おでかけ

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり

松本城に抱かれた城下町に、アルプスからの湧水があふれる長野県・松本。そんな松本にある明治20年創業の「松本ホテル花月」。飴色に艶光する松本民芸に彩られたホテルは、時間がゆっくりと流れているような、レトロで洗練されたぬくもりに包まれています。
懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像1
松本民芸家具の優しいぬくもりに包まれる洗練空間
懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像2

ステンドグラスや木枠の窓、洗い出しの床・・・ロビーに足を踏み入れると、時を刻んだ飴色に輝く松本民芸家具に包まれる「松本ホテル花月」。外界と時の流れが異なっているような、ゆったりとした空間でウェルカムドリンクをいただきながらテーブルチェックイン。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像3

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像4

重厚さはあるのですが、松本民芸の木の優しいぬくもりからでしょうか、気負うことがない心地よさが素敵です。それにしても、飴色に艶光りする松本民芸の家具が美しいこと。しっとりと艶があり、どっしりとしていて存在感もたっぷり。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像5

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像6

明治20(1887)年の創業間もないころから使い続けられているものもあるのだとか。大切に使えば100年以上持つといわれる松本民芸の家具は、スタッフが毎日手入れをして、愛情を注ぎ込み、時を重ねながら大切に使われているのです。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像7

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像8

客室に行くことを忘れてしまいそうなほど、ゆっくりとした時の流れが心地よいロビーラウンジ。その一角には、130年を超えるホテルの歴史を物語る写真が。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像9

明治後期の写真だそうですが、この三角屋根のエントランス、現在も4本の円柱とともにホテルのファサードを彩っています。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像10
パリのアパルトマンみたいな日常を少し超えた心地よさ
懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像11

ホテルは本館と旧館からなっていますが、本館はオフホワイトと高い天井を基調とした現代的なコンフォータブルな装い。旧館は漆喰や木の梁などが残るレトロな雰囲気。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像12

本日の客室は、レトロロマンチックで松本民芸のぬくもりが味わえる旧館。その客室に辿り着くまでも、中2階のスキップフロアや天井の梁、複雑に上階へと伸びる階段など、随所に建物の魅力を見ることができます。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像13

5階建ての旧館は、もちろんエレベーターで客室へアクセスできますが、昭和48年竣工の迷子になりそうな(!?)建物のおもしろみを感じながら、館内探検するのもおすすめです。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像14

扉を開けば、真っ白な漆喰と木の梁に彩られたヨーロッパのアパルトマンを思わすような客室が現れます。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像15

どれひとつとして同じ造りはないのに、以前からここに住んでいるようなぬくもりと瀟洒な雰囲気が素敵。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像16

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像17

客室の椅子やテーブル、飾り棚、ベッドに至るまで民芸家具で統一されています。2016年にリブランドされたのですが、そのときのペルソナ(ターゲット)は、なんとフランス人のジャンとエマだったとのこと。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像18

そんな海外への視点を加味した客室は、日常を少しだけ超えた洗練とぬくもりが同居していて心地よいのです。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像19

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像20

ツインルームに加えてシングルールームもこの通り。天井の高さなども各客室によって異なります。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像21

真っ白いバスルームは清潔感いっぱい!ふかふかのタオルをはじめとしたアメニティーも豊富にそろっています。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像22
ホテル滞在と松本滞在を楽しませる「もてなし」という心遣い
懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像23

実際に宿泊したのはデラックスツインルーム。約34平方メートルの広さがあり、入口を入るとウェイティングスペースのようになっており、松本民芸のテーブルと椅子がお出迎え。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像24

ブラインドからの陽光を受けて白さが際立つ漆喰の廊下を進んで寝室に。全米売り上げNo.1を誇るサータ社製のベッドが配され、白と茶の色合いしかないのですが、何にでも染まりそうな限られた色が、逆に心を豊かにしてくれそう。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像25

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像26

端正な表情で客室を引き立てる、家具のぬくもり感もたまりません!

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像27

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像28

ルームキーまでが、しっとりした飴色に輝いています。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像29

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像30

金色のドアノブを回せば、バスルームが。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像31

このバスルームにひと目惚れ!シンクの木枠の鏡の向こうには猫足風のバスタブが備えられ、薬棚のようなショーケースにはタオルなどのアメニティーが並びます。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像32

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像33

シャンプーやコンディショナーは、日本製のアロマドール。ふわっと広がるダージリンティーの香りが豊かなバスタイムを演出!

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像34

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像35

客室には湯かごも。実は館内にはアルプスの湧水を使った大浴場があるんです。湯かごのほかに草履や着心地のいい民族衣装のようなルームウェア、靴下までそろっているではありませんか。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像36

この靴下、よ~く見てください!滑り止めがついていますよね。松本に来たなら国宝・松本城を訪れるのは王道。城内は板張りで階段も多く滑りやすく、それを見越したホテルのおもてなしなのです。松本城へは明日行く予定・・・こんな細やかな配慮が心憎いですよね!

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像37

客室に備えられた肉厚ふわふわのスリッパも、なかなかお目にかかれない秀逸のアメニティーです!
アルプスの湧水を使ったお風呂&松本民芸あふれる喫茶室
懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像38

大浴場は女性が本館の1階。男性が旧館の地下1階。名水百選にも選ばれたアルプスの雪解け水が湧水となった「深志の水」を使ったお風呂。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像39

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像40

全長6メートルほどの広々とした湯船には湯があふれ、温泉気分でのんびりできること間違いなし!肌触りもよくて、さらりとした湯が身体を温めてくれます。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像41

もうひとつ、ホテル滞在中にぜひ利用したいのが喫茶室「八十六温館(やとろおんかん)」。店内は、どこに座ろうか悩んでしまうほどゆったりとした時が流れ、漆喰の壁、天井に渡る梁、ステンドグラスの灯り、そして松本民芸家具のぬくもりに包まれています。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像42

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像43

店名の由来にもなった86度で丁寧に一杯ずつ淹れられる芳醇なネルドリップコーヒーのほか、ハッシュ・ド・ビーフや6代目の女将(社長)手作りのケーキやプリンなどを楽しむことができます。

懐かしいのに新しい!創業130年のホテルで味わう”松本民芸”の洗練とぬくもり 画像44
松本ホテル花月
住所:長野県松本市大手4-8-9
電話番号:0263-32-0114
料金:1泊朝食付き9000円~(旧館) 9500円~(本館)
CHECK IN/OUT:15:00/11:00
客室数:89室
アクセス:JR「松本駅」お城口より徒歩15分(無料送迎バスあり)
URL:http://matsumotohotel-kagetsu.com/
※2020年6月現在、新型コロナウイルス感染症対策のためサービス体制や料理提供方法などが通常と異なることがあります

[All Photos by (C)tawawa]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。