おでかけ

衣が超カリッ&フワッに!魅惑の「フィッシュ&チップス」簡単レシピ

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。家にこもる日々が続くとストレスも溜まりやすいもの。こんな時こそ美味しい料理を作って、気分転換してみるのはいかがでしょうか?今回は、家飲みが楽しくなること間違いなしの「フィッシュ&チップス」をご紹介!
イギリス国民のソウルフード
衣が超カリッ&フワッに!魅惑の「フィッシュ&チップス」簡単レシピ 画像1
(C)Shutterstock.com

産業革命の頃に誕生したと伝えられる「フィッシュ&チップス」。20世紀はじめのロンドンには1200軒ほどのフィッシュ&チップスを提供するお店が存在。庶民にとって最初の外食産業でもあったのだそう。

現在でもイギリス国民のソウルフードとして不動の地位を確立。バーやレストランはもちろん、カフェやスタンドなどあらゆる場所で食すことができます。

決め手となるのが外はカリッと、中はふんわりという食感。香ばしい衣とジューシーな身のコントラストはたまらない美味しさです。

衣が超カリッ&フワッに!魅惑の「フィッシュ&チップス」簡単レシピ 画像2
(C)Shutterstock.com

そんな魅惑の衣に欠かせないのが「ビール」。炭酸の効果で絶妙な“カリッ&フワッ”な食感に仕上がるんです。さらにほのかな苦味が奥深さをプラス。本場では黒ビールを使用することも多いのだとか。
家飲みにぴったりなフィッシュ&チップスレシピ
衣が超カリッ&フワッに!魅惑の「フィッシュ&チップス」簡単レシピ 画像3
フィッシュ&チップスには白身魚を使うのが一般的。今回はタラを使用。あらかじめ皮を剥いておきます。衣には小麦粉、片栗粉、ベーキングパウダー、塩。ビールはギネスをセレクトしました。

衣が超カリッ&フワッに!魅惑の「フィッシュ&チップス」簡単レシピ 画像4
皮を剥いたじゃがいもを縦半分に切り、さらに4等分にカット。30分〜1時間ほど水にさらします。水気を取ったら小麦粉を軽くまぶします。
フライドポテトは低温→高温の二度揚げ
衣が超カリッ&フワッに!魅惑の「フィッシュ&チップス」簡単レシピ 画像5
鍋にじゃがいもと油を入れてから火をつけます。160℃になった時点から4分ほど揚げ、一度取り出します。

衣が超カリッ&フワッに!魅惑の「フィッシュ&チップス」簡単レシピ 画像6
油を200℃に熱し、再びじゃがいもを入れて3分ほど揚げます。二度揚げすることで、カリっとした仕上がりになるんですよ。
ビールはよく冷やしましょう!
衣が超カリッ&フワッに!魅惑の「フィッシュ&チップス」簡単レシピ 画像7
ボールに小麦粉80g、片栗粉80g、ベーキングパウダー小さじ1、塩小さじ1/4を入れて合わせます。そこに冷えたビール200mlを一気に加えて軽く混ぜ合わせ、タラをサッとくぐらせます。

衣が超カリッ&フワッに!魅惑の「フィッシュ&チップス」簡単レシピ 画像8
200℃に熱した油でキツネ色になるまで揚げます。
ビールのアテに最高です
衣が超カリッ&フワッに!魅惑の「フィッシュ&チップス」簡単レシピ 画像9
フライドポテトを添えたら完成!お好みでレモンやモルトビネガー、タルタルソースと一緒にいただきましょう。

衣が超カリッ&フワッに!魅惑の「フィッシュ&チップス」簡単レシピ 画像10
衣のカリッ&フワッに続くのはタラの心地よいジューシー感。フライドポテトも外はカリッカリ、中はホックリ。ひと皿で幸せの食感がいくつも堪能できるのも、フィッシュ&チップスの特筆すべきところ。もちろんビールがどんどん進んでしまうのは言うまでもありません!

新型コロナウイルスの影響で外出しづらいこのご時世。こんな時こそ美味しい料理を作って、家飲みを楽しんでみてはいかがでしょうか?

[Photos by Nao & Shutterstock.com]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。