyc.com/times-square

[All photos by Kasumi Abe]
All images and text are copyrighted.


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。