おでかけ

日本列島ゆるゆる古墳ハント(6)大阪府羽曳野市の「応神天皇陵」と古墳食パン

「旅チャンネル」の企画で世界一周を2回経験した、古墳を愛するイラストレーター・マンガ家の水谷さるころが、これまで訪れた日本各地の古墳の魅力を紹介します。今回は、大阪府羽曳野市の「誉田御廟山古墳(応神天皇陵)」です。
日本列島ゆるゆる古墳ハント(6)大阪府羽曳野市の「応神天皇陵」と古墳食パン 画像1
日本列島ゆるゆる古墳ハント(6)大阪府羽曳野市の「応神天皇陵」と古墳食パン 画像2
日本で第2位の大きさを誇る誉田御廟山古墳(こんだごびょうやまこふん)です。日本で一番大きい大仙稜古墳(仁徳天皇陵)は百舌鳥古墳群にあり、こちらは同じく「百舌鳥・古市古墳群-古代日本の墳墓群-」として世界遺産に登録された古市古墳群にあります。墳丘長は約425m。築造時期は5世紀初頭です。

仁徳天皇陵同様、宮内庁に応神天皇陵として比定されていますが、こちらも実際の埋葬者は不明です。これくらいの大きさがあると、仁徳天皇陵のように近くに行っても古墳の形はよくわかりません。「目の前に山があるな」という印象です。
日本列島ゆるゆる古墳ハント(6)大阪府羽曳野市の「応神天皇陵」と古墳食パン 画像3
何度もパートナーと古墳に行くうちに、お互いの好みの古墳が違うことがわかってきました・・・!私は「日本で第2位だよ!」とか、古事記から古墳に入ったため、古代の天皇は「古事記に出てくるアノ方」みたいな感じで盛り上がるのですが、パートナーは「古墳はもっと小さいほうがいい」そうです!

日本で第2位とはいえ「古墳の大きさ第2位」となると、知っている人も少なくなるのか仁徳天皇陵に比べて人がほぼいませんでした。それゆえに古墳の厳かさが感じられて「聖域」感があって、私は「素敵!」と盛り上がりました。

古市古墳群周辺でGoogleMapに「古墳」と入れると結構な数の古墳が出てきます。古墳好きとしては全ての古墳を巡りたいところですが、それをやるには合宿をする必要がある・・・と思いました。しかも我が家は幼児連れ・・・。幼児の体力の限界を考え、断腸の思いで「優先順位」をつけて古墳を巡りました。

私の優先順位は「古墳グッズ」と「古墳グルメ」です。グッズは通販できることが多いのですが、グルメは通販できないものが多いので、かなり優先順位が高いです。というわけで、羽曳野市にある「aozora bakery(アオゾラベーカリー)」さんで古墳の形の食パンをゲットしました。ああ、これは本当にいつも買えるなら毎日買いたいというくらい・・・好きです。これさえあれば古墳サンドイッチとか、古墳フレンチトーストとか!!!いろいろできるじゃないですか!!
日本列島ゆるゆる古墳ハント(6)大阪府羽曳野市の「応神天皇陵」と古墳食パン 画像4
「aozora bakery」さんは軽里大塚古墳(日本武尊白鳥陵)のすぐ近くにあるのですが、私は古墳と古墳食パンを天秤にかけて食パンを取りました・・・。古事記、日本書紀のスター・・・ヤマトタケルの稜より・・・古墳パンを・・・。でも古墳は積み残して「また来るぞ!」と思うくらいでいい!と思うようにしています。
日本列島ゆるゆる古墳ハント(6)大阪府羽曳野市の「応神天皇陵」と古墳食パン 画像5
次回は古市古墳群の別の古墳を紹介します!
誉田御廟山古墳(応神天皇陵)
住所:大阪府羽曳野市誉田

[All Photos by Mizutani salucoro]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。