おでかけ

【2020年お盆期間】東京からの移動はどの地域が多かった?上位20位を発表

レイ・フロンティア株式会社は、2020年8月14日から2020年8月16日の東京からの移動に関する分析データを公開しました。Gotoトラベルキャンペーンも除外となった東京都。お盆期間における、東京都からの県またぎの移動を調査しています。今年のお盆は帰省を控えたという人も多いと思われますが、移動した人はどこに行ったのでしょうか?上位20位を発表します。
【2020年お盆期間】東京からの移動はどの地域が多かった?上位20位を発表 画像1
©KAMONRAT / Shutterstock.com

2020年お盆期間中の東京からの移動について
【2020年お盆期間】東京からの移動はどの地域が多かった?上位20位を発表 画像2
調査内容は下記の通りです。
期間:2020年8月14日(金)~2020年8月16日(日)
調査対象者:居住地が東京都と推定された人
調査元:弊社アプリSilentLogより収集したデータに匿名化処理を施したもの
来訪者の人数:最も多い人数を100とした時の相対値

東京都からの県またぎの移動先はどこ?
東京都からの県またぎの移動先、上位20位を都道府県別に出しています。
【2020年お盆期間】東京からの移動はどの地域が多かった?上位20位を発表 画像3
神奈川県、埼玉県、千葉県と、隣接した地域が上位に入っています。その他の地域では、愛知県や大阪府、北海道への移動がありました。

東京都からの移動先(上位20位)
1位 神奈川県
2位 埼玉県
3位 千葉県
4位 静岡県
5位 山梨県
6位 長野県
7位 茨城県
8位 栃木県
9位 群馬県
10位 大阪府
11位 愛知県
12位 北海道
13位 兵庫県
14位 京都府
15位 福岡県
16位 新潟県
17位 福島県
18位 沖縄県
19位 三重県
20位 宮城県

神奈川県内で来訪者が多く、滞在時間が長かったエリアはどこ?
【2020年お盆期間】東京からの移動はどの地域が多かった?上位20位を発表 画像4
【2020年お盆期間】東京からの移動はどの地域が多かった?上位20位を発表 画像5
次に、1位となった神奈川県の内訳を市区町村単位で出しました。こちらは、来訪者が多かった地域と滞在時間の長かった地域のグラフです。滞在時間は1日の平均滞在時間で、滞在時間30分以上を対象としています。

来訪者が多かった地域は、ショッピングエリアなどがある横浜市西区という結果になりました。滞在時間が300分(5時間)以上だった場所は、神奈川県の中心に位置する綾瀬市、高座群寒川町でした。

ほか、埼玉県で来訪者が多かったのはレジャーランドなどがある所沢市で、滞在時間が250分(4時間10分)以上だったのは埼玉県中部の比企郡小川町、衣料の街 羽生市、業務核都市の春日部市でした。千葉県で来訪者が多かったのは商業都市の船橋市で、滞在時間が300分(5時間)以上だったのはベッドタウンの四街道市という結果でした。

静岡県で来訪者が多かったのは富士山周辺・箱根観光への交通拠点となっている御殿場市、山梨県で来訪者が多かったのは富士登山の玄関口 南都留郡富士河口湖町、長野県で来訪者が多かったのはリゾート地の北佐久郡軽井沢町でした。

レイ・フロンティア株式会社
SilentLog(サイレントログ)公式サイト:https://silentlog.com

[PR TIMES]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。