おでかけ

明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】

原宿駅も生まれ変わってオシャレ度がさらに上がった原宿。駅前にオープンした「ウィズ原宿」の3階へ景色を眺めようと上がったところ、イタリア旅行にきたようなお店「EATALY HARAJUKU(イータリー原宿)」がありました。明治神宮を望むテラスもあって、コロナによるストレスも解放できるイタリアンスイーツを紹介します!
明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】 画像1
国内3店舗目の「EATALY HARAJUKU」
イタリア・トリノに本店があり、世界中にイタリアの食文化の魅力を伝えているイタリアンレストラン「EATALY」。 日本では日本橋三越店、 グランスタ丸の内店に続き、原宿駅前のウィズ原宿の3階に「EATALY HARAJUKU」がオープンしました。

店内はイタリア市場のように、イタリア各地方から厳選したパスタ、ソース、オリーブオイルなどが棚いっぱいに陳列され、ワインやチョコレート、日本初の限定商品もあったりと、現地イタリアと同じクオリティが届いています。

明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】 画像2
店内奥には、イタリア各地域の代表的な料理をいただけるレストランがあり、テイクアウトもできるカフェ&カウンターもあります。

明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】 画像3
こちらでは、イタリアンエスプレッソやカプチーノなどのコーヒー系、イタリアンカクテルなどお酒類、生ハムやチーズの盛り合わせ、パニーニを気軽に味わえます。

明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】 画像4
イタリアのデザート定番ジェラートには、チョコやバニラのほか、イタリア・ピエモンテ州の名物という、カスタードベースにマルサラワインが入ったフレーバーまであります。

明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】 画像5
さらに、原宿店限定に、野菜やシーフードをサクサクに揚げたイタリアのストリートフード「フリット ミスト」と、ローマで愛されている伝統お菓子「マリトッツォ」が登場しています。
クリーム好きの目を奪う「マリトッツォ」
ブリオッシュにホイップクリームをたっぷり挟んで、大変インパクトがある伝統菓子「マリトッツォ」。

明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】 画像6
味はシンプルにホイップだけの「パンナ」(381円・税抜)(右)、マスカルポーネチーズをブレンドしたクリームにココアパウダーをふりかけた「ティラミス」(436円・税抜)(左)、

明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】 画像7
いちごを挟んだキュートな「フラーゴラ」(436円・税抜)、チョコレートクリームを挟んだ「チョコレート」(436円・税抜)の4種類。

パンナをエスプレッソやカプチーノと一緒にサクッと食べるのが現地スタイル、とのこと。本場には「パンナ」しかないようで、原宿店にはオリジナルの3つがプラスされています。

明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】 画像8
今回「チョコレート」をいただきました。ビッグサイズで、袋には「Buon appetito(召し上がれ)!」と書かれて、食べる勢いも加速します!

明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】 画像9
石臼挽きの伝統製法にこだわった「ムリーノ・マリーノ」の小麦粉を使った自家製ブリオッシュ生地は、密度があるのにふわふわ。ほのかにオレンジの良い香りが漂います。

明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】 画像10
最初のチョコレートクランチが甘いくらいで、チョコレートクリームは甘すぎず。爽やかなオレンジのおかげで、意外とパクパク進みます!

明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】 画像11
ブリオッシュの下までしっかりクリームがつまって、間違いなく大満足なスイーツです!確かにコーヒーと一緒だと最高だし、カッコイイですね!
ブラヴォー!な景色でプチイタリア旅行
カフェ&カウンターにはカウンター席が6席とテラス席があり、どこからでも明治神宮の森を望め、都会でありながら青空が近く、ピクニックをしているように開放的。

明治神宮の森を眺めながら、イタリアンスイーツを楽しめる「EATALY」【ウィズ原宿】 画像12
イタリア料理とスイーツを味わった後、マーケットでまだ見ぬ食材やイタリアの生産者さんを知って、新しい扉が開く、その流れはまさに旅そのもの。旅行を控えている中、原宿でイタリア・プチ旅行に訪れてはいかがでしょう。
EATALY HARAJUKU
住所:東京都渋谷区神宮前1-14-30ウィズ原宿3F
電話:03-6432-9080
営業時間 :11:00~23:00(L.O.22:00)
(*現在、時短営業中。詳細は店舗にお問い合わせください)
定休日:施設に準ずる
交通:「原宿駅」から徒歩約2分
HP:http://www.eataly.co.jp/
Instagram:@eataly.tokyo

[all photos by kurisencho]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。