おでかけ

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた

2020年10月2日(金)に京都・山科にオープンした「マールブランシュ ロマンの森」。マールブランシュの代表的なお菓子、お濃茶ラングドシャ「茶の菓」は地元の人はもちろん、京都土産としても人気です。今回は、実際に店舗にお邪魔してきたので、その模様を現地ルポ。
大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像1
オープン間もなくして大盛況!マールブランシュ ロマンの森
マールブランシュ ロマンの森は、京都市営地下鉄東西線「東野駅」が最寄り駅で、京阪三条駅から5つ目の駅です。駅からは徒歩10分程度で、6番出口を出てほぼ道なりに進むとお店にたどり着けます。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像2
筆者がお店に到着したのは11時になる前。10月某日木曜日、訪れたのは平日でしたが、すでに長蛇の列ができていました。なんと60分待ちとのこと!待ち時間とお客さんの行列を目の当たりにして圧倒されましたが、せっかく足を運んだので列に並ぶことにしました。
ここでしか買えない&食べられない“ロマンの森限定商品”
大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像3
そしてこの時点で、ロマンの森でしか食べられない「パティシエの焼きたてクロワッサン」(200円・税抜)のプレーンは完売とのこと。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像4
「モンブランバタークロワッサン」(350円・税抜)の整理券も配布中でしたが、筆者よりかなり前で整理券の配布が終わってしまいました・・・。残念。営業中に3回、クロワッサンが焼き上がります。混み具合にもよりますが、ロマンの森限定のクロワッサンを確実に食べたいなら、開店時間前に並ぶ必要がありそうですね。店内に入ると、ショーケースにクロワッサンが並んでいますが、これは整理券がないと購入できません。

クロワッサンは諦めましたが、ロマンの森でしか買えない、食べられないものは、ほかにもあります!筆者が食べたいと狙っていたのは、ロマンの森限定・季節限定「京都産シャインマスカットのタルト」(520円・税抜)です。
※京都産シャインマスカットのタルトは10月末で終了。11月からは別の季節限定フルーツを使ったものが登場する予定です。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像5
何を食べようか、スタッフの方にもらったパンフレットとメニューを眺めつつ、考えている間にどんどん列が進みます。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像6
約30分待ちの案内看板のところまで来ました。幸いこの日は天気も良く、スタッフの方も細やかに案内をしてくれるので、ストレスを感じることなく待つことができました。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像7
そして実際には60分待つことなく、入店することができました。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像8
店内の入口には、顔抜きのかわいいイラストが。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像9
店内入口を入って向かって左側が、焼き菓子やオリジナルグッズが販売されているエリア、中央がケーキの注文や会計などのエリア、向かって右側がカフェエリア、奥が外側からも様子の見える工房になっていました。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像10
大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像11
工房のガラスには、工房内で何をしているか、かわいいイラストとともに描かれていました。
カフェをするならテラス席もおすすめ
大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像12
入店前は店内のカフェでイートインの人も、買い物をしたい人も同じ列に並びます。店内に入ると、イートインの注文、受け取り、ケーキ・パンの注文、会計、受け取り、焼き菓子類の購入窓口がそれぞれ分かれているので、希望のところに進みます。筆者はイートインとケーキ、焼き菓子の買い物希望だったので、まずはイートインの方へ進みました。

支払いはGoToトラベルの地域共通クーポン、クレジットカード、電子マネー、交通系ICカード、PayPayも利用できます。筆者は当初の予定通り、京都産シャインマスカットのタルトを選択しました。会計後、商品の準備ができたら音が鳴って知らせてくれる番号札を渡されます。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像13
カフェは空いている席を自分で選んで座るスタイル。ちょうどテラス席に空きがあったので、テラス席でケーキをいただくことにしました。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像14
席を確保して少し経ってから、番号札の呼び出し音が鳴りました。お待ちかねのケーキと紅茶です!

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像15
緑に囲まれた空間は、「マールブランシュ ロマンの森」の名前にふさわしく、お店が車通りの多い国道沿いにあることを忘れてしまうほど。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像16
ほっとひと息ついたところで、お待ちかねのシャインマスカットのタルトをいただきます!ドリンクホルダーにはロマンくんが描かれていてかわいいですね。シャインマスカットのタルトは、程よい甘さであっという間に完食してしまいました。もう1つ違うケーキも食べられたかも・・・。(※京都産シャインマスカットのタルトは10月末で終了)
気になるスイーツがありすぎる!おうちカフェのお供にも最適
大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像17
実は、ほかにも食べたいケーキがあったので、持ち帰ることにしました。店内のテラス席でケーキをいただいた後、今度はケーキ・パンの注文の列に並びます。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像18
大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像19
自宅用に持ち帰りにしたのは、マール・ザ・チーズケーキ(400円・税抜)、モンブラン(520円・税抜)、季節限定の丹波栗のモンブラン(620円・税抜)、家族用に京都産シャインマスカットのタルト(520円・税抜)です。特に、季節限定の丹波栗のモンブランは、栗の味が濃厚でとってもおいしかったです。マール・ザ・チーズケーキは、ロマンの森限定商品なので、こちらでしか買えないケーキです(もちろんイートインも可能)。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像20
最後はお土産に焼き菓子類を購入。やっぱり、お濃茶ラングドシャ「茶の菓」ははずせないですよね。
ロマンの森限定スイーツや焼き菓子は他にも!
ロマンの森限定商品は、ほかにもあります。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像21
ロマンくんのタルト 1,200円(税抜)

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像22
きこりのバームクーヘン 1,112円(税抜)

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像23
お濃茶ラングドシャ「茶の菓」、かえでパイ、京サブレ、人気の焼き菓子の詰め合わせ。
ロマンくんアソート(12個入り)1,713円(税抜)

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像24
ロマンくんアソート(6個入り)723円(税抜)

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像25
マスキングテープ 500円(税抜)

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像26
ロマンくんのオリジナルグッズのビニール傘やエコバッグ、ポケトルなどもかわいいです。

大盛況!京都・山科「マールブランシュ ロマンの森」に行ってみた 画像27
木になっているのは・・・マールブランシュの代表的なお菓子、お濃茶ラングドシャ「茶の菓」。大きなディスプレイは店内で目立っていました。

マールブランシュ ロマンの森に入店してから、あっという間に時間が経っていました。マールブランシュ好き、スイーツ好きには楽しくてたまらない場所です。京都観光のついでに、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。駐車場もあるので、お近くの方は車でアクセスも可能ですよ。
マールブランシュ ロマンの森
住所:京都府京都市山科区大塚北溝町30
営業時間:9:00〜18:00(カフェラストオーダー17:30)
定休日:無休
カフェ席数:店内68席/テラス席18席
駐車場:一般29台/障がい者用2台/観光バス1台(※11月末頃増設予定)
アクセス:
<車の場合>
・京都東インターから国道1号線を西方面へ 3分
<電車の場合>
・JR山科駅から京阪バス乗換「国道大塚」下車 徒歩約4分
・京都市営地下鉄東西線「東野」下車 徒歩約10分
HP:http://www.malebranche.co.jp/

[All photos by Chika]


tabizine_logo

TABIZINE
TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。
旅の情報や世界中の小ネタを通して、旅に行きたくてたまらなくなる情報や、
日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。